表示すべき新着情報はありません。
ログインしていないため表示できません
不登校・引きこもり・ニート・非行からの脱却
自立と就労を支援する共同生活型民間自立支援施設
 家族や身内だけで悩まず、ご相談ください。
TEL 023-679-4005
電話応対時間 8:00~20:00(厳守願います)
 
不登校 • 非行 • ニート引きこもりからの脱却 自立と就労を支援する宿泊型民間自立支援施設
 

トップページ理事長ブログ活動記録写真自立までのプロセスアクセス問い合わせ
トップページ理事長ブログ活動記録写真自立までのプロセスアクセス問い合わせ
 
組織概要
COUNTER383869
連絡先
不登校・引きこもり・ニート・非行からの自立と就労支援団体・フリースクール不登校・引きこもり・ニート・非行からの自立と就労支援団体・フリースクール
特定非営利活動法人
東北青少年自立援助センター

蔵王いこいの里
TEL 023-679-4005
FAX 023-673-2610
 

コラム

2021/4/28
引きこもりやニートの根本的な原因としてストレス耐性も含めた本人の実力不足があります。自立のためには体験を通じて対人関係を築くことのできるスキルと築いた人間関係を続けていくための忍耐力が必要なのです。蔵王いこいの里は共同生活を通じてそうしたスキルを身に付け、社会的に自立できる力を身に付ける支援をしていきます。
2021/4/23
蔵王いこいの里は共同生活によって自立支援を行う支援施設です。これまで850人を超える実績があり、多くの人を自立させてきました。ニートや引きこもりからの自立支援は座学だけではなかなかうまくいかないのが現状です。入寮にあたって不安がある場合にはご依頼いただく前に寮の活動を前もってご覧いただくこともできます。
2021/4/16
現在全国に多くの自立支援施設があります。しかし、その実態が明らかではないものも少なからずあります。蔵王いこいの里ではその活動内容をホームページ上やFACABOOKで掲載しております。またご利用を検討されている場合には見学していただくことも可能です。ニートや引きこもりの問題はご家族だけでは解決が難しいものです。自立支援施設をお探しでしたら蔵王いこいの里にご相談ください。
2021/4/9
人間は年齢が高くなるとそれだけ性格を変えることが難しくなります。それは今までの習慣などから性格が作られているからです。引きこもりやニートの状態というのもその状態が長く続くことによって変化することが難しくなっていきます。蔵王いこいの里は共同生活型の自立支援施設です。共同生活を通じて生活や習慣を変えていき、社会に出ても自立できるよう職員が支援をしていきます。ご家族の引きこもりに悩まれている方はまず見学にいらしてみて下さい。
2021/4/2
自立を支援するためには、自身で行動するよりも難しいことです。本人が自分で行動できるという実感を得るためにはそれだけの時間が必要であり、またそれだけの経験が必要になります。蔵王いこいの里は共同生活を通じて自立を支援していきます。
2021/3/26
蔵王いこいの里は共同生活型の自立支援施設です。自分を律し一人で社会で生きていく力を付けるためには、自分で何かに取り組みながらも、困ったときには適度に手を差し伸べて貰える環境が必要です。当施設ではスタッフが一人ひとりと向き合いながら自立に必要な環境を整えていきます。
2021/3/19
ひきこもりをしている人の5人に4人は、そのままの状態では良くない何ら現状を変えたいと考えているようです。しかし、現行の状態から変わるためには何かを自分で決め、それに向かって物事を進めていかなければなりません。その中で思うように行かないため、さらにひきこもりの生活を続けてしまっているのです。蔵王いこいの里ではひきこもり・ニートの人が自立できるよう共同生活を通じて自立する力を身に付けていく手助けをしていきます。ご家族にひきこもり・ニートの方がいるのであれば、まず私たちの活動を見学にいらしてください。
2021/3/5
ニートや引きこもりの脱却のためには自己肯定感の構築や成功体験の積み重ねが必要になります。何もしていない状態から突然脱却できるというものではありません。蔵王いこいの里では集団生活や集団でのバイト活動を通じて少しずつ成功体験を積み重ねていきます。
2021/2/26
ひきこもりというのは誰にでも起こりうることです。学業や人間関係のつまずきなどから少しずつ内向的になるようになり、気が付けば就労も就学もしていないということもあります。引きこもっている期間が長ければそれだけ回復には時間がかかります。自信を回復し、きちんと規律正しい生活を行うには相応の時間がかかるからです。蔵王いこいの里では共同生活を通じて自立支援を行っております。
2021/2/19
NPO法人東北青少年自立支援センターでは共同生活を通じて自立支援を行っています。全スタッフが寮生ひとりひとりと日々向き合い、生活や外部への集団アルバイトを通じて、自立するために必要な生活能力・モラル・体力などを身に付けていきます。

2021/2/12
2019年の段階で15歳から29歳までの就業・就学・職業訓練をしていない人数はおおよそ38万人だと言われています。そうした状況に対して公的な施策では対応できていないというのが現状です。また、民間の企業に関しても、きちんと自立に向けて活動しているのかを見極めるのは難しいかもしれません。蔵王いこいの里ではその活動をHP、FACEBOOKなどで公開しています。また当施設では入寮希望者の方の見学も受け付けております。実際の自立支援の現場をご覧ください。

2021/2/5
対人関係の問題や学習などのつまづきから自宅に引きこもり、就学もしておらず自活していない方がいらっしゃる家庭もあるのではないでしょうか。受け皿がある状況、引きこもっていても生活が成り立つという状況では自発的にその状況から脱するのは非常に難しいでしょう。蔵王いこいの里では共同生活を通じて自活・自立できる状態を目指します。環境は人を変えます。まずは当ホームページでいこいの里の活動をご覧ください。

2021/1/22

座学も学習のひとつですが、世の中の多くの事柄というのは、実際に体験し身に付けていかなければいけません。人間関係などの社会的なスキルというものも座学では学習することはできず実際に他の人とふれあっていく中ではじめて身に付けることができるのです。蔵王いこいの里は共同生活をしていくなかで社会的に必要な対人スキルや礼儀などを身に付けていきます。引きこもり・ニートなどでお困りの際には蔵王いこいの里にご相談ください。

2021/1/15
NPO法人東北青少年自立支援センター蔵王いこいの里は山形県上山市にある自立支援の施設です。共同生活を通じて真の自立する力を身に付ける支援をしています。共同生活を通じて自立に必要なコミュニケーション能力や自分で自分のことをする能力を身に付けていきます。

2020/12/18
2008年に文部科学書が打ち出した新しい学習要綱には「生きる力」という言葉が含まれています。今日では公的な教育機関でも「生きる力」というものが重視されてきているのです。現代社会では、こう生きていけば確実に安心して生きていけるという道はありません。ひとりひとりが自分の直面する状況に自分の能力で対応していかなければならないのです。蔵王いこいの里では、一人の人間として生きていくために必要な力、コミュニケーション能力や対人ストレスへの耐性などを、集団生活を通じて、そして周辺の方の事業の手伝いをすることによって身に付けていきます。

2020/12/11
「あたりまえ」の感覚というのは人によってそれぞれです。時間5分前に集合するのが当たり前の人もいれば、少しくらいなら遅刻するのが当たり前という人もいるでしょう。しかし、社会生活を営んでいくうえでは、「あたりまえ」の感覚を社会的に標準なものに変えていかなければなりません。蔵王いこいの里では、共同生活を送る中で、仲間や他の大人との交流を通じて社会に通用する「あたりまえ」を構築していきます。

2020/11/13
引きこもりなどからの脱却のために、環境を変えることは重要なことです。蔵王いこいの里は引きこもり、不登校などからの自立を支援するための施設です。そうした施設にお子さんを預けることは不安という方もいらっしゃるかもしれません。蔵王いこいの里はその活動の内容を公表しております。引きこもりなどで困っているけれど、施設が不安という方は、是非一度当施設の活動をご覧になってみてください。

2020/10/2
蔵王いこいの里では発足から35年以上で850人を超える若者を受け入れてきました。不登校や引きこもり、ニートなどと呼ばれる状態からの脱却は本人と家族だけでは難しいというのが現状です。また、カウンセリングのみの対応では難しいというのも事実です。いこいの里では入寮し、共同生活などを通じて自立を行えるだけの体力と精神力を身に付け、社会的な自立ができるよう成長してもらう施設です。

2020/9/18
NPO法人東北青少年自立援助センターでは、引きこもりやニートでお困りの方の自立支援を行っています。共同生活を通じてコミュニケーション能力や社会生活に必要な忍耐力などを身に付けていきます。こうした能力というものはスクーリングなどではなかなか身に付かないものです。根本的な解決のためには体験を通じた能力の向上が必要なのです。

2020/7/10
自立という言葉があります。本当の意味での自立というのは全てのことを自分で行うという意味ではなく、自分でできることは自分でする、自分でできないことは素直に人に頼るということができるという意味でもあります。引きこもりや不登校という状態はこのバランスが取れなくなり自分で全てを抱え込んでしまったため引き起こされることもあります。いこいの里ではこうしたバランス感覚や依頼するためのコミュニケーション能力を、実体験を通じて身に付けていきます。

2020/5/22
引きこもりはその期間が長いほど自立までの時間が長くかかる傾向にあります。当施設では、集団生活を通じて社会的自立の為に必要なストレス耐性と就学、就業にあたって必要な体力を身に付けていきます。引きこもっている期間が短かければそれだけ早期に自立可能となります。何とかしたいと思ったらまず当施設を見学し、実際の支援現場をその目でご覧ください。

2020/4/9
自立をするためには最低限の体力と対人関係における適応力が必要になります。蔵王いこいの里では、集団生活や就労体験を通じて、自らの足で前に進むための生きる力を身に付けることを目標としています。引きこもりからの脱却を本当に望むのであれば、いこいの里に来て、私たちの活動をご自身の目でご確認してください。

2020/3/13
現在は「受容や共感」などを礼賛していることがあります。引きこもりやニートなどの問題を解決するためにはそうした受容や共感だけでは対応できません。本当の支援は本人に自己の状況を見つめ直してもらい、継続的な自立が可能な力を身に付けてもらわなければならないのです。そのために単純に受容だけでなく、外的なストレスに対する耐性なども身に付けていかなければなりません。

2020/2/6
ストレス耐性は現在の日本社会を生きる中で必要不可欠な能力です。そうした能力が低ければ、対人において能力を発揮することはできず、結果として引きこもりやニートなどの状況になってしまいます。対人スキルというのは他人と触れ合う実体験の中からでしか身に付くものではありません。蔵王いこいの里では集団生活を通して円満な人間関係を築くことのできる人格形成を行っていきます。

2020/1/8
現在の日本が抱える大きな社会問題の一つとして、中高年の引きこもりがあります。引きこもりは長期化してしまうと対処が非常に難しい問題です。自己肯定感や他者との関わりというものは、一度失うと再構築するのが難しい要素であるため、早期に若いうちの対応が最も重要になります。その一つの極めて有効な解決方法として共同生活による自立支援施設があります。

2019/12/7
週一程度のカウンセリングで不登校や引きこもり、ニートから脱却できるのであれば、これらの問題が大きな社会問題になることもないでしょう。そうした問題を解決するには日々の生活サイクルの見直しが必要になってきます。環境を大きく変え、自身に向き合うことが不可欠です。蔵王いこいの里は共同生活の中で自分と向き合い、生きる力を身に付ける為の支援をしている施設です。

2019/11/29
長期に渡る引きこもりは、本人だけでなく家族に心身の疲弊を招く可能性もあります。根本的に状況を打開するためには、日々の生活から変えていかなければなりません。そのためには共同生活で自信と生きる力を身に付けていく必要があります。NPO法人東北青少年自立援助センターでは社会的自立ができる力を共同生活<の中で身に付けることを目的として活動をしています。

2019/11/7
社会性の欠如は不登校、引きこもり、ニート、非行などに繋がります。社会性は日々の生活の中で他人との摩擦やトラブルを経験し、それらを乗り越えることによって構築されていきます。不登校、引きこもり、ニート、非行などか脱却し自立をするためには、他者との共同で行う活動が不可欠なのです。蔵王いこいの里は共同生活を通じてそうした社会性を身に付け就労、就学につなげるための支援を目的として活動しています。

2019/10/24
長年の習慣が簡単に修正できないように、長い間社会と接点を持たない状況からの自立は容易ではありません。自立するためには引きこもっていた時間と同等の期間を要する事もあります。不登校・引きこもり・ニート・非行は本人だけでなく家族全体の問題です。わたしたちは共同生活の中でそうした問題からの脱却の支援をしています。

 

活動記録写真

活動記録写真
12345
2021/04/22

4月の作業③

| by 管理人
4月7日
田んぼ水路の泥上げと水路つくり





水路(排水溝)のごみを取り除きました。





落ち葉、大量に溜まっていました。








水の流れをよくしておかないと、下の田んぼにも影響するので念入りに。





里のB水田、水路を作ります。





かなり泥だらけ…





上段の水路から、水が流れてきました。





水路を整備するのはなかなか重労働です…。





4月8日
ヒバリー畑で畝立て





午前中は、電気柵の中で畝立て





だいぶ進みました!





電気柵がない奥の畑は、建設会社さんからいただいた
「木製パレット」を使った柵でまわりを囲っています。
(この柵がないと、イノシシが入りこんで畑を荒らすのです…)





この日は一日ずっと畝立てをしました。






4月11日
ヒバリー畑で作業





奥では、ニンニクと玉ねぎの畝の除草をしています。





もみ殻が撒かれている畝には、小松菜とほうれん草の種を蒔きました。





休憩中





電気柵まわりの除草。



13:10
2021/04/19

4月の作業②

| by 管理人
4月3日
福島へ日帰り「お花見旅行」





昨年は、「花見山」
今年は、初めて「三春の滝桜」を見に行きました。





着いて、いきなりの行列…。
ちょっと“密”になっている!?





一本の桜を見に、駐車場から並んで、体温を測って
ひとり300円の観桜料を払いました。









駐車場からおおよそ30分かかって、ようやくたどり着いた…





滝桜!さすがにきれいでしたよ~





「滝桜」ばかりが注目されていましたが、近くの桜も見事でした。








その後、郡山市の「開成山公園」へ









公園内を散策





ちょうど、満開でした!!








お昼は、ふじみ食堂さんで。








美味しい大盛ラーメンと餃子を毎回ありがとうございます!





次回は、紅葉シーズンにまた伺いたいです!!
10:14
2021/04/15

4月の作業①

| by 管理人
4月2日
畑へ堆肥運びをしました。





3月末のスキー遠征が終わったら、作業は一気に冬から春モードに切り替えです。





一輪車を使って、堆肥を運びます。





堆肥の「山」を切り崩していきます。
畑の半分くらいまでいきました。あともう少し…






小学生2人は、何をしているのかな?
堆肥を広げていってね~。








畑一面運び終わったら、耕運機をかけて、畝をたてる予定です。
今年もおいしい野菜がたくさん出来るといいね!
13:55
2021/04/05

3月の作業③(白馬スキー遠征続き)

| by 管理人
3月27日(スキー遠征2日目)
宿から徒歩7~8分の「白馬八方尾根スキー場」へ。





昨日とは打って変わって、快晴!!





遠くの山々と、町が一望できました。








こういう天気の良い日は滅多にないので、
スキーをバンバン滑るぞと意気込んでいましたが…。

途中から、寮生がひとり行方不明となりまして…
探してみたら、山小屋の食事処の片隅で漫画を読みふけっていた
というハプニングもありました。





みんな待ちぼうけ





昼食を取ったら、さぁ滑りますよ~。





どこのゲレンデも中級~上級コースが多く、滑りがいがありました!






3月28日(遠征3日目)
この日は、あいにくの雨模様。
スキーはやらずに、帰路へ。





宿泊先の「五龍館」さんの前で。





途中のトイレ休憩時に、看板を見つけてしまいました…。





みんな、こういうのが大好きです。





卒寮記念の一枚!!

今回の白馬遠征は、スキーはもちろんのこと
食事はおいしかったですし、空いた時間に宿の周辺を散歩したり、
大いに楽しめた3日間でした。
13:59
2021/04/02

3月の作業②(長野県白馬スキー遠征)

| by 管理人
3月26日
長野県白馬へ2泊3日スキー遠征に行きました。
出発は、早朝(深夜?)3時30分。まだ辺りが暗い中の出発でした。
マイクロバス1台に総勢18名。すぐにスキーが出来るようにみんな
スキーウェアの格好でした。
出発から6時間後、「Hakuba47&白馬五竜スキー場」に到着。







板とストック、靴をバスから下ろしました。








準備完了!





ゴンドラに乗り込みます。





ゴンドラ降り場








リフトに乗って山頂を目指します。





良い景色を眺めるはずが…山頂は、雪。





天気予報では“晴れのち曇り”でしたが、山の天気、変わりすぎ…。









いっこうに雪がやむ気配がないので、早めの14時半に本日のスキーは終了。





宿に入る前に、1998年の長野オリンピックで使われた「ジャンプ台」を見学。





みんなテンションが上がって
記念写真、撮りまくり。














みんなで。





宿は、白馬八方温泉「ホテル五龍館」さん。
部屋割り、スケジュール、施設の使い方などを説明中。





夕食は、一人用鍋と小鉢が席に用意されていて、その他はバイキング形式。








地元産の旬の野菜を使ったお料理で、とても美味しかったです!
16:18
2021/03/31

3月の作業①

| by 管理人
3月1日
池周りの除雪





屋根の雪下ろしも一通り終了。
岩川家自宅そばの“池”まわりの除雪をしました。





雪は、池の中に放っていきます。
積雪は、50~60cm程。





小学生・中学生コンビが頑張っています。





いい笑顔!!





3月5日
薪作業





薪を切る人、運ぶ人、自然と分かれていきます。









薪割り機








チェーンソー
なんか、さまになってきましたね~





3月8日
冬→夏タイヤ交換





あまりに晴天続きで、雪が降る気配がしない…
ということで、アルトとXVの2台のタイヤ交換をしました。












寮生にすべておまかせでも、大丈夫になりましたよ





3月17日
小学校・中学校卒業祝い&卒寮の送別会を行いました。








小学生Tくん。小学校の卒業式(18日)に合わせて、お母さんが来てくれました。
引き続き4月から、山形の中学校に通う予定です。





中学生Tくんも卒業。4月からは、山形の県立高校(通信制)に進学が決まりました!





卒寮が決まったYくん。
9月下旬に入寮。入寮当初は、すったもんだで脱走騒ぎもあったけれど
そこから立ち直り、作業もしっかりこなし、アルバイトもすんなり決まって
アパートも見つけ、あれよあれよと卒寮が決まりました。入寮から半年で卒寮です!





大盤振る舞いのお寿司!!





みんなで、乾杯!





3月24日
ライザでスキー





今シーズンの営業終了は、3月28日になりました。







快晴の中、スキーを楽しみました。
14:33
2021/03/18

2月の作業④

| by 管理人
(25日 蔵王温泉スキー場でスキー)の続き…





午後は、少し晴れ間が出てきました。





山頂付近、霧氷(樹木に付着している氷)がキレイでした。





樹氷原コース









山形市内が、一望!!





蔵王温泉スキー場の名物ゲレンデ!?「横倉のカベ」最大斜度は、38°





挑戦するのは、寮生2人と岩川家長男の3人。





下から見ても圧巻…。
「壁」というネーミングそのままで、しかもかなりデコボコした斜面です。





寮生Nくんは、難なく滑り降りてきました。





岩川家長男、さすがスキー1級の滑りは違うね~。
寮生Mくん、ちょっとへっぴり腰…。





「ありゃ~」





思いのほか「壁」はぶ厚かったらしい。でも、挑戦することは素晴らしい!!
来年、リベンジだね。





いろいろなコースをまわりました。









スキーを大いに満喫した一日でした。
13:49
2021/03/18

2月の作業③

| by 管理人
25日 
蔵王温泉スキー場へ行ってきました。
3月下旬に予定しているスキー遠征の「予行練習」も兼ねています。





天気予報では晴れでしたが、曇り。雨や吹雪でないだけ、良かった。





まず山頂を目指して、ロープウェイに乗ります。










山頂の「お地蔵さん」の前で。強風で、寒い…
樹氷は融けてしまったらしく、見られなかったのが残念。









早々に「上級コース」を滑ってみました。





全員が滑ってくるまで、待ちます。





国体で使ったコースへも行ってみました。
前日の雨もあって、斜面はアイスバーン…
エッジが効かず苦戦しましたが、みんな転ばずに滑れましたよ!









スキー場内に大露天風呂(冬期は閉鎖中)があって、その脇の橋を通ります。









温泉がこんこんと湧き出ていました。硫黄の香りが、辺りに漂う…





昼食は、理事長の知り合いの方が経営している「ロッジイザワ」さんで。





カレーに、ラーメン!





サービスでココナッツマカロン2袋いただきました。
ありがとうございました!
10:32
2021/02/24

2月の作業②

| by 管理人
2月17日

小学6年生の帰りを待って、4時30分からは「学習の時間」として、
食堂で勉強会をやっています。








対象者は、中学生1人と小学生2人。





中学生は、高校受験対策として小論文の書き方等を教わっています。





小学生は、学校の宿題&自主学習でドリルの勉強をしています。


「学習の時間」というくくりを作ると、不思議と勉強が進みます。
ひとりきりより、みんなで一緒にやるとやる気も持続しやすいのかな。
良いことです。この調子で頑張りましょう!!






2月22日
猿倉スキー場で、高校のスキー新人大会の旗門審判をしました。
この日は、月1回の病院受診日だったので、受診していない寮生4名とスタッフ1名
の計5名でした。








開会式









旗門審判の他、コース整備をしました。











ポール設置のお手伝いもしました。






2月23日
猿倉カップ 第3戦出場!(最終戦)





滑り終わって、ゴール付近でみんなを待ちます。









表彰式の様子






目指していた全員完走はできませんでした…。
下から数えた方が早い順位ではありましたが、何より参加することに意義がありますし、
今回は寮生全員揃ってスキーが出来て(今までスキーも作業もボイコットしていた寮生が
ようやく出てきました。)本当に良かったです!
14:35
2021/02/22

2月の作業①

| by 管理人
2月5~7日
冬期保護者会を開催しました。





5日、夕食の懇親会(山菜鍋)の様子です。


今回は緊急事態宣言発令中の為、保護者の参加は5組のみ。
面談や親子での話し合いのほか、部屋の掃除や整理整頓をやってもらいました。
Tくんのご両親には、“かなり手強い”館の居間&トイレを1時間半以上かけて
掃除してもらい、大変助かりました。ありがとうございます。
(この状態をキープ出来るよう頑張ります。)




2月11日
猿倉カップ 第2戦出場!








受付でゼッケンをもらい、自分たちの順番を確認します。





スタート位置に集合





余裕の笑顔ですね。

結果は、11人中8人完走。
第3戦(2月23日)は、全員完走を目指します!





2月14日
猿倉スキー場にて、スキー検定(バッヂテスト)









一般の方達とともに、受ける級ごとに集まりました。





こちらは3・4級受験組。いこいの里メンバーのみでした。





1・2級受験組。緊張の面持ち…








3・4級は、講習を受けながらその滑りで合否を判定するという形でした。





1・2級は、事前講習会があってその後検定という流れでした。





結果を待ちます。


結果は
4級 2名とも合格!
3級 5名合格!  1名不合格
2級 1名合格!  1名不合格
1級 1名不合格












検定員の方から、合格者には賞状が渡され合格不合格にかかわらず、
一人一人にアドバイスをいただきました。
ありがとうございます。


次回のバッヂテストは、3月21日。
不合格だった寮生は、リベンジならぬ再チャレンジ頑張ります!
13:06
12345