表示すべき新着情報はありません。
ログインしていないため表示できません
不登校・引きこもり・ニート・非行からの脱却
自立と就労を支援する共同生活型民間自立支援施設
 家族や身内だけで悩まず、ご相談ください。
TEL 023-679-4005
電話応対時間 8:00~20:00(厳守願います)
 
不登校 • 非行 • ニート引きこもりからの脱却 自立と就労を支援する宿泊型民間自立支援施設
 

トップページ理事長ブログ活動記録写真自立までのプロセスアクセス問い合わせ
トップページ理事長ブログ活動記録写真自立までのプロセスアクセス問い合わせ
 
組織概要
COUNTER411081
連絡先
不登校・引きこもり・ニート・非行からの自立と就労支援団体・フリースクール不登校・引きこもり・ニート・非行からの自立と就労支援団体・フリースクール
特定非営利活動法人
東北青少年自立援助センター

蔵王いこいの里
TEL 023-679-4005
FAX 023-673-2610
 

コラム

2021/7/30
ひきこもりという環境は他の人が思っているよりも体力の低下を促します。体力が低下すればそれだけ学校や会社に定期的に通うことを難しくします。蔵王いこいの里は座学などでは補うことができない活動する体力を、共同作業やスポーツをすることによって身に付け、自立する支援をしていきます。
2021/7/21
内閣府の調べによると2019年の段階で引きこもり状態にある人の全国の推計は115万人にも及ぶそうです。多くの引きこもり状態にある人は本人や家族だけで解決するのは難しいという現状があります。しかし民間施設の中にはいまだに強引に本人を部屋から連れ出し無理やり施設に収容するというところもあります。蔵王いこいの里では共同生活を通じて自立支援を行う施設です。共同生活や周辺施設のお手伝いなどを通じて自身で生きていく力を身に付ける手伝いをしています。どのような支援をしているかはホームページの中でも掲載しています。また実際に見学に来ていただくこともできます。
2021/7/16
蔵王いこいの里はNPO法人東北青少年自立援助センターの民間自立支援施設です。引きこもりの方の多くは生活時間が通常の社会生活を営んでいる人とはズレてしまっていることが多くあります。それは学校や会社などの毎日ルーティンとして行わなければならないことがなく、生活のリズムを整えることが難しいからです。蔵王いこいの里では生活習慣を整え自己管理ができるよう共同生活を通じて支援しています。
2021/7/9
引きこもりという状態の問題点は、その状態が続くことによって徐々に社会的繋がりやコミュニケーション能力が失われていくことにあります。一度完全に社会的繋がりが失われてしまうと自立していくことは非常に難しくなります。蔵王いこいの里では共同生活を通じてコミュニケーション能力や人との繋がり方を身に付け、本当の意味での生きる力を身に付ける支援をしていきます。
2021/7/2
毎日決まった時間に出かける場所がないという状況は少しずつ生活のリズムを狂わせてしまいます。一旦生活のリズムが狂ってしまうと自身で修正するのは非常に困難です。健全な社会生活を営むためには規則正しい生活が不可欠です。蔵王いこいの里では共同生活を通じて自立する力を身に付けるための支援を行っています。
2021/6/25
引きこもり、ニート、不登校、非行は根本的な解決をしなければ解決することはできません。多くの場合悩み続けても解決にはいたらず長期化することで更に解決が難しくなっていくのです。NPO法人東北青少年自立援助センター蔵王いこいの里では、寮での共同生活を通じて本当の自立するための力を身に付ける支援をしていきます。
2021/6/18
本当の意味での自立のためには、本人や家族の気持ちだけでは足りないものがあります。それは自立するために必要な対人面での能力や体力、実務を行うための能力などの生きるための力が必要になるのです。蔵王いこいの里では共同生活や周辺の施設の手伝いなどを通じて社会的な能力を身に付け、本当の意味での社会に通用する生きる力を身に付ける支援をしています。
2021/6/11
ひきこもりの状態が長く続いている場合、家族と同様に本人もその現状に悩んでいる事が多くあります。しかしひきこもりの現状から自身で変化をし、社会と繋がりを得ることは非常に難しいという現状もあります。蔵王いこいの里では共同生活を通じて社会との繋がり方を身に付け、本当の意味での自立する力を得るためのお手伝いをしていきます。
2021/6/4
引きこもりとは社会に参加してない状態を示します。いったん引きこもりの状態になると社会的な繋がりがなくなるためその状態を脱するのが難しくなるということがあります。その状態を脱するためには生活の環境を大きく変える必要があります。蔵王いこいの里は共同生活を通じて引きこもりからの自立支援を行う施設です。ご家族に引きこもりの方がいらっしゃる場合にはご相談ください。
2021/5/28
学校や職場など通うところのない状態で規則正しい生活を送ることは非常に難しいことでもあります。そのため、自宅では引きこもりからの自立が難しくなってしまっているということもあるでしょう。蔵王いこいの里では共同生活を通じて自立の支援を行っています。自宅ではなく寮で他の人とともに生活をすることで生活のリズムを整えることができます。
2021/5/21
生活のリズムというのはなかなか自分では変化させるのが難しく、そのリズムが一度定着してしまうと自身ではなかなか変えにくいという特徴があります。引きこもりの状態というのも自身ではなかなか脱却しにくいものです。蔵王いこいの里では共同生活を通じて、修学・就職が可能な生活習慣と生きる力を身に付けていきます。ご家族に自立を望むのであれば、ぜひ蔵王いこいの里にご相談ください。
2021/5/12
ひきこもりに対する自立支援に関しては国単位でも平成21年ごろから少しずつ対策がなされていますが、支援センターなどからアドバイスを行うなどのサポートを行っているだけというのが現状です。蔵王いこいの里はNPO法人東北青少年自立援助センターによって運営されている共同生活型の民間自立援助支援施設です。ひきこもり、ニートなどでお困りの際にはご家族だけで悩まずご相談ください。
2021/4/28
引きこもりやニートの根本的な原因としてストレス耐性も含めた本人の実力不足があります。自立のためには体験を通じて対人関係を築くことのできるスキルと築いた人間関係を続けていくための忍耐力が必要なのです。蔵王いこいの里は共同生活を通じてそうしたスキルを身に付け、社会的に自立できる力を身に付ける支援をしていきます。
2021/4/23
蔵王いこいの里は共同生活によって自立支援を行う支援施設です。これまで850人を超える実績があり、多くの人を自立させてきました。ニートや引きこもりからの自立支援は座学だけではなかなかうまくいかないのが現状です。入寮にあたって不安がある場合にはご依頼いただく前に寮の活動を前もってご覧いただくこともできます。
2021/4/16
現在全国に多くの自立支援施設があります。しかし、その実態が明らかではないものも少なからずあります。蔵王いこいの里ではその活動内容をホームページ上やFACABOOKで掲載しております。またご利用を検討されている場合には見学していただくことも可能です。ニートや引きこもりの問題はご家族だけでは解決が難しいものです。自立支援施設をお探しでしたら蔵王いこいの里にご相談ください。
2021/4/9
人間は年齢が高くなるとそれだけ性格を変えることが難しくなります。それは今までの習慣などから性格が作られているからです。引きこもりやニートの状態というのもその状態が長く続くことによって変化することが難しくなっていきます。蔵王いこいの里は共同生活型の自立支援施設です。共同生活を通じて生活や習慣を変えていき、社会に出ても自立できるよう職員が支援をしていきます。ご家族の引きこもりに悩まれている方はまず見学にいらしてみて下さい。
2021/4/2
自立を支援するためには、自身で行動するよりも難しいことです。本人が自分で行動できるという実感を得るためにはそれだけの時間が必要であり、またそれだけの経験が必要になります。蔵王いこいの里は共同生活を通じて自立を支援していきます。
2021/3/26
蔵王いこいの里は共同生活型の自立支援施設です。自分を律し一人で社会で生きていく力を付けるためには、自分で何かに取り組みながらも、困ったときには適度に手を差し伸べて貰える環境が必要です。当施設ではスタッフが一人ひとりと向き合いながら自立に必要な環境を整えていきます。
2021/3/19
ひきこもりをしている人の5人に4人は、そのままの状態では良くない何ら現状を変えたいと考えているようです。しかし、現行の状態から変わるためには何かを自分で決め、それに向かって物事を進めていかなければなりません。その中で思うように行かないため、さらにひきこもりの生活を続けてしまっているのです。蔵王いこいの里ではひきこもり・ニートの人が自立できるよう共同生活を通じて自立する力を身に付けていく手助けをしていきます。ご家族にひきこもり・ニートの方がいるのであれば、まず私たちの活動を見学にいらしてください。
2021/3/5
ニートや引きこもりの脱却のためには自己肯定感の構築や成功体験の積み重ねが必要になります。何もしていない状態から突然脱却できるというものではありません。蔵王いこいの里では集団生活や集団でのバイト活動を通じて少しずつ成功体験を積み重ねていきます。
2021/2/26
ひきこもりというのは誰にでも起こりうることです。学業や人間関係のつまずきなどから少しずつ内向的になるようになり、気が付けば就労も就学もしていないということもあります。引きこもっている期間が長ければそれだけ回復には時間がかかります。自信を回復し、きちんと規律正しい生活を行うには相応の時間がかかるからです。蔵王いこいの里では共同生活を通じて自立支援を行っております。
2021/2/19
NPO法人東北青少年自立支援センターでは共同生活を通じて自立支援を行っています。全スタッフが寮生ひとりひとりと日々向き合い、生活や外部への集団アルバイトを通じて、自立するために必要な生活能力・モラル・体力などを身に付けていきます。

2021/2/12
2019年の段階で15歳から29歳までの就業・就学・職業訓練をしていない人数はおおよそ38万人だと言われています。そうした状況に対して公的な施策では対応できていないというのが現状です。また、民間の企業に関しても、きちんと自立に向けて活動しているのかを見極めるのは難しいかもしれません。蔵王いこいの里ではその活動をHP、FACEBOOKなどで公開しています。また当施設では入寮希望者の方の見学も受け付けております。実際の自立支援の現場をご覧ください。

2021/2/5
対人関係の問題や学習などのつまづきから自宅に引きこもり、就学もしておらず自活していない方がいらっしゃる家庭もあるのではないでしょうか。受け皿がある状況、引きこもっていても生活が成り立つという状況では自発的にその状況から脱するのは非常に難しいでしょう。蔵王いこいの里では共同生活を通じて自活・自立できる状態を目指します。環境は人を変えます。まずは当ホームページでいこいの里の活動をご覧ください。

2020/12/18
2008年に文部科学書が打ち出した新しい学習要綱には「生きる力」という言葉が含まれています。今日では公的な教育機関でも「生きる力」というものが重視されてきているのです。現代社会では、こう生きていけば確実に安心して生きていけるという道はありません。ひとりひとりが自分の直面する状況に自分の能力で対応していかなければならないのです。蔵王いこいの里では、一人の人間として生きていくために必要な力、コミュニケーション能力や対人ストレスへの耐性などを、集団生活を通じて、そして周辺の方の事業の手伝いをすることによって身に付けていきます。

2020/11/13
引きこもりなどからの脱却のために、環境を変えることは重要なことです。蔵王いこいの里は引きこもり、不登校などからの自立を支援するための施設です。そうした施設にお子さんを預けることは不安という方もいらっしゃるかもしれません。蔵王いこいの里はその活動の内容を公表しております。引きこもりなどで困っているけれど、施設が不安という方は、是非一度当施設の活動をご覧になってみてください。

 

活動記録写真

活動記録写真
12345
2021/07/22

7月の作業④

| by 管理人
7月9日 
上野原田んぼの電気柵立て





部品組み立て



電気柵設置

















7月12日
上野原田んぼの電気柵 続き…













7月14日
カタカリ田んぼ内の雑草取り












7月15日
ヒバリー畑での雑草取り












 
トマトの誘引



電気柵の補修



野菜収穫






15:15
2021/07/15

7月の作業③

| by 管理人
7月5日
カタカリ田んぼ周辺の草刈り




























7月7日
ヒバリー畑で収穫



キュウリ収穫



カブ収穫










7月8日
カタカリ田んぼの雑草取り














13:47
2021/07/12

7月の作業②

| by 管理人
7月4日
上山市体育文化センターにてシート張り 





寮生7名、スタッフ1名の計8名で、
ワクチン接種会場となる体育館にシートを張っていく仕事をしました。























緑のシートを敷いたら、養生テープで止めていきます。





2人一組でテープ張り











ズレや隙間がないようにシートを押さえながら…





みんなの頑張りが良かったのか、午前中のうちに終了!





シート張り終了後、仕事を依頼してくれた方のご厚意で
昼食をごちそうになりました。











まさかのごちそうに皆大喜び!ありがとうございました!!

7月30日、シート撤収作業予定です。
13:13
2021/07/05

7月の作業①

| by 管理人
7月1日
午前:カタカリ11番水田 雑草取り&草刈り












午後:ヒバリー畑での作業

作業道具等が置いてある「車庫」周辺の草刈り





トマトのわき芽かき












7月2日
上野原C水田 雑草取り&草刈り



















7月3日
午前:上野原C水田 雑草取り














昼休み:野球(キャッチボール)






里の近くの空き地にて。
作業ではなく、自由参加。
時々こうして野球を楽しんだりしています。




午後:ヒバリー畑 草刈&草取り






ひたすら、田んぼと畑の“雑草”と格闘の日々です。
09:24
2021/07/01

6月の作業⑥

| by 管理人
6月28日
午前:田んぼでの作業








田んぼ内の草とり

水路から水を取り入れている側に植えている稲の生長は遅く、
雑草と区別がしにくくなっています…。
(水の冷たさで、生長が鈍るらしい)





逆側は稲が濃い緑になっています。順調な成長ぶり!













周辺の草刈りもしました。








斜め部分も。草刈り機の扱いも慣れてきました。






午後:畑での作業





「そら豆」と「つるなしインゲン」の畝の雑草取りをしました。





作業終了間際、キュウリの収穫。
他の夏野菜(トマト、なす、ピーマン)も大きくなりました。
収穫は、もうすぐです。







ちょっと曲がっていますね…

収穫したばかりのキュウリは、その日の夕飯に“味噌マヨネーズ”をディップしていただきました。
形は少々いびつでしたが、味は最高でした!!


13:36
2021/06/28

6月の作業⑤

| by 管理人
6月25日
ヒバリー畑で「玉ねぎ」収穫

















白玉ねぎと赤玉ねぎ
今年は立派なのが収穫できました!!







6月26日
午前:フキの皮むき





フキがスーパーで安く売っていたので、買ってきて、
茹でたものを皮むきしました。




午後:ヒバリー畑で収穫





にんにく収穫。
玉ねぎに続き、大きなのがとれました。







小松菜収穫。
雑草に埋もれていましたが、こちらも大きく育ってくれました。
(とるのが遅くなり、ちょっと育ち過ぎた…)
虫食いだらけの葉が美味しい証拠!?








6月27日
午前:田んぼの草取り











稲の生長とともに、雑草も成長。
勢いがすごい…。





午後:ヨモギ収穫&袋詰め





ヨモギ収穫最終日。
来年もいっぱい収穫したいと思います!
10:05
2021/06/17

6月の作業④

| by 管理人
6月14日
午前:山菜「赤みず」採り





最初に赤みずの採り方を説明。





毎年採る場所は同じ。
杉林の湿っぽいところによく生えています。











1時間採って、けっこうな量になりました。








赤みず40~50本ずつをビニールテープで束ねて、そのまま塩漬け。





樽2つ分出来ました。
ウド、フキ、わらび、今回の赤みずで、今年分の山菜塩漬は完了です。
(山菜塩漬は、宿泊客用の「山菜鍋」や「山菜ピザ」の時に塩抜きして使っています。)






午後:田んぼの除草








小さい雑草は、田んぼ専用除草機で。




草取りと補植、同時進行しています。
13:23
2021/06/14

6月の作業③

| by 管理人
6月12日
蔵王沢でウド採り































































15:55
2021/06/13

6月の作業②

| by 管理人
6月9日
午前:稲の苗箱を農協さんへ返却










注文した苗箱は全部で220枚。数はちゃんと合ったかな。





午後:ヨモギ収穫~袋詰め



















ヨモギは田んぼ周辺にいっぱい生えていて、てっぺんの柔らかい新芽だけを集めています。
















収穫したヨモギはブルーシートの上に集めて、水をかけてから袋詰めします。
水をかけるのは乾燥を防ぐ為。袋に詰める量は、一袋5.5キログラム。
今回は、13袋出来ました。







6月10日
果樹園白雲さんのお手伝い

























今回は朝日町のりんご園での草刈りを中心に、切り落とした木を集めたりしました。
この日は、夏日で気温は30℃以上。体感は35℃くらいでしょうか…。
水分補給用に持って行った麦茶ジャグでは足りず、白雲のスタッフさんにひとり一本
ペットボトル飲料をごちそうになり、大変助かりました!
ありがとうございました。









6月11日
草刈り作業






















知り合いの建設会社さんからの依頼で、草刈り作業を行いました。
連日の暑さの中、みんな頑張りました。
14:41
2021/06/12

6月の作業①

| by 管理人
5月中旬からデジカメの調子がおかしくなり、
5月下旬からの写真撮影はしていませんでした…。
大変申し訳ございません。


6月2日
午前:稲用プールの後片付け









稲が乾燥しないようブルーシートでプールを作り、そこに水を入れて稲を浸しておきました。





「ふき」採り












カタカリ田んぼ脇にかなり大きな「ふき」があったので、みんなで採りました。
稲刈り用鎌を使って、根元から刈って葉は落とします。
採ったふきは茹でて皮をむき、塩漬けに。
ちえさんが甘辛煮の「きゃらぶき」にしてくれて、美味しくいただきました。






山菜塩漬け用の樽洗い






数年前からある塩漬け山菜をまとめたり、処分しました。
樽や重石、中ぶたなど一気に全部洗いました。





稲用プールに使用したブルーシート洗い







午後:ヨモギ収穫









ヨモギ収穫では、ひとりコンテナ3箱分が“ノルマ”
達成できたかな??
週に2回、袋に詰めて出荷。食品会社さんに引き取ってもらっています。
6月だけの期間限定アルバイト(?)。




6月3日
カタカリ田んぼの補植






田植え機が植えられなかった四隅や、隙間があいたところは人の手で植えています。






6月7日
午前:田んぼの草刈り















平らなところの草刈りはいいのですが、斜面はなかなか難しい…。
何回もやっていくうちにうまく出来るように…なったかな??





午後:田んぼ電気柵設置

















イノシシ対策の電気柵。効果はありますが、ジャンプされたらどうしようもない…。
12:48
12345