表示すべき新着情報はありません。
ログインしていないため表示できません
不登校・引きこもり・ニート・非行からの脱却
自立と就労を支援する共同生活型民間自立支援施設
 家族や身内だけで悩まず、ご相談ください。
TEL 023-679-4005
電話応対時間 8:00~20:00(厳守願います)
 
不登校 • 非行 • ニート引きこもりからの脱却 自立と就労を支援する宿泊型民間自立支援施設
 

トップページ理事長ブログ活動記録写真自立までのプロセスアクセス問い合わせ
トップページ理事長ブログ活動記録写真自立までのプロセスアクセス問い合わせ
 
COUNTER491406
連絡先
不登校・引きこもり・ニート・非行からの自立と就労支援団体・フリースクール不登校・引きこもり・ニート・非行からの自立と就労支援団体・フリースクール
特定非営利活動法人
東北青少年自立援助センター

蔵王いこいの里
TEL 023-679-4005
FAX 023-673-2610
 

コラム

2022/1/21
今、自身が置かれている状況に変革を起こすための一番の近道は、自分自身が動き、変わることです。NPO法人・蔵王いこいの里の自立支援は、本気で変わりたい、変わろうとするために動き出そうとしている若者たちと全身全霊で向き合い、共同生活を通じて、生きるための力を習得するためのサポートを行います。
2022/1/14
不登校や引きこもり・ニート・非行からの脱却は、付け焼き刃的な解決ではなく、根本的に解決を目指す必要があります。蔵王いこいの郷では、自分自身で変わりたい、と少しでも思っている方、変わってほしいと願っている親御さん、どちらからのご相談にも対応しております。豊富な視線実績に基づいた、実践型の支援を全力で行っております。
2021/12/24
引きこもりとは家族以外との方との人間関係がなく、社会に参加していない状態を指します。引きこもりを脱出するひとつのゴールは就学であり就労です。そうしたゴールに向かうためには社会は自分にとって適合できる場所であり、安全な場所であると体感しなければなりません。蔵王いこいの里では共同生活を通じて社会的能力を身に付け、社会に参加できる能力と自信を身に付ける支援をしています。
2021/12/17
蔵王いこいの里は、引きこもりからの自立を支援している施設です。ご家族に引きこもりの方がいたとしてもどうしていいのかわからないという方は多くいらっしゃるでしょう。蔵王いこいの里では共同生活を通じて、自立するために必要な体力・対人能力・生活習慣を身に付けていきます。住み込みで生活させるのが不安という方は是非一度その活動内容を見学にいらしてください。
2021/12/10
蔵王いこいの里は、引きこもりからの自立を支援している施設です。ご家族に引きこもりの方がいたとしてもどうしていいのかわからないという方は多くいらっしゃるでしょう。蔵王いこいの里では共同生活を通じて、自立するために必要な体力・対人能力・生活習慣を身に付けていきます。住み込みで生活させるのが不安という方は是非一度その活動内容を見学にいらしてください。
2021/12/3
引きこもりとは家族以外の人と全く交流がない状態を指します。ひきこもりの状態の問題点は本人のみで社会生活を営むのが難しいということです。蔵王いこいの里では共同生活を通じて、他社とのかかわり方を学び、一人で社会に適応できる力を身に付けるための活動を行っています。活動内容については当サイト内でもご紹介しておりますので是非ご覧ください。
2021/11/26
引きこもりという状況を解消するためには、引きこもっている本人が毎日通うことができる場所があるだけでなく本人にそこに苦なく通えるだけの能力が必要なのです。社会で生活するためには単純な仕事や学業の技術だけでなく他人と問題なくかかわりあっていく能力も必要です。蔵王いこいの里では共同生活を通じて他人とともに時間を過ごす能力を身に付けていきます。
2021/11/17
引きこもりになる原因の大きなものとして人間関係があります。多くの方は怠けているわけではなく、コミュニティで対人関係に支障をきたした場合などに引きこもりとなってしまっているのです。その状態から脱するためには人間関係を上手に構築できるスキルや自信を身に付ける必要があります。蔵王いこいの里では共同生活を通じて社会で生きる力を身に付けるための支援をしています。
2021/11/10
引きこもりの問題というのは長期化すればするほど対応が難しいものとなっていきます。それは対人によって発生するストレスにさらされないことによって少しずつ対人の能力が低下していくからです。蔵王いこいの里は共同生活を通じて社会に通用する「生きる力」を身に付けていくための施設です。ご家族の引きこもりにお困りでしたら一度ご連絡ください。
2021/11/3
蔵王いこいの里は引きこもりの方の自立を支援するための施設です。座学やカウンセリングだけではなく、生活や体験を通じて自身で物事を行う能力を身に付ける活動を行っています。当施設での活動内容は当サイト内でも掲載していますのでぜひご覧ください。
2021/10/29
ひきこもりへの対応というのは一概にこうすればいいというものはありません。またご家族の方のみで対応を行なおうと思っても、専門家ではないため対応が難しいという現状もあります。蔵王いこいの里は30年以上ひきこもりの方たちと向き合ってきました。共同生活を通じて他人と接する力、自分で考える力を身に付け、本当の「生きる力」を身に付けるための活動を行っています。
2021/10/22
今の日本では家から出なくても生活することができる環境があります。しかし、通常の社会生活を営むためには家から出ないままでは難しいというのも事実でしょう。子どもが引きこもってしまって困っている。フリースクールやカウンセリングなどに通わせているが改善する兆しがない。そんなときには蔵王いこいの里にご相談ください。当施設はNPO法人として30年以上にわたって引きこもりの子どもたちと接してきた実績があります。
2021/10/15
引きこもりの状況は、その期間が長ければ長いほど社会復帰するまでの時間も長くなります。それは引きこもることによって、他者との関りが少なくなるため他人に対する耐性が下がってしまうからです。蔵王いこいの里は、共同生活を通じて自立の支援を行っていく施設です。他人と関わることによって、その関わり方を身に付けていきます。
2021/10/8
NPO法人東北青少年自立援助センターは35年もの間若者の自立支援を継続的に行っている団体です。当施設蔵王いこいの里では共同生活を通じて多くの若者を自立支援を行ってきました。自立をするためには理論だけでなく実体験を通じて本人が社会生活を営むのに十分な自信やスキルを積み重ねる必要があります。当サイト内でも実際の活動の内容を紹介しておりますので是非ご覧ください。
2021/10/1
引きこもりは周りの人に相談することも難しく、また家族内だけで解決するのも難しい問題です。フリースクールやカウンセリングなどを利用しているものの一向に状況が良くならず解決に向かっている気がしないという方もいらっしゃるでしょう。蔵王いこいの里は共同生活を通じて引きこもりの方を支援する施設です。見学等も行っておりますのでお悩みの際は是非ご連絡ください。
2021/9/24
引きこもりの問題は時間が解決してくれるということはありません。むしろ時間が経過して社会との繋がりが希薄になればなるほど問題の解決は難しくなっていきます。解決するためには本人に自信と社会生活を営むための技術を身に付けてもらう必要があるのです。蔵王いこいの里は共同生活を通じて自立支援を行っている施設です。他人と繋がることでコミュニケーションスキルを取り戻し、社会に復帰する支援をしています。
2021/9/17
蔵王いこいの里では共同生活を通じて引きこもりやニートなどの自立支援を行っています。フリースクールやカウンセリングなどではいまいち効果があがらなかった、という場合にはご相談ください。また入寮するまえに実際の環境などをご見学いただくこともできます。東北地方だけでなく全国からご利用いただいております。
2021/9/10
蔵王いこいの里では、共同生活を通じて自立支援を行う活動をしています。現在では新型コロナウィルス感染症の影響で経済的に難しい状況にあるご家庭に対して、一定条件を満たせば自立支援プログラムを受けることが可能になる助成事業を実施しています。詳細はお電話でお問い合わせください。
2021/9/3
ひきこもりからの脱出のひとつのゴールは復学や就労です。そうしたゴールに向かうためには外的に認められたいという欲求を引き出すことが必要です。しかし長期にわたって社会との関りをなくしてしまうと自信や対人コミュニケーション能力が低下しそうした意欲がなくなってしまう傾向にあります。蔵王いこいの里では共同生活を通じてそうした「生きる力」を取り戻せるよう引きこもりの方の支援活動を行っています。
2021/8/27
蔵王いこいの里は引きこもりやニートなどからの自立支援を行っております。引きこもりやニートの状態は付け焼刃で解決することは難しく、家族や身内だけで解決するのは非常に難しいことです。蔵王いこいの里は共同生活による自立支援施設です。35年にわたって多くの全国の若者と関わってきました。まずはお電話でご連絡ください。そして実際の支援の現場をご自身の目でご確認ください。
2021/8/20
引きこもりからの自立には座学だけでなく実体験が必要です。多くの引きこもりの方は現状に満足しているわけではなく、その状況を脱却したいと考えているものの動けないという状態なのです。その状態から自立をするためには習慣や体力、自信や経験などが必要です。蔵王いこいの里では共同生活を通じて習慣と体力を、周辺の施設でのアルバイト体験を通じて自信や経験を身に付け、自立をする支援を行っています。
2021/8/6
蔵王いこいの里ではひきこもり状態の方の自立支援を行っています。ひきこもり状態からの脱却のためには自立するための力、体力や対人コミュニケーション能力、自己管理能力などが必要です。蔵王いこいの里では共同生活や周囲の施設でのアルバイト活動を通じてそうした能力を育てていきます。
2021/7/30
ひきこもりという環境は他の人が思っているよりも体力の低下を促します。体力が低下すればそれだけ学校や会社に定期的に通うことを難しくします。蔵王いこいの里は座学などでは補うことができない活動する体力を、共同作業やスポーツをすることによって身に付け、自立する支援をしていきます。
2021/7/21
内閣府の調べによると2019年の段階で引きこもり状態にある人の全国の推計は115万人にも及ぶそうです。多くの引きこもり状態にある人は本人や家族だけで解決するのは難しいという現状があります。しかし民間施設の中にはいまだに強引に本人を部屋から連れ出し無理やり施設に収容するというところもあります。蔵王いこいの里では共同生活を通じて自立支援を行う施設です。共同生活や周辺施設のお手伝いなどを通じて自身で生きていく力を身に付ける手伝いをしています。どのような支援をしているかはホームページの中でも掲載しています。また実際に見学に来ていただくこともできます。
2021/7/16
蔵王いこいの里はNPO法人東北青少年自立援助センターの民間自立支援施設です。引きこもりの方の多くは生活時間が通常の社会生活を営んでいる人とはズレてしまっていることが多くあります。それは学校や会社などの毎日ルーティンとして行わなければならないことがなく、生活のリズムを整えることが難しいからです。蔵王いこいの里では生活習慣を整え自己管理ができるよう共同生活を通じて支援しています。
2021/7/9
引きこもりという状態の問題点は、その状態が続くことによって徐々に社会的繋がりやコミュニケーション能力が失われていくことにあります。一度完全に社会的繋がりが失われてしまうと自立していくことは非常に難しくなります。蔵王いこいの里では共同生活を通じてコミュニケーション能力や人との繋がり方を身に付け、本当の意味での生きる力を身に付ける支援をしていきます。
2021/7/2
毎日決まった時間に出かける場所がないという状況は少しずつ生活のリズムを狂わせてしまいます。一旦生活のリズムが狂ってしまうと自身で修正するのは非常に困難です。健全な社会生活を営むためには規則正しい生活が不可欠です。蔵王いこいの里では共同生活を通じて自立する力を身に付けるための支援を行っています。
2021/6/25
引きこもり、ニート、不登校、非行は根本的な解決をしなければ解決することはできません。多くの場合悩み続けても解決にはいたらず長期化することで更に解決が難しくなっていくのです。NPO法人東北青少年自立援助センター蔵王いこいの里では、寮での共同生活を通じて本当の自立するための力を身に付ける支援をしていきます。
2021/6/18
本当の意味での自立のためには、本人や家族の気持ちだけでは足りないものがあります。それは自立するために必要な対人面での能力や体力、実務を行うための能力などの生きるための力が必要になるのです。蔵王いこいの里では共同生活や周辺の施設の手伝いなどを通じて社会的な能力を身に付け、本当の意味での社会に通用する生きる力を身に付ける支援をしています。
2021/6/11
ひきこもりの状態が長く続いている場合、家族と同様に本人もその現状に悩んでいる事が多くあります。しかしひきこもりの現状から自身で変化をし、社会と繋がりを得ることは非常に難しいという現状もあります。蔵王いこいの里では共同生活を通じて社会との繋がり方を身に付け、本当の意味での自立する力を得るためのお手伝いをしていきます。
2021/6/4
引きこもりとは社会に参加してない状態を示します。いったん引きこもりの状態になると社会的な繋がりがなくなるためその状態を脱するのが難しくなるということがあります。その状態を脱するためには生活の環境を大きく変える必要があります。蔵王いこいの里は共同生活を通じて引きこもりからの自立支援を行う施設です。ご家族に引きこもりの方がいらっしゃる場合にはご相談ください。
2021/5/28
学校や職場など通うところのない状態で規則正しい生活を送ることは非常に難しいことでもあります。そのため、自宅では引きこもりからの自立が難しくなってしまっているということもあるでしょう。蔵王いこいの里では共同生活を通じて自立の支援を行っています。自宅ではなく寮で他の人とともに生活をすることで生活のリズムを整えることができます。

 

支援活動方針

不登校、引きこもり、ニート、非行という現象は、様々な環境の影響を複合的に受けた表面上の結果。問題の本質は、見た目ではなく生活環境とその心の奥底にあるもの。そして何よりも一番の要因としてストレス耐性の低さも含めた本人の『実力不足』がある事に疑いの余地はない。
ならば自立支援とは表面的現象にばかり捉われず、生活環境を変え根本的原因に踏み込み見つめ直し、自己を正確に認識し集団や社会の中で生きる為の実力を身に付けなければ、『生きる力』の備わった真の意味での自立や就労には結び付けられない。


 全国各地から訪れる小学校高学年~35歳程度までの不登校、引きこもり、ニート、非行、軽度薬物(眠剤・安定剤など)依存、発達障害(ADHD・LD・アスペルガー症候群等)や対人恐怖症などにより、社会的自立につまづき、悩み苦しんでいる青少年の自立・復学・就労の支援を行います。

   

 親元を離れ環境を変えて規則正しい生活を送り、人里離れた蔵王の美しい山々のなかで、仲間やスタッフ、地域の方々と新しい人間関係を築き、移ろいゆく四季の景色に心癒されながら自己を見つめなおし、それぞれの新たな目標と方針を見出そうというものです。

   

 学生・生徒以外は最終的には『就労』を目的としますが、単に仕事に就くことが目的ではなく、『継続した就労』や『円滑な人間関係の構築』ができるような若者に成長することが最も大切であると考えます。それは不登校や引きこもり、ニート状態に陥る原因の大半が『人間関係でのつまづき』にあるからです。ただ仕事を探すだけならハローワークで出来ます。しかし深層にある真の原因を直視し根本的な対応策を講じなければ、復学や就労はおろか、不登校や引きこもりという表面上の結果に変化をもたらすことなど叶うはずがありません。

 ですから我々は就労や復学という最終的な目標の前に、その前段階における『円満な人間関係を築くことのできる人格形成』と『心と体へのストレスに耐え得る心身の忍耐力』こそが重要であるとの認識の下に活動しております。

 それは結論として、いかに周囲の人とうまく折り合いながら生活できるか、相手を思いやる優しさと強さを持てるか、世の中の『あたりまえ』を当たり前に実行出来るか、という事に行きつくのです。一朝一夕に得られるものではありませんが、集団や社会の中で生きる為に必要かつ求められる要素は、不登校や引きこもり、ニート、非行であっても何ら変わりません。


 表面的な『就労』や『復学』、『進学』などの結果を求める事は簡単です。しかし付け焼刃の支援で得た結果は、やはり時間の経過とともにメッキが剥がれてしまいます。褒める、受容、寄り添い、共感・・・、これらは当然必要ですし、我々も日頃から毎日のように個別に悩み事の相談や細部までにわたるアドバイスや指導、またカール・ロジャーズの説く『共感的理解』をも実践していますが、それだけでは根本的解決にはなりません。

 不登校や引きこもり等の若者への本当の自立支援とは、若者が社会の中で長きに亘り生きる為に必要となる本質的な価値観や人格の部分にまで踏み込んだ対応であり『子育て』『教育』であると確信しています。

 母のように我が子の眼をしっかり見つめ寄り添う優しさと、父のような毅然とした態度や強さ、時には突き放す厳しさが必要です。それら双方合わさってこそ真の「愛情」というものです。美辞麗句はいりません。悩みや苦しみの中にも努力の跡が見られる時は大いに褒め認め自信を植え付け、一方では約束事が守れなかったり言い訳に終始する時は、不登校や引きこもりであってもダメなものはダメだとはっきり言います。

 それは1日数時間、週に数回接触するだけの関係では絶対に成立しません。24時間、365日生活を共にするからこそ見えてくる本人の特徴や個性、様々な言動や出来事が、彼らが抱える問題や課題を浮き彫りにし、そこから初めて適切な対策や改善策に繋がるのです。だからこそ私達は数多くの好結果を生みだしてきた、この共同生活による自立支援を継続しているのです。通所型のフリースクール等よりは相当厳しい対応でしょう。全く分野が別物かもしれません。しかし厳しくとも『世の中のあたりまえ』の対応から目を反らしては、不登校、引きこもり、非行等からの社会的・精神的自立という明確な結果を求める事は出来ません。

 少子化にも拘らず減少しない不登校や、ニート引きこもり者数の高止まりは、時代の変遷とともに、錦の御旗のごとく『受容と共感』ばかりを礼賛し重要視する世の中へと変化し続ける現代社会の風潮が、子育てや教育においてはそれらあたりさわりのない対応では限界がある事を皮肉にも証明してしまっているのです。


『Learning by Doing』 理屈よりも行動と実践経験
今の若者に絶対的に足りない、真に必要なものは
『飢えと寒さの経験』
『バーチャルではない生身の実体験の積み重ね』

自信が持てない、自己評価が低い事は『原因』?『結果』?
そこに保護者が早く気がつき行動出来るかが、不登校や引きこもりのからの早期自立に向けた最大のポイント。


 今や全国各地に公的、民間を問わずどれほどの不登校、引きこもりの相談窓口やカウンセリング機関があふれているでしょうか。そして各学校にもスクールカウンセラーが配置されているこの時代。にも関わらず一向に改善の兆しを見せず、むしろ少子化の中でも増え続ける不登校や引きこもりの実態をどのように考えますか。相談やカウンセリングなど、心のケア、精神的支援は当然重要であり欠かしてはならないものですが、そればかりで本人に大きな変化を求めるには無理があるのです。

 それは、人間とは自らの体を動かしながら活動、行動する『実体験』や『経験』の中からしか吸収、成長する事が出来ない生き物だからです。行動様式の大半を、生まれながらにして備え持つ『本能』によって生きる動物達とは違うのです。社会性や協調性を備え、集団の中で『和』を持って生きる事の出来る人間と動物達との大きな違いがそこにあります。
  ソーシャルスキルも学業もスポーツも職業的スキルも、そして社会的常識や人間関係も、全ては実際に『行動』し失敗も含めた『経験』を積むことでしか何も吸収、会得する事が出来ないのが『人間』なのです。

 『成功体験が少ないから自分に自信が無い』、『失敗体験が多いから自己評価が低い』ことが引きこもる直接の原因とよく言われます。しかし本当にそれだけが原因でしょうか?よく考えてください。それは『原因』ではなく、実は既に本人の『実力不足』を根本的原因とする『結果』の一つではありませんか?『自信と実力』とは如何にして獲得していくものでしょうか?自らの身をもって実際に行動する『実体験』による経験の積み重ねだけが『自信と実力』に繋がるのです。
 不登校や引きこもり、ニートの若者には、共通してこの『実体験』が乏しく、特に不登校や引きこもりが長期に亘っている者は、ストレスに感じる他者との関わりを避け自分に都合の良いバーチャルや空想、自分一人の妄想の世界に入り込み逃避していた時間が長い傾向があります。しかし誰しも必要なのは、現実世界での生身の『経験』や他者との関わり合いであり、失敗を恐れずに挑戦しようとする勇気や、厳しさや辛さを乗り越えた時に得られる喜びと達成感であり、生き続ける限り誰もが感じる幾多の
不満や葛藤に対する合理的解決手段を身に付ける事です。逃避によって得られるものは、一時的なかりそめの安心感でしかありません。

 ここでの地道な日々の活動によって得た数多くの実体験が、自らの血や肉となり社会に出て生きていく為の実力(人間力)となります。そして唯一その『経験値』こそが自分への確固たる自信となり、逞しさを身に付け、逃避や自己正当化習慣から抜け出し、結果として不登校や引きこもり、ニートの状態を脱する原動力となり得るのです。大事なのは、まずは『行動を起こす』こと

 特別厳しい事はやっていません。あくまでも世の中では『あたりまえ』に行われている事を日々実行しているだけです。それが私達の支援のスタイルです。

 また当団体には不登校や非行の生徒に特化して関わってきた元中学校教師や、引きこもりに対するカウンセラー資格を持つ者も揃っておりますが、私どもの活動内容はあくまでも実践現場での長年の経験に基づいたものであり、曇りのない眼で若者達を正確に見極め、客観的事実に対して正面から向き合い真摯に対応するものです。従って、うわべだけの有資格者をそろえて支援の充実を謳っているような、活動の実態が曖昧でいい加減な団体でないことだけはお約束できます。見学や視察など、いつでもご来訪頂きご自身の眼で我々の現場を確かめて頂ければ幸いです。私達は不登校や引きこもり、非行などの様々な事情を抱えた若者と毎日『本気』で対峙しているのです。きれいごとや理想論、机上の空論で成立するような世界ではありません。笑いも涙もあふれていますが、根底にはこの『本気の伝統』を理念の軸として活動しています。

支援活動内容ページへ







不登校、引きこもり、ニート、非行の若者の自立を支援するフリースクール、共同生活型自立支援施設
            NPO法人東北青少年自立援助センター 蔵王いこいの里