表示すべき新着情報はありません。
ログインしていないため表示できません
不登校・引きこもり・ニート・非行からの脱却
自立と就労を支援する共同生活型民間自立支援施設
 家族や身内だけで悩まず、ご相談ください。
TEL 023-679-4005
電話応対時間 8:00~20:00(厳守願います)
 
不登校 • 非行 • ニート引きこもりからの脱却 自立と就労を支援する宿泊型民間自立支援施設
 

トップページ理事長ブログ活動記録写真自立までのプロセスアクセス問い合わせ
トップページ理事長ブログ活動記録写真自立までのプロセスアクセス問い合わせ
 
組織概要
COUNTER343115
連絡先
不登校・引きこもり・ニート・非行からの自立と就労支援団体・フリースクール不登校・引きこもり・ニート・非行からの自立と就労支援団体・フリースクール
特定非営利活動法人
東北青少年自立援助センター

蔵王いこいの里
TEL 023-679-4005
FAX 023-673-2610
 

コラム

2020/11/27
ずっと自宅から出ず、心配になる我が
子に変わってほしいと保護者の方も多
くいらっしゃるはずです。また、本人
としても変わりたい、きちんと社会生
活を営みたいと思っている人もたくさ
んいるでしょう。東北青少年自立援助
施設はそうした方たちの自立を支援す
るための施設です。共同生活を通じて
本当に自立できる力を身に付けていき
ます。
2020/11/20
引きこもりや不登校、ニートからの自
立に共同生活型の施設が有効な理由は
大きく分けて二つあります。ひとつは
自宅という環境から足を踏み出せるこ
と。環境を変え、家族に頼れない状況
を作ることによって、自立を促すこと
ができます。また、他の入寮者と共に
行動したり、近隣の業者の手伝いをし
たりすることによって他の人との交流
を持ち、コミュニケーション能力を構
築していくことができるからです。
2020/11/13
引きこもりなどからの脱却のために、
環境を変えることは重要なことです。
蔵王いこいの里は引きこもり、不登校
などからの自立を支援するための施設
です。そうした施設にお子さんを
預けることは不安という方もいらっし
ゃるかもしれません。蔵王いこいの里
はその活動の内容を公表しておりま
す。引きこもりなどで困っているけれ
ど、施設が不安という方は、是非一度
当施設の活動をご覧になってみてくだ
さい。
2020/11/06
蔵王いこいの里はこれまでの35年間、
全国から多くの寮生を受け入れてきま
した。不登校や引きこもり、ニートな
どの問題というのは場所、時代を問わ
ず起こってきた問題だからです。
自立に向けて、いこいの里では基礎的
な生活を行うことができる訓練から、
自信の回復、そして就労体験や自身の
立てた目標の達成をしていきます。
2020/11/06
蔵王いこいの里はこれまでの35年間、
全国から多くの寮生を受け入れてきま
した。不登校や引きこもり、ニートな
どの問題というのは場所、時代を問わ
ず起こってきた問題だからです。
自立に向けて、いこいの里では基礎的
な生活を行うことができる訓練から、
自信の回復、そして就労体験や自身の
立てた目標の達成をしていきます。
2020/10/30
生活サイクルの乱れは不登校や引きこ
もりなどを引き起こす可能性がありま
す。ひとつのパターンとして、夏休み
や冬休みなどの長期休暇の際に生活サ
イクルが乱れてしまい、朝起きれず学
校に行けなくなってしまうというもの
があります。蔵王いこいの里では共同
生活を通じて規則正しい生活と社会生
活が可能な体力、常識、モラルを身に
付けます。
2020/10/23
不登校や引きこもりの問題というの
は、簡単に解決できるものではありま
せん。現状を変え、本人が自立可能な
能力を身に付けなければ根本的な解決
はできません。蔵王いこいの里では寮
生やスタッフとの共同生活を通じて自
立に必要な対人能力や体力などを付け
ていきます。
2020/10/16
自分の子どもが不登校や引きこもりで
家から出ずお悩みの方もいらっしゃる
でしょう。多くの場合は、家族だけで
こうした状況を解決するのは難しく、
フリースクールやカウンセリングなど
を利用しているでしょう。蔵王いこい
の里は共同生活による自立支援施設で
す。35年に渡って若者の自立を支援し
てきました。共同生活や活動を通じて
自立する力を身に付けていくことを目
的として活動をしています。
2020/10/9
蔵王いこいの里は不登校や引きこもり
の方の自立支援施設です。中規模の施
設で原則25人程度までの対応をしてい
ます。他の施設ではうまくいかなかっ
た方が当施設に来ることもしばしばあ
ります。まずはご連絡をいただき生の
支援現場を見学してみてください。現
行の支援施設ではできなかった支援が
行われているはずです。
2020/10/2
蔵王いこいの里では発足から35年以上
で850人を超える若者を受け入れてき
ました。不登校や引きこもり、ニート
などと呼ばれる状態からの脱却は本人
と家族だけでは難しいというのが現状
です。また、カウンセリングのみの対
応では難しいというのも事実です。い
こいの里では入寮し、共同生活などを
通じて自立を行えるだけの体力と精神
力を身に付け、社会的な自立ができる
よう成長してもらう施設です。
2020/9/18
NPO法人東北青少年自立援助センター
では、引きこもりやニートでお困りの
方の自立支援を行っています。共同生
活を通じてコミュニケーション能力や
社会生活に必要な忍耐力などを身に付
けていきます。こうした能力というも
のはスクーリングなどではなかなか身
に付かないものです。根本的な解決の
ためには体験を通じた能力の向上が必
要なのです。
2020/9/5
人間には、現行から変わろうとするよ
りも現状に留まろうとする力の方が強
く働きます。不登校や引きこもりとい
う状況に陥ってしまうと少しずつその
現状を当たり前のものとして受け入れ
てしまうことになります。時間が経過
すればするほどそれが当たり前のもの
になってしまうため、脱却が困難にな
ってしまうのです。
蔵王いこいの里はNPO東北青少年自立
援助センターが運営する自立支援施設
です。共同生活を送ることによって現
状から変わろうという力を引き出しま
す。
2020/8/28
「引きこもり」というのは、単純に自
宅に閉じこもって出てこない状態を示
すのではなく、自宅から出ていたとし
ても家族以外の人との交流がほとんど
なく社会との接点が希薄で、対人スキ
ルの適応レベルが極めて低い状態で
す。こうした状況を脱するためには、
家族の協力、本人の自覚、そして適切
な人との交流が必要になります。蔵王
いこいの里では、集団生活を通じて人
との交流、そして社会に復帰するのに
必要な能力を身に付けていきます。
2020/8/21
何かに強く依存してしまうという事が
あると、そこからどんどんと自制心が
弱くなり結果として引きこもってしま
うという状態に陥りがちです。小さな
生活習慣の乱れであってもそれがきっ
かけになる事もあるのです。そうした
状況を変えるには生活環境を大幅に変
えるしかありません。蔵王いこいの里
は共同生活による自立支援施設です。
入寮し共同生活を経験するなかでそう
した自制心や規範意識などが身に付き
成長する事が出来ます。
2020/7/15
「あたりまえ」というものは人によっ
て違うものです。しかし、一般的な社
会生活を行うためには社会人として適
切な「あたりまえ」を身に付ける必要
があります。蔵王いこいの里では共同
生活の実践を通じて規則正しい生活サ
イクルや自己管理の習慣付け、忍耐力
の醸成など社会人としての「あたりま
え」を身に付けていきます。
2020/7/10
自立という言葉があります。本当の意
味での自立というのは全てのことを自
分で行うという意味ではなく、自分で
きることは自分でする、自分でできな
いことは素直に人に頼るということが
できるという意味でもあります。引き
こもりや不登校という状態はこのバラ
ンスが取れなくなり自分で全てを抱え
込んでしまったため引き起こされるこ
ともあります。いこいの里ではこうし
たバランス感覚や依頼するためのコミ
ュニケーション能力を、実体験を通じ
て身に付けていきます。
2020/6/18
蔵王いこいの里では、単純に寮内で生
活するだけでなく、外部で集団アルバ
イトをすることによって社会人として
必要なマナーや知識、常識などを身に
付けていきます。また働く体験をする
ことによって自分の行動に対する責任
を感じるようにしていきます。
2020/6/5
生き物にはコンフォートゾーンという
ものがあります。これは長い経験で繰
り返された経験の中で快適に感じるゾ
ーンがあります。このコンフォートゾ
ーンというのはそこから繰り返し飛び
出すことによって少しずつ広がってい
きます。つまり、新しい経験をするこ
とによって外に飛び出すことができる
のです。引きこもりやニートなどの場
合、自宅や自室がコンフォートゾーン
になってしまっている可能性がありま
す。
2020/5/22
引きこもりはその期間が長いほど自立
までの時間が長くかかる傾向にありま
す。当施設では、集団生活を通じて社
会的自立の為に必要なストレス耐性と
就学、就業にあたって必要な体力を身
に付けていきます。引きこもっている
期間が短かければそれだけ早期に自立
可能となります。何とかしたいと思っ
たらまず当施設を見学し、実際の支援
現場をその目でご覧ください。
2020/4/9
自立をするためには最低限の体力と対
人関係における適応力が必要になりま
す。蔵王いこいの里では、集団生活や
就労体験を通じて、自らの足で前に進
むための生きる力を身に付けることを
目標としています。引きこもりからの
脱却を本当に望むのであれば、いこい
の里に来て、私たちの活動をご自身の
目でご確認してください。
2020/3/13
現在は「受容や共感」などを礼賛して
いることがあります。引きこもりやニ
ートなどの問題を解決するためにはそ
うした受容や共感だけでは対応できま
せん。本当の支援は本人に自己の状況
を見つめ直してもらい、継続的な自立
が可能な力を身に付けてもらわなけれ
ばならないのです。そのために単純に
受容だけでなく、外的なストレスに対
する耐性なども身に付けていかなけれ
ばなりません。
2020/2/28
共同生活型自立支援施設には様々な施
設があります。子どもを預けるのに本
当に信頼に足るのか、施設内でどのよ
うな活動をしているのか、など心配に
なるでしょう。ましてや引きこもって
いたお子さんを預けるのであれば当然
のことです。まずは生の現場を見学し
てください。寮生の普段の様子を見る
ことによってその具体的な支援の状況
が確認できるはずです。
2020/2/6
ストレス耐性は現在の日本社会を生き
る中で必要不可欠な能力です。そうし
た能力が低ければ、対人において能力
を発揮することはできず、結果として
引きこもりやニートなどの状況になっ
てしまいます。対人スキルというのは
他人と触れ合う実体験の中からでしか
身に付くものではありません。蔵王い
こいの里では集団生活を通して円満な
人間関係を築くことのできる人格形成
を行っていきます。
2020/1/8
現在の日本が抱える大きな社会問題の
一つとして、中高年の引きこもりがあ
ります。引きこもりは長期化してしま
うと対処が非常に難しい問題です。自
己肯定感や他者との関わりというもの
は、一度失うと再構築するのが難しい
要素であるため、早期に若いうちの対
応が最も重要になります。その一つの
極めて有効な解決方法として共同生活
による自立支援施設があります。
2019/12/20
ニートや引きこもりの自立支援施設の
中には、拉致同然で強引に当事者を連
れ出した上、高額な費用を請求し外部
に連絡できない状態で軟禁するだけの
悪質な業者もいます。最も確実なのは
その支援の手法を見学させてもらうこ
とです。
親元を離れた生活には抵抗があるかも
しれません。しかし、一度蔵王いこい
の里の現場を見てもらえれば、納得の
できる支援の形をご理解頂けるはずで
す。
2019/12/7
週一程度のカウンセリングで不登校や
引きこもり、ニートから脱却できるの
であれば、これらの問題が大きな社会
問題になることもないでしょう。
そうした問題を解決するには日々の生
活サイクルの見直しが必要になってき
ます。
環境を大きく変え、自身に向き合うこ
とが不可欠です。蔵王いこいの里は共
同生活の中で自分と向き合い、生きる
力を身に付ける為の支援をしている施
設です。
2019/11/29
長期に渡る引きこもりは、本人だけで
なく家族に心身の疲弊を招く可能性も
あります。根本的に状況を打開するた
めには、日々の生活から変えていかな
ければなりません。そのためには共同
生活で自信と生きる力を身に付けてい
く必要があります。
NPO法人東北青少年自立援助センター
では社会的自立ができる力を共同生活
の中で身に付けることを目的として活
動をしています。
2019/11/7
社会性の欠如は不登校、引きこもり、
ニート、非行などに繋がります。社会
性は日々の生活の中で他人との摩擦や
トラブルを経験し、それらを乗り越え
ることによって構築されていきます。
不登校、引きこもり、ニート、非行な
どか脱却し自立をするためには、
他者との共同で行う活動が不可欠なの
です。蔵王いこいの里は共同生活を
通じてそうした社会性を身に付け就労、
就学につなげるための支援を目的とし
て活動しています。
2019/10/24
長年の習慣が簡単に修正できないよう
に、長い間社会と接点を持たない状況
からの自立は容易ではありません。自
立するためには引きこもっていた時間
と同等の期間を要する事もあります。
不登校・引きこもり・ニート・非行は
本人だけでなく家族全体の問題です。
わたしたちは共同生活の中でそうした
問題からの脱却の支援をしています。
 

活動記録写真

活動記録写真
12345
2020/11/13

10月の作業②

| by 管理人
10月14日
県主催の「わいわいカフェ」に参加してきました。
山形県内のNPO団体やフリースペース等に通っている若者達との交流会です。








みんな初めての“ボッチャ”というスポーツを楽しみました。














自分の持ち球を目標となる白ボールに近づけられない…。
なかなか難しかったですが、そこが面白い。






感想を聞くと、「おもしろかった!」の声多数。
また機会があれば、ぜひともまた参加したいと思います。





10月21日
ツアーコースの下刈りをしました。











林道の脇も丁寧に刈り込みました。





広い草原に通り道を作っていきます。

















休憩中。





途中、地域の方にお会いして、大根をいただきました!





さあ、あと残り半分。











ゴールのエコーラインの道に出ました!
ツアーコースは、雪があまり積もらなかった影響でススキが大成長…。
かなり大変でした。







10月22日の夕飯。





おでん!!








このおでんが美味しい季節になりました。
16:55
2020/11/13

10月の作業①

| by 管理人
10月初旬は、稲刈りを行いました。
10月1日(1日目)






動物に荒らされたB水田。稲が倒されてコンバインが刈取り難い所は、手で刈っていきます。





この時期は天気が悪く、田んぼの中はぐちゃぐちゃでした。








刈ったものは、コンバインにかけていきます。





田んぼの場所によりけりで、この場所ではスムーズ。





コンバイン脇の袋の中へお米がたまっていきます。








袋いっぱいになったお米は、乾燥と籾摺りをしてくれるところに持っていきました。





10月2日(2日目)






カタカリ12番。ここの育ちはかなり良かったです。黄金色!
コンバインが刈り取りにくい田んぼの四隅を手刈りします。











今度は、カタカリ2番水田へ移動。














もうすっかり「晩秋」の夕陽です。





10月7日(3日目)








もうみんなすっかり慣れた感じに。









稲刈りはこれにて終了となりました。お疲れさま。
16:12
2020/10/23

9月の作業

| by 管理人
5日 ヒバリー畑で作業






土を耕しつつ、草取りをしました。





8月末、小学6年生の寮生が入りました。
9月中旬に上山市の小学校に転入し、今は学校に通っています。



6日 畑での畝たて








今年の夏、30℃超えたのは例年よりすこし多い20日間くらい。
過ぎてしまえば、あっという間の短い夏でした。




17日  田んぼ(上野原A水田)、荒らされる…





動物(イノシシか、はたまた猿か?)に入られ、荒らされていました。








稲穂も食べられたような跡が・・・ショック。




24日 にんにく定植





どのくらいの深さまで植えるか等、説明。








来年の初夏あたりに収穫予定。おいしく育ってほしい。





26日 秋期保護者会





稲刈りといきたいところでしたが、稲穂がまだ青く雑草とりとなりました。





黄色く色づいたところもありますが、青さが目立ちます。








親子で作業。





ジンギスカン鍋で懇親会。
今年の春期保護者会は、コロナで中止。
秋は、ほとんどの保護者の方に参加していただきました。
ありがとうございました。
16:03
2020/09/16

月山へ

| by 管理人
8月16日
月山へ遊びに行きました。
毎年夏に行っていた海水浴場が、今年はコロナの影響で閉鎖。
海水浴は諦め、山に行くことに!


10時30分、里を出発。








まずは、寒河江サービスエリアで腹ごしらえ。








それぞれ好きな物を注文。外食の機会は滅多にないからね~。






途中、月山湖に寄りました。





月山湖の大噴水!
112mの高さ(日本一!)まで、打ち上げられているそうです。








湖の近くの建物に登ってみました。





建物に到着した途端、噴水が終了…。
噴水の上がる時間は、1時間ごとで10分間だけでした。










月山の駐車場から500mほどゆる~い坂を上ってきました。
ここでは、環境美化協力金として1人200円をお支払い。





リフト乗り場までさらに登りが続きます。






月山ペアリフト









降り場に到着。「令和の鐘」を鳴らします。
昨年までは、「平成の鐘」だったのかな?





あいにく、霧で山頂は見えず…。少し周辺を散策して戻ってきました。
蔵王とはまた違った月山を満喫できました!
14:16
2020/08/31

8月の作業①

| by 管理人
更新がだいぶ遅くなり、申し訳ありません…。

8月5日
夏合宿で宿泊するお客様の準備&セッティングをしました。





廊下の掃除機かけです。
ちゃんとかけていますか~?





洗面所もきれいに!






客室のふとんセット


8月の宿泊お客様は、
地元山形の高校サッカー部(山形商業高校・明新館高校)2校。
毎年利用していただいているリピーターさんです!
あと、今年は立教大学の陸上競技部の監督とマネージャーさん5名が、
なんと12連泊!(選手の方達は、別の施設利用)
箱根駅伝出場を目指しての合宿だったそうです。
コロナ禍で宿泊客激減の中、利用していただきました。



10日 田んぼ(カタカリ1番)のヒエ取りをしました。






稲もだいぶ生長!





肥料袋で作った簡易腰袋の中に雑草を入れていきます。








炎天下や雨降りの中でも毎日コツコツ作業しているのですが、
このヒエ取りがなかなか進まず、苦労していました。



ヒバリー畑。





田んぼのヒエ取りを優先していたら、畑が雑草だらけに…。





大きくなった雑草は鎌ではもう取れないので、鍬を使いました。
田んぼも畑もなんでか雑草の方が元気です…。





マメ科野菜(絹さや)の植え付け





夏の期間に、保護者の方に「奉仕活動」として、
1~2泊程度で寮生とともに作業のお手伝いやお掃除等をしてもらいました。

親子で作業。いいですね~。
暑い中本当に大変だったと思いますが、助かりました!!
ありがとうございました。
15:55
2020/07/17

食堂大掃除

| by 管理人
7月12日
食堂の大掃除をしました。








食堂のカーテンは外して、半年ぶりの洗濯へ。





置きっぱなしで埃をかぶっていたビン類を洗いました。





座敷席を移動させたら、出てくる出てくるホコリとゴミ…。
ほうきで集めます。





敷いていたマットをはがしたら、とめていたテープで床がべとべとに。
それもこそぎ取ります。





ゴミをとった後は、水拭きをしました。





きれいになりました。
この日は、ここまで。



7月15日
食堂床のワックスがけをしました。





テーブルと椅子をどかして、まずは水拭き。





乾いたら、ワックスを塗りました。
ちえさんがお手本で、薄く伸ばしていきました。
写真で見ても、くっきりわかるくらい光沢が出ています!





次は、食堂の残り半分。








テープのはがし跡は、なかなかとれない。苦戦していました。
3時間程かけて、食堂床はピカピカになりました!
(ワックスがけ後の写真を撮っておけばよかった…)



7月13日
大コンテナのゴミの中から、鉄くず類がかなり集まったので、
業者に持っていくことにしました。












使わなくなったストーブや、大広間に長年入れっぱなしにしていたもの、
食堂の整理で断捨離をしたものなどで、かなり溜まりました。





軽トラにトタン板を敷いて、その上に載せていきます。





缶はつぶします。





集めてみたら、軽トラ1台分!





鉄くずの回収買取をしている地元の会社に持って行ったところ、
軽トラ1台分で150円でした。
処分にお金がかかる時代ですから、お金をいただけるだけでも有難いことですね。
14:35
2020/07/15

送別会&誕生日会

| by 管理人
いこいの里では、月1回で誕生日会を開いています。
時に、新入寮生の歓迎会と卒寮生の送別会を合同でやることもあります。





6月28日のこの日は、
卒寮予定のFくんの送別会と、7月誕生日のKくんの誕生日会と合同で
ジンギスカン鍋をしました。









立って挨拶しているのが、7月4日に卒寮のFくん。
入寮して3年目。
今の仕事が3ヶ月続いたのと、諸事情により卒寮となりました。





みんな真剣に話を聴いてますね~。





今後を祝して、カンパイ!





和やかないい会でした。
Fくん!これからも頑張ってね!!
13:58
2020/07/13

田んぼ作業

| by 管理人
6月~7月にかけて、
稲の生長とともに、ヒエなどの雑草も稲以上に大成長…。
雑草とりに追われました。

6月12日





カタカリ11番水田です。






いこいの里で持っている田んぼ数は、16。
合計面積は、1町4反(たん)。
1.4ヘクタールは、ほぼ東京ドームのグラウンドと一緒の大きさ。
その広さを、寮生・スタッフあわせて10名程での草取りは、結構大変なのです。






カタカリ12番
まだ稲の方が大きいですが、細かい雑草がびっしり生えています。



19日





カタカリ10番
田んぼ中央こんもりして見えるところは、雑草密集地帯です…。





みんな行く方向にはちょっとバラつきがありますが、列でやっていきます。



20日





カタカリ6番
雨上がりの晴天の中で田んぼに入ると、思わぬ“敵”が…。
ブヨがたくさん出てきて、少しでも肌が出ていたらすぐに刺されて
血だらけに。唇を刺されて、食事の時にうまく食べれない寮生もいました。





田んぼというより、もはや「平原」のよう…。





少しずつですが、みんな頑張ってやりました。




29日





上野原C水田
稲がだいぶ生長しました。





ずっと中腰で腰痛がひどくなっているのかと思いきや、意外とみんな大丈夫みたいです。
若いということもあり、丈夫でもありということなのかな?
13:27
2020/07/11

果樹園お手伝い

| by 管理人
今年も果樹園「白雲」さんでのお手伝いが始まりました。
基本、週1回ペースで通いました。












初日(6月11日)は、さくらんぼ園での屋根にかけるビニールの準備です。





広げて、折りたたんで紐で結んで、屋根の上にあげます。

この写真中央に写っている金髪の人は、いこいの里の元寮生Tくん。
山形市で古着屋のお店を開店させたばかりだったのに、
コロナ不況で店をたたまなければならない状況に…。
今は果樹園白雲さんのところで、農業を頑張っています。




6月18日





ネット貼り
















さくらんぼ収穫









さくらんぼの選果




6月25日





さくらんぼ収穫





箱作り




7月4日





この日は、副理事長ちえさん運転のマイクロバスで行きました。
みんなで、さくらんぼ収穫です。













元寮生のKくんもコロナの影響で、仕事が激減…。
出勤が週2日しかないので、果樹園のお手伝いに来ました。





この日で、さくらんぼは終了。
次回は、りんごの摘果のお手伝いでしょうか。
帰る時に毎回さくらんぼをいただき、ありがとうございました!
18:37
2020/06/15

よもぎ収穫作業

| by 管理人
6月に入って、よもぎ摘みが始まりました。
3~4年前から食品会社の依頼を受けて、
6月だけの期間限定でよもぎの新芽を集めて、袋詰めをしています。






6日のよもぎ摘みの様子です。






上部15~20㎝、摘み取ります。






ひとり1~2コンテナは必須ノルマ!















翌7日も採りました。





田んぼ脇など至る所に生えています。





















一番多く採った寮生は、4コンテナでした。






摘んだものは、ビニールシートに広げます。






大量に採れましたね~。
そのままにしておくと熱でダメになってしまうので、
水をかけて半日置きます。





そのあと、袋詰め。
専用の袋に5kgずつ、詰めていきます。















1回の総量は、80kgでした。
このよもぎ収穫のお金で、昨年はBBQを盛大にやりました。
今年もいいお肉をいっぱい買えるように頑張ろう!!
13:10
12345