不登校・引きこもり・ニート・非行からの脱却
自立と就労を支援する共同生活型民間自立支援施設
 家族や身内だけで悩まず、ご相談ください。
TEL 023-679-4005
電話応対時間 8:00~20:00(厳守願います)
 
不登校 • 非行 • ニート引きこもりからの脱却 自立と就労を支援する宿泊型民間自立支援施設
 

トップページ理事長ブログ活動記録写真自立までのプロセスアクセス問い合わせ
トップページ理事長ブログ活動記録写真自立までのプロセスアクセス問い合わせ
 
組織概要
COUNTER141252
連絡先
不登校・引きこもり・ニート・非行からの自立と就労支援団体・フリースクール不登校・引きこもり・ニート・非行からの自立と就労支援団体・フリースクール
特定非営利活動法人
東北青少年自立援助センター

蔵王いこいの里
TEL 023-679-4005
FAX 023-673-2610
 

理事長ブログ


2018/04/14

41歳の医師誕生

| by 管理人

大変ご無沙汰しております。ホントに筆不精で申し訳ありません。

ドタバタの2月、3月を無事乗りきり、いこいの里もようやく多少の落ち着を取り戻してきました。新入寮生もチラホラ、仕事探しに動き始めた寮生も数名おり、新年度らしい雰囲気に包まれているいこいの里、取り急ぎ今日は、昨日FacebookにUPした記事をほぼそのまま転載します。





スキー実習もひと段落し、主たる活動内容は既に農作業へと移行している蔵王いこいの里。まだまだ三寒四温の季節がら、思うように作業は進みませんが、ボチボチと出来る事から始めています。



ほうれん草、小松菜など葉物野菜の播種作業

























そう言えば報告のタイミングを逸していましたが、いこいの里卒寮生の一人が、先月、医師になりました。医学部卒業、そして国家試験に無事合格したと嬉しい連絡がありました。


41歳の新米医師、その彼もちょうど10年前はまさにこうして里で農作業に勤しみ、心身の回復、自分を見つめ直す時間を過ごしていた事を思い出しました。


初めの1年超は、精神科に通院、薬も相当服用していて、正直な話私生活も『廃人寸前』の全くのデタラメ人間、メチャクチャな状態でしたけどね。恐らく自宅での10年超の期間も同様かそれ以上の凄まじい荒れっぷりだったのでしょう。しかし里で生活するうちに徐々に人間らしさを取り戻し、気力も体力も充実し、将来の事を真剣に考え始め、父親が医師である事もあり、また遊び半分で実施した高校入試の模試で驚くような点数を取った事で自分の可能性に目覚め、本気でその道を目指す事を決意したらしいです。

里での作業、当番、全ての日課を完璧にきっちりこなしながら、秘かに自ら夜な夜な勉学に励み、寝る間も惜しんだ数ヶ月間の後、満を持して『自分はやっぱり医師を目指したい。勉強もコレだけやって来ました。偏差値もココまで上げられました。だから里を出て本格的に塾などで勉強に取り組みたい。そして親にもあと1~2年の経済的サポートをお願いしたい。』こんな形で自分の希望を訴えてきたわけです。

ココまで用意周到、完璧な計画の元に訴えられたら、我々も親ももう何も言う事はない訳ですよ。まさに完璧でした。

その後、とてもここでは語り尽くせぬ苦労と努力を重ねつづけた事は言うまでもありませんが、高校中退から10年以上の引きこもり生活の結果(それ以上具体的に何をしでかしてきたかはノーコメントで)、本人も家族も人生の崩壊寸前だった崖っぷちから、里での2年間を経てよくぞここまで這い上がってくれたものと、至極の感激と共に、弛まぬ努力を継続してきた彼を純粋に尊敬します。同時に彼のご両親も本当に彼をよくぞサポートし続けてくれました。決して見捨てず、かといって本人の言うなりになるでもなく(里に来る前は???ですが)、根気強く彼を信じて支え続けました。


望めば、努力すれば誰でも希望や夢が叶うほど世の中は甘いものではありません。彼が医師になれたのも、生来持っている能力が高かったからという事は間違いありません。しかしいくら知能、能力が高くとも大成しない人間はゴマンといます。能力の有無、知能の高低に関わらず、少なくともこうして良い結果が出る当事者とその家族には、偶然や幸運ではない、やはり物事が好転するだけの『必然』が必ずあります。


親子共に素直である事(他人の意見を聞く耳があるか)
自分に不都合な状態の原因を決して責任転嫁しない
同時に他人(親も)を攻撃し自己正当化しない
礼儀や挨拶、常識等幼少期からの基本的な躾は行き届いている
自分の権利ばかりを主張せず義務をしっかり果たす
自分の能力や適性を客観的かつ正当に見極められる
出来ない理由を決して他人や環境に求めない
目標を決めたら何が何でもやり抜く強い意志がある


まだまだいくつも挙げられますが、少なくとも親子共に、里に来て我々からのこうしたアドバイスに耳を傾け変わっていける、変わろうと努力できる家族は軒並み好結果に繋がっている事は間違いありません。


逆にまともな躾けも行き届いておらず、更にいつまでも責任転嫁、自己正当化、自己主張と要求ばかり、分不相応な妄想で時間を浪費、厳しい現実からは逃避してばかり、自分の価値観と考えに固執し他人の提案を受け付けない・・・、こんな状態を続け、親もそれを容認、或いは無関心でいるような家族は中々先が見えてきません。


長くなり申し訳ありません。かれこれ卒寮生は800名を超えますが、さすがに医師の誕生は初めてでしたので、今回はミッチリ書かせて頂きました。


念の為申し添えますが、別に医師になる事だけが素晴らしいのではありませんから。仕事は何であれ、親の脛をかじらず、周囲の人や社会に迷惑かける事なく、自分の力で世の中を生き抜いて行ければそれで良いのです。



最後に10年前の懐かしい風景、今も昔も、やっている事は基本的に変わりありません。

それで一部を除き確実に結果は出ますので。今は皆立派に独り立ちしています。


責任転嫁

自己正当化

他人攻撃

他者依存

唯我独尊


これらを改めるだけ(それが難しい訳ですが・・・)で、人は劇的に変わりますよ。


09:18 | 不登校・引きこもりの自立支援