表示すべき新着情報はありません。
ログインしていないため表示できません
不登校・引きこもり・ニート・非行からの脱却
自立と就労を支援する共同生活型民間自立支援施設
 家族や身内だけで悩まず、ご相談ください。
TEL 023-679-4005
電話応対時間 8:00~20:00(厳守願います)
 
不登校 • 非行 • ニート引きこもりからの脱却 自立と就労を支援する宿泊型民間自立支援施設
 

トップページ理事長ブログ活動記録写真自立までのプロセスアクセス問い合わせ
トップページ理事長ブログ活動記録写真自立までのプロセスアクセス問い合わせ
 
組織概要
COUNTER491375
連絡先
不登校・引きこもり・ニート・非行からの自立と就労支援団体・フリースクール不登校・引きこもり・ニート・非行からの自立と就労支援団体・フリースクール
特定非営利活動法人
東北青少年自立援助センター

蔵王いこいの里
TEL 023-679-4005
FAX 023-673-2610
 

コラム

2022/1/21
今、自身が置かれている状況に変革を起こすための一番の近道は、自分自身が動き、変わることです。NPO法人・蔵王いこいの里の自立支援は、本気で変わりたい、変わろうとするために動き出そうとしている若者たちと全身全霊で向き合い、共同生活を通じて、生きるための力を習得するためのサポートを行います。
2022/1/14
不登校や引きこもり・ニート・非行からの脱却は、付け焼き刃的な解決ではなく、根本的に解決を目指す必要があります。蔵王いこいの郷では、自分自身で変わりたい、と少しでも思っている方、変わってほしいと願っている親御さん、どちらからのご相談にも対応しております。豊富な視線実績に基づいた、実践型の支援を全力で行っております。
2021/12/24
引きこもりとは家族以外との方との人間関係がなく、社会に参加していない状態を指します。引きこもりを脱出するひとつのゴールは就学であり就労です。そうしたゴールに向かうためには社会は自分にとって適合できる場所であり、安全な場所であると体感しなければなりません。蔵王いこいの里では共同生活を通じて社会的能力を身に付け、社会に参加できる能力と自信を身に付ける支援をしています。
2021/12/17
蔵王いこいの里は、引きこもりからの自立を支援している施設です。ご家族に引きこもりの方がいたとしてもどうしていいのかわからないという方は多くいらっしゃるでしょう。蔵王いこいの里では共同生活を通じて、自立するために必要な体力・対人能力・生活習慣を身に付けていきます。住み込みで生活させるのが不安という方は是非一度その活動内容を見学にいらしてください。
2021/12/10
蔵王いこいの里は、引きこもりからの自立を支援している施設です。ご家族に引きこもりの方がいたとしてもどうしていいのかわからないという方は多くいらっしゃるでしょう。蔵王いこいの里では共同生活を通じて、自立するために必要な体力・対人能力・生活習慣を身に付けていきます。住み込みで生活させるのが不安という方は是非一度その活動内容を見学にいらしてください。
2021/12/3
引きこもりとは家族以外の人と全く交流がない状態を指します。ひきこもりの状態の問題点は本人のみで社会生活を営むのが難しいということです。蔵王いこいの里では共同生活を通じて、他社とのかかわり方を学び、一人で社会に適応できる力を身に付けるための活動を行っています。活動内容については当サイト内でもご紹介しておりますので是非ご覧ください。
2021/11/26
引きこもりという状況を解消するためには、引きこもっている本人が毎日通うことができる場所があるだけでなく本人にそこに苦なく通えるだけの能力が必要なのです。社会で生活するためには単純な仕事や学業の技術だけでなく他人と問題なくかかわりあっていく能力も必要です。蔵王いこいの里では共同生活を通じて他人とともに時間を過ごす能力を身に付けていきます。
2021/11/17
引きこもりになる原因の大きなものとして人間関係があります。多くの方は怠けているわけではなく、コミュニティで対人関係に支障をきたした場合などに引きこもりとなってしまっているのです。その状態から脱するためには人間関係を上手に構築できるスキルや自信を身に付ける必要があります。蔵王いこいの里では共同生活を通じて社会で生きる力を身に付けるための支援をしています。
2021/11/10
引きこもりの問題というのは長期化すればするほど対応が難しいものとなっていきます。それは対人によって発生するストレスにさらされないことによって少しずつ対人の能力が低下していくからです。蔵王いこいの里は共同生活を通じて社会に通用する「生きる力」を身に付けていくための施設です。ご家族の引きこもりにお困りでしたら一度ご連絡ください。
2021/11/3
蔵王いこいの里は引きこもりの方の自立を支援するための施設です。座学やカウンセリングだけではなく、生活や体験を通じて自身で物事を行う能力を身に付ける活動を行っています。当施設での活動内容は当サイト内でも掲載していますのでぜひご覧ください。
2021/10/29
ひきこもりへの対応というのは一概にこうすればいいというものはありません。またご家族の方のみで対応を行なおうと思っても、専門家ではないため対応が難しいという現状もあります。蔵王いこいの里は30年以上ひきこもりの方たちと向き合ってきました。共同生活を通じて他人と接する力、自分で考える力を身に付け、本当の「生きる力」を身に付けるための活動を行っています。
2021/10/22
今の日本では家から出なくても生活することができる環境があります。しかし、通常の社会生活を営むためには家から出ないままでは難しいというのも事実でしょう。子どもが引きこもってしまって困っている。フリースクールやカウンセリングなどに通わせているが改善する兆しがない。そんなときには蔵王いこいの里にご相談ください。当施設はNPO法人として30年以上にわたって引きこもりの子どもたちと接してきた実績があります。
2021/10/15
引きこもりの状況は、その期間が長ければ長いほど社会復帰するまでの時間も長くなります。それは引きこもることによって、他者との関りが少なくなるため他人に対する耐性が下がってしまうからです。蔵王いこいの里は、共同生活を通じて自立の支援を行っていく施設です。他人と関わることによって、その関わり方を身に付けていきます。
2021/10/8
NPO法人東北青少年自立援助センターは35年もの間若者の自立支援を継続的に行っている団体です。当施設蔵王いこいの里では共同生活を通じて多くの若者を自立支援を行ってきました。自立をするためには理論だけでなく実体験を通じて本人が社会生活を営むのに十分な自信やスキルを積み重ねる必要があります。当サイト内でも実際の活動の内容を紹介しておりますので是非ご覧ください。
2021/10/1
引きこもりは周りの人に相談することも難しく、また家族内だけで解決するのも難しい問題です。フリースクールやカウンセリングなどを利用しているものの一向に状況が良くならず解決に向かっている気がしないという方もいらっしゃるでしょう。蔵王いこいの里は共同生活を通じて引きこもりの方を支援する施設です。見学等も行っておりますのでお悩みの際は是非ご連絡ください。
2021/9/24
引きこもりの問題は時間が解決してくれるということはありません。むしろ時間が経過して社会との繋がりが希薄になればなるほど問題の解決は難しくなっていきます。解決するためには本人に自信と社会生活を営むための技術を身に付けてもらう必要があるのです。蔵王いこいの里は共同生活を通じて自立支援を行っている施設です。他人と繋がることでコミュニケーションスキルを取り戻し、社会に復帰する支援をしています。
2021/9/17
蔵王いこいの里では共同生活を通じて引きこもりやニートなどの自立支援を行っています。フリースクールやカウンセリングなどではいまいち効果があがらなかった、という場合にはご相談ください。また入寮するまえに実際の環境などをご見学いただくこともできます。東北地方だけでなく全国からご利用いただいております。
2021/9/10
蔵王いこいの里では、共同生活を通じて自立支援を行う活動をしています。現在では新型コロナウィルス感染症の影響で経済的に難しい状況にあるご家庭に対して、一定条件を満たせば自立支援プログラムを受けることが可能になる助成事業を実施しています。詳細はお電話でお問い合わせください。
2021/9/3
ひきこもりからの脱出のひとつのゴールは復学や就労です。そうしたゴールに向かうためには外的に認められたいという欲求を引き出すことが必要です。しかし長期にわたって社会との関りをなくしてしまうと自信や対人コミュニケーション能力が低下しそうした意欲がなくなってしまう傾向にあります。蔵王いこいの里では共同生活を通じてそうした「生きる力」を取り戻せるよう引きこもりの方の支援活動を行っています。
2021/8/27
蔵王いこいの里は引きこもりやニートなどからの自立支援を行っております。引きこもりやニートの状態は付け焼刃で解決することは難しく、家族や身内だけで解決するのは非常に難しいことです。蔵王いこいの里は共同生活による自立支援施設です。35年にわたって多くの全国の若者と関わってきました。まずはお電話でご連絡ください。そして実際の支援の現場をご自身の目でご確認ください。
2021/8/20
引きこもりからの自立には座学だけでなく実体験が必要です。多くの引きこもりの方は現状に満足しているわけではなく、その状況を脱却したいと考えているものの動けないという状態なのです。その状態から自立をするためには習慣や体力、自信や経験などが必要です。蔵王いこいの里では共同生活を通じて習慣と体力を、周辺の施設でのアルバイト体験を通じて自信や経験を身に付け、自立をする支援を行っています。
2021/8/6
蔵王いこいの里ではひきこもり状態の方の自立支援を行っています。ひきこもり状態からの脱却のためには自立するための力、体力や対人コミュニケーション能力、自己管理能力などが必要です。蔵王いこいの里では共同生活や周囲の施設でのアルバイト活動を通じてそうした能力を育てていきます。
2021/7/30
ひきこもりという環境は他の人が思っているよりも体力の低下を促します。体力が低下すればそれだけ学校や会社に定期的に通うことを難しくします。蔵王いこいの里は座学などでは補うことができない活動する体力を、共同作業やスポーツをすることによって身に付け、自立する支援をしていきます。
2021/7/21
内閣府の調べによると2019年の段階で引きこもり状態にある人の全国の推計は115万人にも及ぶそうです。多くの引きこもり状態にある人は本人や家族だけで解決するのは難しいという現状があります。しかし民間施設の中にはいまだに強引に本人を部屋から連れ出し無理やり施設に収容するというところもあります。蔵王いこいの里では共同生活を通じて自立支援を行う施設です。共同生活や周辺施設のお手伝いなどを通じて自身で生きていく力を身に付ける手伝いをしています。どのような支援をしているかはホームページの中でも掲載しています。また実際に見学に来ていただくこともできます。
2021/7/16
蔵王いこいの里はNPO法人東北青少年自立援助センターの民間自立支援施設です。引きこもりの方の多くは生活時間が通常の社会生活を営んでいる人とはズレてしまっていることが多くあります。それは学校や会社などの毎日ルーティンとして行わなければならないことがなく、生活のリズムを整えることが難しいからです。蔵王いこいの里では生活習慣を整え自己管理ができるよう共同生活を通じて支援しています。
2021/7/9
引きこもりという状態の問題点は、その状態が続くことによって徐々に社会的繋がりやコミュニケーション能力が失われていくことにあります。一度完全に社会的繋がりが失われてしまうと自立していくことは非常に難しくなります。蔵王いこいの里では共同生活を通じてコミュニケーション能力や人との繋がり方を身に付け、本当の意味での生きる力を身に付ける支援をしていきます。
2021/7/2
毎日決まった時間に出かける場所がないという状況は少しずつ生活のリズムを狂わせてしまいます。一旦生活のリズムが狂ってしまうと自身で修正するのは非常に困難です。健全な社会生活を営むためには規則正しい生活が不可欠です。蔵王いこいの里では共同生活を通じて自立する力を身に付けるための支援を行っています。
2021/6/25
引きこもり、ニート、不登校、非行は根本的な解決をしなければ解決することはできません。多くの場合悩み続けても解決にはいたらず長期化することで更に解決が難しくなっていくのです。NPO法人東北青少年自立援助センター蔵王いこいの里では、寮での共同生活を通じて本当の自立するための力を身に付ける支援をしていきます。
2021/6/18
本当の意味での自立のためには、本人や家族の気持ちだけでは足りないものがあります。それは自立するために必要な対人面での能力や体力、実務を行うための能力などの生きるための力が必要になるのです。蔵王いこいの里では共同生活や周辺の施設の手伝いなどを通じて社会的な能力を身に付け、本当の意味での社会に通用する生きる力を身に付ける支援をしています。
2021/6/11
ひきこもりの状態が長く続いている場合、家族と同様に本人もその現状に悩んでいる事が多くあります。しかしひきこもりの現状から自身で変化をし、社会と繋がりを得ることは非常に難しいという現状もあります。蔵王いこいの里では共同生活を通じて社会との繋がり方を身に付け、本当の意味での自立する力を得るためのお手伝いをしていきます。
2021/6/4
引きこもりとは社会に参加してない状態を示します。いったん引きこもりの状態になると社会的な繋がりがなくなるためその状態を脱するのが難しくなるということがあります。その状態を脱するためには生活の環境を大きく変える必要があります。蔵王いこいの里は共同生活を通じて引きこもりからの自立支援を行う施設です。ご家族に引きこもりの方がいらっしゃる場合にはご相談ください。
2021/5/28
学校や職場など通うところのない状態で規則正しい生活を送ることは非常に難しいことでもあります。そのため、自宅では引きこもりからの自立が難しくなってしまっているということもあるでしょう。蔵王いこいの里では共同生活を通じて自立の支援を行っています。自宅ではなく寮で他の人とともに生活をすることで生活のリズムを整えることができます。

 

活動記録写真

活動記録写真
12345
2022/01/21new

1月の作業①

| by 管理人
1月1日
除雪作業



新年あけて早々に「大雪」
寮生は、1月元日~4日まで“お正月休み”でしたが、
大雪の場合は除雪をするという条件付きの休日。
しかし、誰ひとり文句を言わず一生懸命除雪していました。





1月7日
午前:客室の掃除





宿泊のお客様が泊まったお部屋の掃除。
布団をたたんで押し入れへ




午後:猿倉でスキー





初心者組の講習会






1月8日
午前:除雪





駐車場の除雪





食堂屋根から落ちてきた雪が、たまって大きな雪山に…




ホイールローダーに運んでもらいました。




この雪山、かなり手強い…
冷えて固まった氷となっているので、崩すのに一苦労です





午後:ライザでスキー







夕食:寿司
みんなお正月休みに除雪したりお客様の食器洗い等々、頑張ったので、
理事長から「お寿司」のご褒美が!






じゃんけんで順番を決めて、ひとり1個ずつ取っていきました。
寿司が回るのではなく、人間の方が回る「回転寿司」でした!



1月10日
ライザでスキー





立派な“雪のモンスター”樹氷の前で。天気も良くて、最高!
13:32
2022/01/13

12月の作業④

| by 管理人
12月23日
除雪作業(氷砕きと屋根の雪下ろし)












12月24日
スキー準備





スキーウェアに防水スプレーをかけました。




吸い込むと毒なので、屋外で。





午後は、ライザでスキー





この日は、雲海がきれいでした!






夜、やかたにてトランプ遊び




和やかな雰囲気になっています。





12月27日
除雪作業













お手伝い組、お客様の食事準備



夏合宿に引き続き、
食堂での準備(テーブルセットや配膳)と接客をする寮生2人+スタッフ1人、
厨房での米研ぎや洗い物をする寮生1人+スタッフ2人の計6人体制で、
お客様の朝食・夕食を準備しました。






接客時はマスクはもちろん、消毒、パーテーション、使い捨て手袋等
コロナウイルス感染症対策は徹底しました。





12月25日から1月4日までお客様がいらっしゃいました。





食器洗い、後片づけは寮生全員で。





12月31日
大晦日の「年越しカップ麺」をかけた、じゃんけん大会!



赤いきつねか、緑のたぬきか。
里では、“緑のたぬき”が圧倒的人気でした。
18:40
2022/01/10

12月の作業③

| by 管理人
12月18日
ライザスキー場にて、初スキー!
の前に、「スキー練習時の約束事」についての説明



スキーをやる上でのルールや注意事項について、確認。
理事長が説明しました。




里から車で15分のライザスキー場へ。
スキー板、ストックは軽トラに積みました。








駐車場に到着。板を下ろします。




準備体操は念入りに。ケガ予防。




準備完了。




リフトに乗車




積雪量は十分でした。




初心者組は、ゆるやかなコース






副理事長(ちえさん)の熱血指導!?




休憩時は、みんな大好き「ドリンクタイム」




ライザスキー場のシーズン券購入時に、特典で一人20枚の無料ドリンク付き!
+食事券もついて、とってもお得!&有難いです!












みんなで初滑りを楽しみました!







12月19日
12月誕生日&クリスマス&忘年会!



今回は3つまとめてやってしまいました。
とは言っても、鍋食べて、ジュース飲んで、ケーキ食べる、いつも通りの会でした。






乾杯!




あったまる~鍋











今回のケーキは、コストコの“ティラミス”と“苺ショート”の2種類。
クリスマスとあって、ちょっと豪勢となりました。




ケーキが出るときは、必ず「ケーキじゃんけん」をします。
寮生の一番年下と年上がじゃんけんをして、勝ったほうから年齢順に取っていきます。
今のところ、年上寮生の4連勝中!頑張れ、最年少。






12月22日
大掃除
「館(やかた)」玄関の断捨離をしました。



寮を出た子達が残していった?埃をかぶった大量の長靴・運動靴・作業着…。
今いる寮生の分だけ残して、あとは全処分しました。




こんなにスッキリ。
(ビフォーを撮っておけば良かった・・・)




使い勝手を良くして、見違えるようになりました!




これをキープしていくぞ~。





その勢いのまま、山荘の寮生用「下駄箱」も断捨離。
大量のシャンプー、コンディショナー、ボディソープが出てきました…。
寮を出るときは「立つ鳥跡を濁さず」で。




午後、客室の掃除とセッティング



窓のサッシ拭き




洗面所掃除




掃除機がけ




灯油ファンヒーターの時計合わせ






ふとん敷きをしました。
16:40
2021/12/13

12月の作業②

| by 管理人
12月4日
「今年の反省、来年の抱負」書き



作業開始前に、寮生全員に書いてもらいました。




一言で終了の者もいれば、熟考しながら長文を書いた人も。人それぞれですね。
2022年新年号「蔵王だより」に掲載予定です。






伐採予定の土地の下見へ



スタッフの知り合いの方に頼まれて、土地一画のすべての木を伐採することに。
切った木は薪用にしてもいいということで、まず土地の下見に行きました。




けっこうな広さ(10m×80m)とのこと。年内に終わればいいのですが…。






12月5日
伐採作業



昨日の場所をさっそく伐採してきました。
細い木や枝を落とします。








下草は草刈り機で刈っておきます。




太い木は、チェーンソーで。




先は長いですが、地道にやっていきます。






この日は寮生Jくんが卒寮しました。



みんなでお見送り。これからは地元で頑張ってね!







12月6日
伐採作業





軽トラに乗る長さに切ってから、里に運びました。







12月8日
スキー板のワックスがけ





スキーが初めての寮生にワックスがけを指導。




スキー板の滑走面に、ワックスをアイロンで溶かしながら塗っていきます。







ワックスはがしもしました。
これでいつでもスキーが出来ます。

「ライザスキー場」は、12月17日にオープン。
「猿倉スキー場」は、12月24日予定。
もうすぐ始まります!








12月10日
ホイールローダーにチェーン取付
















薪作業



伐採した木を薪用にカットしました。







櫻井建設さんが持ってきてくれた木材の釘抜き。
薪ストーブの焚き付け用に廃材は最適です。




伐採したばかりの木は水分が多く含まれていて、
薪として利用できるのは、乾燥が進んだ1~2年後くらいです。
13:08
2021/12/09

12月の作業①

| by 管理人
12月1日
冬物&スキー用品買出し



前日の11月30日に、買い物リストを作成





除雪・スキー時に必要な用品(手袋、長靴、スキーウェア、ゴーグル等)をチェックし、
予算を立てておきました。





スポーツショップ「ゼビオ」さんにて





スキー靴の試着中。
写真はないですが、「ワークマン」さんにも行きました。





午前中で買物を済ませて、昼食は外食。
安くてボリューム満点の台湾料理「紅四季」さんで。







ラーメンとご飯もののセットが、700円!




みんな残さず“完食”でした!






里に戻ったら、買った品物にすぐ「名前書き」。
長靴は、3人同じもの。名前書きは、必須です。






12月2日
午前:屋根の雪下ろし






太陽光パネルの雪下ろし









午後:地元の体育館で「運動」
久しぶりに体育館を予約して、運動しました。3~4年ぶりくらいです。



施設の方に、バスケットボールの空気を入れてもらいました。




バスケのトス練習






久しぶりのボールの感触。




2チームに分かれて、ゲーム開始。












バスケの後は、バトミントンを楽しみました。
また運動したいね~。






12月3日
除雪













遠くの「朝日連峰」がきれいに見えました。
13:21
2021/12/06

11月の作業③

| by 管理人
11月24日
除雪



前日に降った“初雪”が15cm程積もって、一面の銀世界…








雪を駐車場真ん中に集めて、ホイールローダーで一気に運んでもらいます。






一列に並んで除雪
この雪景色、4月頃まで続くのかな…。







11月25日
この日も引き続き、除雪作業





“初雪”は、水分をたっぷり含んでいて重いので、
プラスチック製のスコップが折れそうになります…。





食堂の屋根も、長靴が埋まる状態。






自分たちが落ちないように、慎重に雪下ろしします。




屋根から下ろした雪で埋まった「厨房」入口の除雪




テラス出入口も




きれいに除雪出来ました。







11月26日
ヒバリー畑で白菜の収穫



雪に埋もれてはいますが、全く問題なし。







外葉を取り除いて、テラスに置いておきます。






立派な白菜とれました!!







11月27日
除雪作業



この日も積もりました。
例年に比べて、雪が降るのが早いですし、積雪量も多い。







館の“氷柱”おとし
ガラスが破損しないように、落としておきます。




気をつけてね…




物干しざおが役に立ちます。






11月28日
除雪作業 



前日から打って変わって、この晴天!






雪下ろしは思いのほか重労働。けっこう良い運動になります。






11月29日
大根の掘りおこし



大根を埋めてからそう時間は経っていないのですが、さっそく掘りおこすことに。






雪で土の汚れを落としてから、ソリに載せて厨房まで届けました。





その後、駐車場の除雪



気温が上がってきて、雪が解けてきました。






この1週間は、除雪の毎日でした。
10:52
2021/12/03

11月の作業②

| by 管理人
11月12日
薪作業
















11月13日
落ち葉集め①












11月17日
落ち葉集め②










11月18日
三角畑に穴掘り




山荘のすぐ隣の畑に、収穫した「大根」を地中保存する為
穴掘りをしました。







雪が積もると場所がわからなくなるので、棒を立てておきます。
土中だと大根が凍らなくて良いのですが、たまにネズミかモグラ?にかじられることも…。






11月19日
雪囲い準備






補修箇所の確認もしました。






11月20日
福島へ日帰りプチ旅行!
寮生11名+岩川家&スタッフ8名の総勢19名(+犬1匹)。
マイクロバス1台で、行ってきました。


会津の「番匠」さんで、赤べこ絵付け体験をしてきました。








赤べこの由来や絵付けの仕方を説明してもらい、





さっそく絵付け開始!











みんな、それぞれ“個性的”な赤べこ!





楽しい体験が出来ました。ありがとうございました!



昼食は、おなじみ郡山市「ふじみ食堂」さんで。
大盛ラーメンと餃子をいただきました。












みんなお腹いっぱい!(“もう一杯余裕でいける!”という強者もいましたが)
毎回大人数で押しかけ、お騒がせいたしました。
ごちそうさまでした!
10:53
2021/11/25

11月の作業①

| by 管理人
11月4・5日
田んぼへ堆肥まき



















来年も良いお米が収穫出来ますように。





11月7日
夏→冬タイヤ交換
今年は暖かいうちに早めの交換。














この日の夕食は、誕生日会。
“水炊き鍋”にしました。





誕生日を迎えるにあたっての「決意表明」をみんなの前で発表。






和やかな雰囲気でした。




鍋を食べ終わった後は、コストコの巨大ケーキ登場!





11月誕生日の2人。おめでとう!!




かなりボリュームたっぷりなケーキでしたが、皆ペロリとたいらげました。






11月8日
薪作業

釘抜き作業





釘を抜いて、薪ストーブに入る長さに揃えて薪小屋へ収納しました。





11月11日
「久昌寺」さんで座禅



お庭を散策




池に鯉。絵になるお庭でした。





住職さんのお話







座禅する部屋で、説明を聞きました。




座禅、開始。





雑念(?)を払ってもらいました!






こういう時間は、本当に大切ですね。
ありがとうございました。
13:08
2021/11/19

10月の作業③

| by 管理人
10月22日
米運び




稲刈りした米の乾燥が終わりました。
袋詰めをしてもらったので、里まで運びました。





軽トラに積みます。





里の「米倉庫」に搬入しました。





今年の米は、昨年度に比べて3割減…。
お盆の頃の“冷え込み”とイノシシ害が影響したようです。






10月23日
午前:家族にお米を発送











家族に手紙も添えて





発送しました。




午後:ツアーコース下刈り






















10月27日
テラスのビニール張り

















10月28日
うさぎ小屋のビニール張り








屋根の補修











10月29日
テラスビニール張り、続き








冬の準備は着々と進んでいます。
17:03
2021/11/19

10月の作業②

| by 管理人
10月9日
山ぶどう収穫











うさぎのエサやり







近くの牧場から、うさぎ5羽もらいました。
食欲モリモリで、元気いっぱいです!







10月13日
山ぶどうジャム作り




皮と実を分けています。
今年の分は、小瓶6つ…。貴重なジャムとなりました。






10月16日
卓球大会!











優勝者には、ちょっと豪勢な“お菓子”を贈呈しました。






10月17日
誕生日会!
















10月18日
地区の「健康教室」に参加しました。




高齢者の方たちと一緒に。
ちょっと、場違いだった…かな??







体、ほぐしていこう!







足の指を使って、新聞紙を丸めていきます。
これが、なかなか難しい…





地区の方たち、
どうもありがとうございました。






10月21日
薪つくり








解体した家の木材をチェーンソーで切っていきました。





立派な「柱」
薪として、再利用(?)しています。
14:43
12345