表示すべき新着情報はありません。
ログインしていないため表示できません
不登校・引きこもり・ニート・非行からの脱却
自立と就労を支援する共同生活型民間自立支援施設
 家族や身内だけで悩まず、ご相談ください。
TEL 023-679-4005
電話応対時間 8:00~20:00(厳守願います)
 
不登校 • 非行 • ニート引きこもりからの脱却 自立と就労を支援する宿泊型民間自立支援施設
 

トップページ理事長ブログ活動記録写真自立までのプロセスアクセス問い合わせ
トップページ理事長ブログ活動記録写真自立までのプロセスアクセス問い合わせ
 
組織概要
COUNTER538980
連絡先
不登校・引きこもり・ニート・非行からの自立と就労支援団体・フリースクール不登校・引きこもり・ニート・非行からの自立と就労支援団体・フリースクール
特定非営利活動法人
東北青少年自立援助センター

蔵王いこいの里
TEL 023-679-4005
FAX 023-673-2610
 

コラム

2022/4/22
不登校やニート、引きこもりに非行、これらの問題から立ち直り、社会復帰を目指すためには何が必要でしょうか。もちろん、甘やかしはご法度ですが、だからと言っていたずらに厳しく、締め付けるような指導を行うだけでは、真に正しい改善を目指せるとは言えません。例えるならば、母親のように寄り添う優しさと、父親のような毅然とした強さ、それらを双方合わせた、真の愛情を伝えられるような指導をしてこそ、真の目的を叶えることができると言えるでしょう。
2022/4/15
蔵王いこいの里に入寮して、どのような活動をして自立へ向かっていくのか。それは一言では言い表すことができません。何故ならそれは入寮者の置かれていたこれまでの環境や、現在の状況によって大きく開きが出るからです。それぞれの状況をしっかりと見極め、社会復帰への筋道を立て、強い思いを持ってサポートをする。それが蔵王いこいの里です。
2022/4/8
引きこもっている期間が短ければ短いほど、社会復帰への道は開かれやすくなります。少しでも長期間になりそうな兆しが見られたら、早めに相談するのがベストと言えるでしょう。蔵王いこいの里では、引きこもりからの社会復帰を誠心誠意サポートします。もし既に長期間の引きこもり状態になってしまっている際も、社会復帰を目指しているのであれば、遠慮なくご相談ください。
2022/4/1
引きこもりやニート、非行問題を抱えたお子さんをお持ちの親御さんの中には、「子供の問題を他所に相談するのは恥ずかしい」とお思いの方も少なくありません。しかし、そういった問題を誰かに相談するということは決して恥ずべきことでも情けないことでもありません。蔵王いこいの里では、それらの問題を抱えている親御さん、そしてお子さん本人の「現状を変えたい」という思いをしっかりと受け止め、全力でサポート致します。
2022/3/25
不登校やニート、引きこもりは、当事者であるその方の年齢によって戻るべきゴールが異なります。例えば、学生の時分であれば学校への復学や進学、社会人であれば就労など、様々です。蔵王いこいの里は、それぞれの入寮者が目指すべきゴールに向けて、集団生活の中で指導・鍛錬を行いながら、それぞれの特性を見極め、確かなアシストを行います。
2022/3/18
蔵王いこいの里での支援活動は、寮生と本気で向き合うことを第一としております。不登校や引きこもり、ニート、非行といった諸問題から立ち直り、社会復帰を図るのは並大抵のことではありません。一人一人の寮生としっかり向き合い、共に過ごすことで、一歩ずつ、着実に変化を起こしていけるように取り組んでいきます。通常の入寮のほか、短期体験コースのご案内もございますので、まずは場の空気感を知ってみたい、という際はそちらのご利用もご検討ください。
2022/3/11
引きこもりや不登校からのニート化や、非行に走る青少年に対して「まずは見守ってみては」という考え方があります。確かに長い目で見てあげるということも大切なことではありますが、結果としてそれは放置・放任となり、解決を先延ばしにしてしまうことにも繋がります。少しでも変わろうと思い立ったその時がきたら、思い切って立ち上がってみるべきではないでしょうか。蔵王いこいの里では、変化を求めて立ち上がろうとする人の手をしっかりと取り、サポートを惜しみません。
2022/3/2
蔵王いこいの里は、異なる境遇で生まれ育った様々な人間同士が共同生活を営みながら、社会復帰を目指して活動していく場所です。今までは自分の思うままに過ごしてきたという方も、共同生活を送るに当たってしっかりとした自己管理の習慣づけを行い、規則正しい生活サイクルを習得できるようにしっかりと指導を行います。無論、甘やかすようなことは致しませんが、それぞれの人が持つパーソナリティをしっかりと見極め、きめ細やかな対応を行ってまいります。
2022/2/25
蔵王いこいの里では、入寮される前の見学・相談をいつでも承っております。事前にご連絡の上、親御さんと入寮を希望されるご本人とでお越しください。見学をされる前に当センターのことをよりしっかりとご理解いただくための資料の送付も行っておりますので、ご希望の際はご覧のホームページの資料請求のページをご確認ください。
2022/2/18
蔵王いこいの里で支援を行っているのは、現在進行形で不登校や引きこもり状態になっている方々だけではありません。例えば、他の支援施設にて支援を受けていたけれど、思ったような成果が得られなかったというケースや、規模の大きい施設にありがちな、サポートを怠り放置されてしまったような状態の方々の支援も行っております。少しでも変わりたくて、あるいは変わってほしくて支援施設を頼ったけれど、先へ進もうとすること自体ができない状態であれば、一度ご相談ください。
2022/2/9
蔵王いこいの里の自立支援の基本となるのが、共同生活です。社会で生活していくということは、人との関わりを持って生きることにあります。引きこもりやニートのように人と関わらず内にこもったり、あるいは非行に走り人を遠ざけるような状況は、その真逆にあります。生まれ育った境遇は違えど、同じ場所で暮らしを共にすることで、現実を見据え、これから解決していくべき課題が見えてくるようになります。楽しいことも、辛いことも共に過ごし、分かち合うことが大切なのです。
2022/2/3
人間が真に成長し、変わるためには何が必要でしょうか。引きこもりやニート、非行からの脱却のため、様々なイベントや講演会に参加したり、毎週のカウンセリングを受けたりするのは大切なことです。しかし、それだけで劇的、かつ確かな変化を生み出すことは難しいでしょう。毎日の生活をしっかりと見直しながら、根気強く取り組む、付け焼き刃ではない対策が不可欠です。NPO法人・蔵王いこいの里が提案する共同生活から、本当の変化を感じていただけるはずです。
2022/1/28
不登校、引きこもり、非行……社会生活から離れてしまった人にはそれぞれの理由があり、生い立ちや環境なども異なります。状況こそ異なれど、目指すゴールは『自立』です。段階を踏んで、一歩ずつ、しかし確実に自立に向けて歩んでいけるよう、蔵王いこいの里では心血を注いで入寮者の皆さんと向き合っております。
2022/1/21
今、自身が置かれている状況に変革を起こすための一番の近道は、自分自身が動き、変わることです。NPO法人・蔵王いこいの里の自立支援は、本気で変わりたい、変わろうとするために動き出そうとしている若者たちと全身全霊で向き合い、共同生活を通じて、生きるための力を習得するためのサポートを行います。
2022/1/14
不登校や引きこもり・ニート・非行からの脱却は、付け焼き刃的な解決ではなく、根本的に解決を目指す必要があります。蔵王いこいの郷では、自分自身で変わりたい、と少しでも思っている方、変わってほしいと願っている親御さん、どちらからのご相談にも対応しております。豊富な視線実績に基づいた、実践型の支援を全力で行っております。
2021/12/24
引きこもりとは家族以外との方との人間関係がなく、社会に参加していない状態を指します。引きこもりを脱出するひとつのゴールは就学であり就労です。そうしたゴールに向かうためには社会は自分にとって適合できる場所であり、安全な場所であると体感しなければなりません。蔵王いこいの里では共同生活を通じて社会的能力を身に付け、社会に参加できる能力と自信を身に付ける支援をしています。
2021/12/17
蔵王いこいの里は、引きこもりからの自立を支援している施設です。ご家族に引きこもりの方がいたとしてもどうしていいのかわからないという方は多くいらっしゃるでしょう。蔵王いこいの里では共同生活を通じて、自立するために必要な体力・対人能力・生活習慣を身に付けていきます。住み込みで生活させるのが不安という方は是非一度その活動内容を見学にいらしてください。
2021/12/10
蔵王いこいの里は、引きこもりからの自立を支援している施設です。ご家族に引きこもりの方がいたとしてもどうしていいのかわからないという方は多くいらっしゃるでしょう。蔵王いこいの里では共同生活を通じて、自立するために必要な体力・対人能力・生活習慣を身に付けていきます。住み込みで生活させるのが不安という方は是非一度その活動内容を見学にいらしてください。
2021/12/3
引きこもりとは家族以外の人と全く交流がない状態を指します。ひきこもりの状態の問題点は本人のみで社会生活を営むのが難しいということです。蔵王いこいの里では共同生活を通じて、他社とのかかわり方を学び、一人で社会に適応できる力を身に付けるための活動を行っています。活動内容については当サイト内でもご紹介しておりますので是非ご覧ください。
2021/11/26
引きこもりという状況を解消するためには、引きこもっている本人が毎日通うことができる場所があるだけでなく本人にそこに苦なく通えるだけの能力が必要なのです。社会で生活するためには単純な仕事や学業の技術だけでなく他人と問題なくかかわりあっていく能力も必要です。蔵王いこいの里では共同生活を通じて他人とともに時間を過ごす能力を身に付けていきます。
2021/11/17
引きこもりになる原因の大きなものとして人間関係があります。多くの方は怠けているわけではなく、コミュニティで対人関係に支障をきたした場合などに引きこもりとなってしまっているのです。その状態から脱するためには人間関係を上手に構築できるスキルや自信を身に付ける必要があります。蔵王いこいの里では共同生活を通じて社会で生きる力を身に付けるための支援をしています。
2021/11/10
引きこもりの問題というのは長期化すればするほど対応が難しいものとなっていきます。それは対人によって発生するストレスにさらされないことによって少しずつ対人の能力が低下していくからです。蔵王いこいの里は共同生活を通じて社会に通用する「生きる力」を身に付けていくための施設です。ご家族の引きこもりにお困りでしたら一度ご連絡ください。
2021/11/3
蔵王いこいの里は引きこもりの方の自立を支援するための施設です。座学やカウンセリングだけではなく、生活や体験を通じて自身で物事を行う能力を身に付ける活動を行っています。当施設での活動内容は当サイト内でも掲載していますのでぜひご覧ください。
2021/10/29
ひきこもりへの対応というのは一概にこうすればいいというものはありません。またご家族の方のみで対応を行なおうと思っても、専門家ではないため対応が難しいという現状もあります。蔵王いこいの里は30年以上ひきこもりの方たちと向き合ってきました。共同生活を通じて他人と接する力、自分で考える力を身に付け、本当の「生きる力」を身に付けるための活動を行っています。
2021/10/22
今の日本では家から出なくても生活することができる環境があります。しかし、通常の社会生活を営むためには家から出ないままでは難しいというのも事実でしょう。子どもが引きこもってしまって困っている。フリースクールやカウンセリングなどに通わせているが改善する兆しがない。そんなときには蔵王いこいの里にご相談ください。当施設はNPO法人として30年以上にわたって引きこもりの子どもたちと接してきた実績があります。
2021/10/15
引きこもりの状況は、その期間が長ければ長いほど社会復帰するまでの時間も長くなります。それは引きこもることによって、他者との関りが少なくなるため他人に対する耐性が下がってしまうからです。蔵王いこいの里は、共同生活を通じて自立の支援を行っていく施設です。他人と関わることによって、その関わり方を身に付けていきます。
2021/10/8
NPO法人東北青少年自立援助センターは35年もの間若者の自立支援を継続的に行っている団体です。当施設蔵王いこいの里では共同生活を通じて多くの若者を自立支援を行ってきました。自立をするためには理論だけでなく実体験を通じて本人が社会生活を営むのに十分な自信やスキルを積み重ねる必要があります。当サイト内でも実際の活動の内容を紹介しておりますので是非ご覧ください。
2021/10/1
引きこもりは周りの人に相談することも難しく、また家族内だけで解決するのも難しい問題です。フリースクールやカウンセリングなどを利用しているものの一向に状況が良くならず解決に向かっている気がしないという方もいらっしゃるでしょう。蔵王いこいの里は共同生活を通じて引きこもりの方を支援する施設です。見学等も行っておりますのでお悩みの際は是非ご連絡ください。
2021/9/24
引きこもりの問題は時間が解決してくれるということはありません。むしろ時間が経過して社会との繋がりが希薄になればなるほど問題の解決は難しくなっていきます。解決するためには本人に自信と社会生活を営むための技術を身に付けてもらう必要があるのです。蔵王いこいの里は共同生活を通じて自立支援を行っている施設です。他人と繋がることでコミュニケーションスキルを取り戻し、社会に復帰する支援をしています。
2021/9/17
蔵王いこいの里では共同生活を通じて引きこもりやニートなどの自立支援を行っています。フリースクールやカウンセリングなどではいまいち効果があがらなかった、という場合にはご相談ください。また入寮するまえに実際の環境などをご見学いただくこともできます。東北地方だけでなく全国からご利用いただいております。
2021/9/10
蔵王いこいの里では、共同生活を通じて自立支援を行う活動をしています。現在では新型コロナウィルス感染症の影響で経済的に難しい状況にあるご家庭に対して、一定条件を満たせば自立支援プログラムを受けることが可能になる助成事業を実施しています。詳細はお電話でお問い合わせください。
2021/9/3
ひきこもりからの脱出のひとつのゴールは復学や就労です。そうしたゴールに向かうためには外的に認められたいという欲求を引き出すことが必要です。しかし長期にわたって社会との関りをなくしてしまうと自信や対人コミュニケーション能力が低下しそうした意欲がなくなってしまう傾向にあります。蔵王いこいの里では共同生活を通じてそうした「生きる力」を取り戻せるよう引きこもりの方の支援活動を行っています。
2021/8/27
蔵王いこいの里は引きこもりやニートなどからの自立支援を行っております。引きこもりやニートの状態は付け焼刃で解決することは難しく、家族や身内だけで解決するのは非常に難しいことです。蔵王いこいの里は共同生活による自立支援施設です。35年にわたって多くの全国の若者と関わってきました。まずはお電話でご連絡ください。そして実際の支援の現場をご自身の目でご確認ください。
2021/8/20
引きこもりからの自立には座学だけでなく実体験が必要です。多くの引きこもりの方は現状に満足しているわけではなく、その状況を脱却したいと考えているものの動けないという状態なのです。その状態から自立をするためには習慣や体力、自信や経験などが必要です。蔵王いこいの里では共同生活を通じて習慣と体力を、周辺の施設でのアルバイト体験を通じて自信や経験を身に付け、自立をする支援を行っています。
2021/8/6
蔵王いこいの里ではひきこもり状態の方の自立支援を行っています。ひきこもり状態からの脱却のためには自立するための力、体力や対人コミュニケーション能力、自己管理能力などが必要です。蔵王いこいの里では共同生活や周囲の施設でのアルバイト活動を通じてそうした能力を育てていきます。

 

理事長ブログ


2020/05/25

30代の再スタート

| by 管理人
ちょうど3週間前、5月4日の事。
2年前の6月から1年10ヶ月少々在籍していた36歳の青年が卒寮し、在寮生による見送りと新居アパートへ引っ越す様子です。



連休中なので通常であれば何かと忙しい時期ですが、何しろ今年はこんな状況故に宿泊施設としては営業自粛状態。従って朝早くから何の気兼ねも無く見送りしました。





遠く南国の地からやって来たこの青年、都内の大学在籍中に挫折し、帰郷してからもほぼ引きこもり状態が続き、何だかんだと10年以上が経過してしまったそうです。
その間ご両親も色々と手を尽くし里の様な共同生活型の自立支援施設に相談へ行った事もあったようですが、なかなか本人を連れていく事が出来ずに時間ばかりが経過してしまいました。





彼が34歳の初夏、少々騙されるような形で親子3人で蔵王へやって来ました。
旅行のつもりが自立支援施設へ連れて来られたという・・・、まぁあまり推奨はしませんが現実にはよくある手段です。そうでもしないとその状況を打開する事が出来ないんですね~。真に我が子を大事に思う親であれば、時に心を鬼にし嘘を使ってでも覚悟を決めて行動するという良い例です。欲を言えばもっと早くこうした行動が出来れば尚良かったですが、彼のご両親もただ黙って指をくわえ時間を浪費していた訳でなく、色々もがき苦しんだ10年以上だった訳で、だからこそ騙してでも連れてくる事が出来るだけの親子の人間関係があった訳ですね。過去を悔いても全く意味はありません。大切なのは、同じ失敗を繰り返さない為に、今、この瞬間から何が出来るか・・・だけです。





10年以上の間、ご多分に漏れず家族以外との接点が殆んどなかったという典型的な引きこもり状態だっただけに、他者とのコミュニケーションがなかなかうまく取れない、言葉がスムーズに出てこない、相手の言葉の理解や状況把握が困難で時間がかかるなど、入寮当初は本人も相当苦労していたようですが、元々温和で攻撃性を全く持たない性格な事もあり、寮内での人間関係は大きな問題やトラブルは皆無でしたね~。




一人分にしてはスゴイ荷物の量・・・、モノ溜め込み過ぎたね。




入寮後約1年間は里の生活・作業プログラムをミッチリこなしながら、弱りきった体力をつけ直し、シャワーを浴びる事も難しかったアトピーも徐々に癒え(今ではすっかり全身キレイなお肌です(^.^))、他者との関わり方やコミュニケーション、間合いやリズムなどの感覚を徐々に取り戻しつつ、社会へ出る為の地力を少しずつ蓄えて行った彼でした。





昨年6月には、上山市内のドラッグストアのバイト面接を一発で通過し、結局今もそのバイトをしっかりと継続、素晴らしいですね~。
当初は仕事を覚えるのがナカナカ・・・とか、指示された内容をすぐに理解出来ない事が・・・的な弱音を吐く事もありましたが、徐々にそれらも克服できたようで、2度目の冬を迎える頃には仕事は極めて順調に推移していたようです。




温和で穏やかな性格ではあるのですが、同時に少々こだわりが強く、他人のアドバイス、助言を素直に聞き入れられないという困った一面も持ち合わせていた彼。頑固で意志が強いと言えば聞こえは良いのですが、決して自分にとってプラスにはなり得ない事でも、一度こうやると決めたらなかなか方向転換できない所があり、まぁ結局この辺が彼自身が自分の人生を生きづらく窮屈にしている一番の要因ではありました。
頑固でこだわりが強いのも悪い事ばかりではありませんけどね・・・、されど基本的には状況により臨機応変が大人の対応ですし、何より「過ぎたるは及ばざるが如し」、何事もバランスよくホドホドが良いのではないかと・・・。

そんな頭の固さも寮生同士の日々の触れ合いやスタッフからの指導により少しずつほぐれたものの、まだまだ色々と不安の絶えない状態ではありましたが、ご両親の「何事も自分で経験する事が大事」という考えの元、この時期に一人立ちとなった訳です。そうです、自分で経験する事が何よりも重要です。それが出来る、耐えられるだけのスキル、実力が身に付いたと判断できるのであれば、そうするのがベストな手段です。





人間的に好かれるタイプなので、在寮生に引越しのお手伝いを頼んだ所、2つ返事でOKしてくれた者が2人。こういう所で性格の良さが功を奏しますね~(^.^)






とこんな感じで34歳で入寮、2年弱の在籍により36歳となった南国の青年は、仕事を継続した状態のままいこいの里を無事卒寮し、山形市内のアパートへ転居、名実ともに「自立」する事が出来ました。

先週末も別な卒寮生が2名里へ遊び(という名の栄養補給)に来ていましたが、S君も困った事があれば、遠く離れた地元の親へ電話するのではなく、いつでも里へ連絡を寄こすように! 何でも親に連絡!はそろそろ卒業しましょうよ。



昨年は45歳の青年が似たような良い形で卒寮していきましたが、こうして30代後半、或いは40代であったとしても、本人とその家族に揺るぎない覚悟と必死な思いがあるならば、たくさんの人の助けを得ながら社会へ独り立ちする事は決して難しい話ではないのです。

まして20代、10代後半なんて、まだまだどうにでもなる年代です。
多少不器用であったり要領や間の悪い若者であっても、決して現実から目を背けず、自分の弱さ至らなさを真摯に受け止める謙虚さと、他人の助言を聞き入れる素直さ、そしてそれを可能にするための親子双方の将来を見据えた覚悟があれば何とでもなります。

充実した人生を送る人は漏れなく熱い情熱を抱いているのと同様、状況を大きく変える為には親子共に、特にこの青年の様に親に大きな決意と覚悟と現実的な行動が絶対に必要なのです。


09:54 | 不登校・引きこもりの自立支援