表示すべき新着情報はありません。
ログインしていないため表示できません
不登校・引きこもり・ニート・非行からの脱却
自立と就労を支援する共同生活型民間自立支援施設
 家族や身内だけで悩まず、ご相談ください。
TEL 023-679-4005
電話応対時間 8:00~20:00(厳守願います)
 
不登校 • 非行 • ニート引きこもりからの脱却 自立と就労を支援する宿泊型民間自立支援施設
 

トップページ理事長ブログ活動記録写真自立までのプロセスアクセス問い合わせ
トップページ理事長ブログ活動記録写真自立までのプロセスアクセス問い合わせ
 
組織概要
COUNTER210894
連絡先
不登校・引きこもり・ニート・非行からの自立と就労支援団体・フリースクール不登校・引きこもり・ニート・非行からの自立と就労支援団体・フリースクール
特定非営利活動法人
東北青少年自立援助センター

蔵王いこいの里
TEL 023-679-4005
FAX 023-673-2610
 

コラム

2019/11/15
蔵王いこいの里は、不登校、引きこもり、 ニート、非行など社会的な自立につま ずいた子どもたちを支援する施設です。 共同生活を送りながら、農作業や各種 アルバイト、ボランティア活動など、 仲間や地域の方々と触れ合う様々な作 業を通じた心身の自己改善によって、 社会性や忍耐力、体力などの生きる 力を身に付け、自立を目指しています。
2019/11/7
社会性の欠如は不登校、引きこもり、 ニート、非行などに繋がります。社 会性は日々の生活の中で他人との摩 擦やトラブルを経験し、それらを乗 り越えることによって構築されてい きます。不登校、引きこもり、ニー ト、非行などか脱却し自立をするた めには、他者との共同で行う活動が 不可欠なのです。蔵王いこいの里は 共同生活を通じてそうした社会性を 身に付け就労、就学につなげるため の支援を目的として活動しています。
2019/10/31
不登校、引きこもり、ニートといった 問題は、その多くが人間関係に関わる ストレス耐性のなさに起因しています。 そうした力は一朝一夕に得られるもの ではありません。実体験の積み重ねに より、ストレス耐性を身に付け円滑な 人間関係を構築出来る様に訓練するし かないのです。蔵王いこいの里は共同 生活を通じて多くの実体験を積み重ね、 生きる力を身に付ける自立支援施設で す。
2019/10/24
長年の習慣が簡単に修正できないよう に、長い間社会と接点を持たない状況 からの自立は容易ではありません。 自立するためには引きこもっていた時 間と同等の期間を要する事もありま す。不登校・引きこもり・ニート・ 非行は本人だけでなく、家族全体の 問題です。わたしたちは共同生活の 中でそうした問題からの脱却の支援 をしています。
2019/10/17
不登校や引きこもりの期間が年単位 となると、カウンセリングや通院などで は問題解決が難しいケースが多くなりま す。集団生活から遠ざかっていた分、自 らの身体を動かす実体験としての経験を 積み重ね、出来る事、知ってる事を増や し、自己肯定感を高めることによって自 分に自信がつき、着実に自立に向かう事 が可能になります。蔵王いこいの里は 不登校・引きこもり・ニート・非行など の青少年を対象に、共同生活による自立 を支援している施設です。
2019/10/11
蔵王いこいの里は、不登校、引きこも り、ニート、非行などの青少年に対する 共同生活型自立支援施設として、30年に 渡り支援を継続しているNPO法人です。 寮生ひとりひとりと全スタッフが日々 真剣に向き合い、課題克服のために尽 力していきます。
2019/10/2
不登校、引きこもり、ニートなどは、 早期発見・早期対応が大切です。社会と の接点を持たない期間が長くなればなる ほど、自立までに必要となる時間が長く なります。より短期で進学・就労を目指 すためにも、そうした状態にお困りの際 は出来る限り早い段階で蔵王いこいの里 にご相談ください。
2019/9/25
蔵王いこいの里では、不登校、引きこ もり、ニート、非行など社会生活を円滑 に営む上での困難さを持ったこどもや若 者に対しての支援を30年以上に渡って継 続しているNPO法人です。寮生活を通じて 社会の一員として生きる力を身に付ける ことが蔵王いこいの里での目標です。
2019/9/18
不登校や引きこもり、ニートなどは一 旦その状態に陥ってしまうと、家族も どう対応すべきかわからず、長期化し てしまうケースが非常に多くありま す。蔵王いこいの里はそうした人達へ の支援を30年以上継続しているNPO法人 です。入寮し家族と離れて生活する事に より、社会に復帰し自立した生活を送る ための自信を再構築していきます。
2019/9/11
不登校や引きこもり、ニートなどの状 況はだれにでも起こりうることです。 一度学校や社会などの周辺との環境 が断ち切られてしまうと、そこから 自身の力だけで自立していくのは困 難なことです。蔵王いこいの里はそ うした人達への支援を行っています。
2019/9/4
蔵王いこいの里は不登校や引きこもり、 ニートなどからの自立を支援してい ます。集団生活を通じて、そうした問 題を解決していくことを目的とした NPO法人です。様々な活動を通じてひと りひとりの自立を促していきます。
2019/2/14
コラムを更新します。
 

理事長ブログ


2019/10/28

保護者会アンケート その1

| by 管理人
既に1か月前の事になりますが・・・、
別項でもお伝えしました通り、今年の秋の保護者会が9月27日~29日まで開催されました。

2008年にいこいの里をNPO法人化し、実質的に私が運営を引き継いで12年弱が経過しましたが、その時以降の保護者会に在籍全寮生の保護者の方が出席してくださったのは初めての事でした。過去33年を顧みても初めての事かも知れませんね。まぁ少人数だから出来る事なのかも知れませんけど・・・。
計13組、プラス直前に卒寮したばかりの元寮生親子も「自分で田植えした田は最後も責任もって自分で稲刈りをしたい」という志願の参加で総計14組。

近くは山形県内、多い所では宮城や新潟などの隣県、遠い所では一都三県はもちろん、関西や北海道、沖縄からも駆けつけてくださっています。

決して安くない交通費と時間をかけて毎回ご来山くださる方には本当に心苦しく思う所ですが、それもこれも我が子の成長と将来のためと奮起してくださっているのだろうと、その必死な思いと行動力に心から敬意を表します。

で、いこいの里の保護者会では、毎回参加くださった方にアンケートをご記入いただいております。
いこいの里に我が子を託している保護者の皆さんが、いこいの里に対して、或いは我が子の成長変化に対しどのような感想、思いを抱いているのか、ありのままをお伝えしたいと思います。

設問が4つありますので、4回に分けて記載します。




 保護者会に参加してみて率直な感想をお聞かせください。

○保護者会に来て、初めて話せた人や、いろいろ話せた事が良かったです。


○初めて手で稲刈りをし、貴重な体験をさせていただきました。自分の体力の衰えも感じましたが


○保護者会4回目の出席をし、会を重ねるたびにTの変わりようにはびっくりです。理事長様はじめスタッフのおかげと深く感謝を申し上げます。私としては保護者会出席が楽しみになっています。今後とも宜しくお願い申し上げます。


○前回同様です。毎回来るたびに思うのは、寮生の顔ぶれが変わったりしてお子様と親御さんの顔が一致しません。お子様の自己紹介も聞きたいなと思います。


○話した事がない人とも交流出来てよかった。自分から仕事の話など積極的にしてくれるようになって良かったと思う。感情のコントロールを(以前に比べて)自分なりに出来るようになってきていると感じました。


○今回初めて蔵王いこいの里の保護者会に参加させていただきましたが、色々な保護者の方々、スタッフの方々と交流することが出来て本当に良かったです。皆様に見守られ支えられながら、自然あふれる環境の中で、自分でできることも徐々に増えてきているようで安心いたしました。


○今回も保護者の方と話をすることが出来て良かったです。


○個人面談でSの現状、今後の方針を話し合っていただき、大変心強く感じました。保護者会の初参加、稲刈りも初体験で不安もありましたが、丁寧に説明してくださり、皆様と協力し合い楽しい稲刈りでした。自分の世界に入り込み、作業はまだまだのSでしたが一緒に活動できた事を嬉しく思いました。


○稲刈り作業は、親子ともども初めての経験でしたので、貴重な体験でした。その後の他の親御さんとのコミュニケーションも取れやすくなり良かったと思います。


○稲刈りは、スタッフの山口さん・金原さんの指導の下、保護者と寮生が連携して、くいがけされた稲を見て、充実感を覚えました。


○子どもの様子を見ることができて良かったです。また、他のご家族との交流もでき、色々な話もでき悩みや相談なども参考になる事もあり、参加して良かったと思います。


○今回も稲刈りの体験をさせていただき、改めてお米の大切さを実感しました。


○つかれました。Mといると張り切ってしまうのがクセで。でも楽しかったです。夕食もとても美味しかったです。


○今回稲刈りに参加できて良かった。tは、「お母さんは稲刈り参加しないんだと思っていた」と言われて、そう思わせていたのかと反省した。


○1年半前とは全くの別人の様でびっくりしました。しっかりと人生を学びなおしているのかなとホッとした部分と、ここまで根気強く関わってくれた理事長はじめ施設の方々に感謝しています。


○毎回参加するのが楽しみです。

  

 

以上です。。。

文字だけだと些か寂しいので、画像も少々。
保護者会2日目の夕食時です。


ラグビーW杯で日本がアイルランドに歴史的勝利を挙げた日でした絵文字:笑顔



和やかに会話の弾む家族、
ようやくほぐれて少しずつお互いの笑顔がこぼれる家族、
まだほとんど親子の会話のない家族・・・、
本当に千差万別です。


100%全ての家族が、親子共に打ち解けて昔の様に話が出来る様になる・・・
とは言い切れませんけどね、でもほとんどの家族は親子関係が劇的に変わりますよ。

なぜって・・・、
入寮し寮生として生活すると、当たり前の事を当たり前に実行する、行動する機会が圧倒的に増えるからです。
不毛な時間の使い方が一切なくなるからです。
やるべき事をやる様になると、出来る事や知っている事がが増え自信もついてきます。
親への責任転嫁が如何に人として恥ずかしい言動か、他人を見てると自分の姿も少し見えてくるからです。
同時に今まで知る事のなかった両親の苦労や思いをほんの一部ですけど理解出来る様になるからです。

現実的視点を元に前(将来)を向いている寮生の変化は本当に早いですよ。




19:41 | 不登校・引きこもりの自立支援