表示すべき新着情報はありません。
ログインしていないため表示できません
不登校・引きこもり・ニート・非行からの脱却
自立と就労を支援する共同生活型民間自立支援施設
 家族や身内だけで悩まず、ご相談ください。
TEL 023-679-4005
電話応対時間 8:00~20:00(厳守願います)
 
不登校 • 非行 • ニート引きこもりからの脱却 自立と就労を支援する宿泊型民間自立支援施設
 

トップページ理事長ブログ活動記録写真自立までのプロセスアクセス問い合わせ
トップページ理事長ブログ活動記録写真自立までのプロセスアクセス問い合わせ
 
組織概要
COUNTER365515
連絡先
不登校・引きこもり・ニート・非行からの自立と就労支援団体・フリースクール不登校・引きこもり・ニート・非行からの自立と就労支援団体・フリースクール
特定非営利活動法人
東北青少年自立援助センター

蔵王いこいの里
TEL 023-679-4005
FAX 023-673-2610
 

コラム

2021/2/26
ひきこもりというのは誰にでも起こりうることです。学業や人間関係のつまずきなどから少しずつ内向的になるようになり、気が付けば就労も就学もしていないということもあります。引きこもっている期間が長ければそれだけ回復には時間がかかります。自信を回復し、きちんと規律正しい生活を行うには相応の時間がかかるからです。蔵王いこいの里では共同生活を通じて自立支援を行っております。
2021/2/19
NPO法人東北青少年自立支援センターでは共同生活を通じて自立支援を行っています。全スタッフが寮生ひとりひとりと日々向き合い、生活や外部への集団アルバイトを通じて、自立するために必要な生活能力・モラル・体力などを身に付けていきます。

2021/2/12
2019年の段階で15歳から29歳までの就業・就学・職業訓練をしていない人数はおおよそ38万人だと言われています。そうした状況に対して公的な施策では対応できていないというのが現状です。また、民間の企業に関しても、きちんと自立に向けて活動しているのかを見極めるのは難しいかもしれません。蔵王いこいの里ではその活動をHP、FACEBOOKなどで公開しています。また当施設では入寮希望者の方の見学も受け付けております。実際の自立支援の現場をご覧ください。

2021/2/5
対人関係の問題や学習などのつまづきから自宅に引きこもり、就学もしておらず自活していない方がいらっしゃる家庭もあるのではないでしょうか。受け皿がある状況、引きこもっていても生活が成り立つという状況では自発的にその状況から脱するのは非常に難しいでしょう。蔵王いこいの里では共同生活を通じて自活・自立できる状態を目指します。環境は人を変えます。まずは当ホームページでいこいの里の活動をご覧ください。

2021/1/29
引きこもりやニートからの脱却のためには、それ相応の時間が必要になります。自立のために不可欠な要素として自信があります。自分のことを全て自分でできるのであれば、引きこもりやニートという形で家族に迷惑をかけることはありません。そうした自信は体験を通じてしか身に付けることができません。蔵王いこいの里では共同生活を通じて、自分のことは自分でやるそして自分で就学、就職に必要なスキルを身に付けることを目的として活動しています。

2021/1/22
座学も学習のひとつですが、世の中の多くの事柄というのは、実際に体験し身に付けていかなければいけません。人間関係などの社会的なスキルというものも座学では学習することはできず実際に他の人とふれあっていく中ではじめて身に付けることができるのです。蔵王いこいの里は共同生活をしていくなかで社会的に必要な対人スキルや礼儀などを身に付けていきます。引きこもり・ニートなどでお困りの際には蔵王いこいの里にご相談ください。

2021/1/15
NPO法人東北青少年自立支援センター蔵王いこいの里は山形県上山市にある自立支援の施設です。共同生活を通じて真の自立する力を身に付ける支援をしています。共同生活を通じて自立に必要なコミュニケーション能力や自分で自分のことをする能力を身に付けていきます。

2020/12/25
引きこもりの期間は長くなれば長くなるほどそこからの脱却が難しくなります。わたしたちは日常を過ごしていく中で多少なりともストレスと直面して生活をしています。自宅に引きこもっている場合そうしたストレスに対する耐性が少なくなってしまうためなかなか自発的に外に出ることは難しくなってしまうのです。蔵王いこいの里では共同生活を通じて人と触れ合い、社会に適応できるコミュニケーション能力や年齢に見合った対人能力を身に付けることを目標にしています。座学だけではない本当の支援がここにあります。

2020/12/18
2008年に文部科学書が打ち出した新しい学習要綱には「生きる力」という言葉が含まれています。今日では公的な教育機関でも「生きる力」というものが重視されてきているのです。現代社会では、こう生きていけば確実に安心して生きていけるという道はありません。ひとりひとりが自分の直面する状況に自分の能力で対応していかなければならないのです。蔵王いこいの里では、一人の人間として生きていくために必要な力、コミュニケーション能力や対人ストレスへの耐性などを、集団生活を通じて、そして周辺の方の事業の手伝いをすることによって身に付けていきます。

2020/12/11
「あたりまえ」の感覚というのは人によってそれぞれです。時間5分前に集合するのが当たり前の人もいれば、少しくらいなら遅刻するのが当たり前という人もいるでしょう。しかし、社会生活を営んでいくうえでは、「あたりまえ」の感覚を社会的に標準なものに変えていかなければなりません。蔵王いこいの里では、共同生活を送る中で、仲間や他の大人との交流を通じて社会に通用する「あたりまえ」を構築していきます。

2020/11/20

引きこもりや不登校、ニートからの自立に共同生活型の施設が有効な理由は大きく分けて二つあります。ひとつは自宅という環境から足を踏み出せること。環境を変え、家族に頼れない状況を作ることによって、自立を促すことができます。また、他の入寮者と共に行動したり、近隣の業者の手伝いをしたりすることによって他の人との交流を持ち、コミュニケーション能力を構築していくことができるからです。

2020/11/13
引きこもりなどからの脱却のために、環境を変えることは重要なことです。蔵王いこいの里は引きこもり、不登校などからの自立を支援するための施設です。そうした施設にお子さんを預けることは不安という方もいらっしゃるかもしれません。蔵王いこいの里はその活動の内容を公表しております。引きこもりなどで困っているけれど、施設が不安という方は、是非一度当施設の活動をご覧になってみてください。

2020/10/23
不登校や引きこもりの問題というのは、簡単に解決できるものではありません。現状を変え、本人が自立可能な能力を身に付けなければ根本的な解決はできません。蔵王いこいの里では寮生やスタッフとの共同生活を通じて自立に必要な対人能力や体力などを付けていきます。

2020/10/2
蔵王いこいの里では発足から35年以上で850人を超える若者を受け入れてきました。不登校や引きこもり、ニートなどと呼ばれる状態からの脱却は本人と家族だけでは難しいというのが現状です。また、カウンセリングのみの対応では難しいというのも事実です。いこいの里では入寮し、共同生活などを通じて自立を行えるだけの体力と精神力を身に付け、社会的な自立ができるよう成長してもらう施設です。

2020/9/18
NPO法人東北青少年自立援助センターでは、引きこもりやニートでお困りの方の自立支援を行っています。共同生活を通じてコミュニケーション能力や社会生活に必要な忍耐力などを身に付けていきます。こうした能力というものはスクーリングなどではなかなか身に付かないものです。根本的な解決のためには体験を通じた能力の向上が必要なのです。

2020/7/10
自立という言葉があります。本当の意味での自立というのは全てのことを自分で行うという意味ではなく、自分でできることは自分でする、自分でできないことは素直に人に頼るということができるという意味でもあります。引きこもりや不登校という状態はこのバランスが取れなくなり自分で全てを抱え込んでしまったため引き起こされることもあります。いこいの里ではこうしたバランス感覚や依頼するためのコミュニケーション能力を、実体験を通じて身に付けていきます。

2020/5/22
引きこもりはその期間が長いほど自立までの時間が長くかかる傾向にあります。当施設では、集団生活を通じて社会的自立の為に必要なストレス耐性と就学、就業にあたって必要な体力を身に付けていきます。引きこもっている期間が短かければそれだけ早期に自立可能となります。何とかしたいと思ったらまず当施設を見学し、実際の支援現場をその目でご覧ください。

2020/4/9
自立をするためには最低限の体力と対人関係における適応力が必要になります。蔵王いこいの里では、集団生活や就労体験を通じて、自らの足で前に進むための生きる力を身に付けることを目標としています。引きこもりからの脱却を本当に望むのであれば、いこいの里に来て、私たちの活動をご自身の目でご確認してください。

2020/3/13
現在は「受容や共感」などを礼賛していることがあります。引きこもりやニートなどの問題を解決するためにはそうした受容や共感だけでは対応できません。本当の支援は本人に自己の状況を見つめ直してもらい、継続的な自立が可能な力を身に付けてもらわなければならないのです。そのために単純に受容だけでなく、外的なストレスに対する耐性なども身に付けていかなければなりません。

2020/2/6
ストレス耐性は現在の日本社会を生きる中で必要不可欠な能力です。そうした能力が低ければ、対人において能力を発揮することはできず、結果として引きこもりやニートなどの状況になってしまいます。対人スキルというのは他人と触れ合う実体験の中からでしか身に付くものではありません。蔵王いこいの里では集団生活を通して円満な人間関係を築くことのできる人格形成を行っていきます。

2020/1/8
現在の日本が抱える大きな社会問題の一つとして、中高年の引きこもりがあります。引きこもりは長期化してしまうと対処が非常に難しい問題です。自己肯定感や他者との関わりというものは、一度失うと再構築するのが難しい要素であるため、早期に若いうちの対応が最も重要になります。その一つの極めて有効な解決方法として共同生活による自立支援施設があります。

2019/12/7
週一程度のカウンセリングで不登校や引きこもり、ニートから脱却できるのであれば、これらの問題が大きな社会問題になることもないでしょう。そうした問題を解決するには日々の生活サイクルの見直しが必要になってきます。環境を大きく変え、自身に向き合うことが不可欠です。蔵王いこいの里は共同生活の中で自分と向き合い、生きる力を身に付ける為の支援をしている施設です。

2019/11/29
長期に渡る引きこもりは、本人だけでなく家族に心身の疲弊を招く可能性もあります。根本的に状況を打開するためには、日々の生活から変えていかなければなりません。そのためには共同生活で自信と生きる力を身に付けていく必要があります。NPO法人東北青少年自立援助センターでは社会的自立ができる力を共同生活<の中で身に付けることを目的として活動をしています。

2019/11/7
社会性の欠如は不登校、引きこもり、ニート、非行などに繋がります。社会性は日々の生活の中で他人との摩擦やトラブルを経験し、それらを乗り越えることによって構築されていきます。不登校、引きこもり、ニート、非行などか脱却し自立をするためには、他者との共同で行う活動が不可欠なのです。蔵王いこいの里は共同生活を通じてそうした社会性を身に付け就労、就学につなげるための支援を目的として活動しています。

2019/10/24
長年の習慣が簡単に修正できないように、長い間社会と接点を持たない状況からの自立は容易ではありません。自立するためには引きこもっていた時間と同等の期間を要する事もあります。不登校・引きこもり・ニート・非行は本人だけでなく家族全体の問題です。わたしたちは共同生活の中でそうした問題からの脱却の支援をしています。

 

活動記録写真

活動記録写真
12345
2021/02/24new

2月の作業②

| by 管理人
2月17日

小学6年生の帰りを待って、4時30分からは「学習の時間」として、
食堂で勉強会をやっています。








対象者は、中学生1人と小学生2人。





中学生は、高校受験対策として小論文の書き方等を教わっています。





小学生は、学校の宿題&自主学習でドリルの勉強をしています。


「学習の時間」というくくりを作ると、不思議と勉強が進みます。
ひとりきりより、みんなで一緒にやるとやる気も持続しやすいのかな。
良いことです。この調子で頑張りましょう!!






2月22日
猿倉スキー場で、高校のスキー新人大会の旗門審判をしました。
この日は、月1回の病院受診日だったので、受診していない寮生4名とスタッフ1名
の計5名でした。








開会式









旗門審判の他、コース整備をしました。











ポール設置のお手伝いもしました。






2月23日
猿倉カップ 第3戦出場!(最終戦)





滑り終わって、ゴール付近でみんなを待ちます。









表彰式の様子






目指していた全員完走はできませんでした…。
下から数えた方が早い順位ではありましたが、何より参加することに意義がありますし、
今回は寮生全員揃ってスキーが出来て(今までスキーも作業もボイコットしていた寮生が
ようやく出てきました。)本当に良かったです!
14:35
2021/02/22

2月の作業①

| by 管理人
2月5~7日
冬期保護者会を開催しました。





5日、夕食の懇親会(山菜鍋)の様子です。


今回は緊急事態宣言発令中の為、保護者の参加は5組のみ。
面談や親子での話し合いのほか、部屋の掃除や整理整頓をやってもらいました。
Tくんのご両親には、“かなり手強い”館の居間&トイレを1時間半以上かけて
掃除してもらい、大変助かりました。ありがとうございます。
(この状態をキープ出来るよう頑張ります。)




2月11日
猿倉カップ 第2戦出場!








受付でゼッケンをもらい、自分たちの順番を確認します。





スタート位置に集合





余裕の笑顔ですね。

結果は、11人中8人完走。
第3戦(2月23日)は、全員完走を目指します!





2月14日
猿倉スキー場にて、スキー検定(バッヂテスト)









一般の方達とともに、受ける級ごとに集まりました。





こちらは3・4級受験組。いこいの里メンバーのみでした。





1・2級受験組。緊張の面持ち…








3・4級は、講習を受けながらその滑りで合否を判定するという形でした。





1・2級は、事前講習会があってその後検定という流れでした。





結果を待ちます。


結果は
4級 2名とも合格!
3級 5名合格!  1名不合格
2級 1名合格!  1名不合格
1級 1名不合格












検定員の方から、合格者には賞状が渡され合格不合格にかかわらず、
一人一人にアドバイスをいただきました。
ありがとうございます。


次回のバッヂテストは、3月21日。
不合格だった寮生は、リベンジならぬ再チャレンジ頑張ります!
13:06
2021/02/17

1月の作業②

| by 管理人
1月22~24日
ライザスキー場にてスキー大会の旗門審判をしました。
3日間とも、スタッフ・寮生あわせて10名の要請がありました。





朝7時、役員受付所にて。
軽食用にパンと飲み物をいただきました。

受付が済んだら、コースに設置されている防護用ネットの雪を落としたり、
受け持ちの旗門ポールの番号を確認して早めに配置につきました。






受付で配布されたバッグの中に通過記録表が入っていて、選手が通過したあとに
チェックをします。





男子・女子とそれぞれコースが違います。右側コースに、女子選手が滑走中。
3日間の旗門審判では、特にトラブルもなく無事任務を全うすることが出来ました!


翌週、1月30・31日のFIS(国際スキー連盟)の公認蔵王ライザスラローム大会では、
初日は大雪によるバーンコンディション不良のため中止となりましたが、
翌2日目のレースが確実にできるように準備をし、31日のレースは行われました。

2月の旗門審判は、ライザスキー大会で27日予定です。








1月24日
猿倉カップに出場しました。


ライザでの旗門審判終了後、一旦里に戻って当番を終わらせてから、すぐに
猿倉スキー場へ。この強行スケジュールでも、みんなけっこう元気。





タイムスケジュール表を確認してもらっています。





小学5年生と6年生も出場しました。





コースの確認?





競技終了後、みんなで記念写真!








終わって、ホッとしたかな??






結果発表!!

完走出来たのは12人中6人でした…
結果的には残念でしたが、一回もポール練習なしのぶっつけ本番のわりには、
良かったのではないでしょうか。





お楽しみの夕食タイム。





みんな、おつかれさま~!!

14:25
2021/01/29

1月の作業①

| by 管理人
2021年 1月1日
12月29日~1月3日まで宿泊のお客様の食事準備で、
寮生3人がスタッフとともに
お手伝いをしました。








料理を運んだり、ドリンク用の氷を準備中。





山菜ピザをお客様へ運びました。





Nくんは飲食店アルバイトの後、里に戻ってすぐ準備に取り掛かっていました。
Tくんは食堂のセッティングのお手伝いを自ら志願して、手伝ってくれました。
厨房お手伝いのMくんは、米研ぎや魚焼き等よくやっていました。
3人とも休日にもかかわらず、頑張ってくれました。ありがとう!!!






1月11日
午前中は除雪





食堂屋根に積もった雪が落ちて、この高さに。





雪山を崩します。一回冷えて凍っているので、固いし重いし重労働…。





見てる場合じゃないぞ~。





午後はライザでスキー。





天気良くなりました。






1月14日
中庭の小屋2つの除雪








屋根がトタン板になっていて、雪が落ちやすいはずなのですが…。
自然には落ちてくれないものです。






1月15日
ライザでスキー





蔵王名物(?)の樹氷の前で。大きさは、モンスター級。





みんな気持ちよく、滑っています。






1月17日
ライザでスキー














初心者組、中級コースを転ばずに滑れるようになりました!






1月21日
競技スキー大会旗門審判についての講習会をしました。
選手が決められたコースの旗門をちゃんと通過しているかチェックする役割です。





トップスキーヤーの滑りを見ながら、勉強します。





通過表、失格記録表の書き方も。





自分達もスキーを始めてまだ日が浅いのに、覚えることいっぱいで大変…。
本番は、明日。大丈夫かな…??
13:08
2021/01/27

12月の作業④

| by 管理人
12月25日
クリスマス会をしました。
思いっきり和風な「鍋」を食べました。





今回は、スタッフのお姉さん(写真左)が山形へ遊びに来ていました。





寒い日の鍋は、あったまりますね~。





クリスマスといえばケーキですよね。
今年はなんと、コストコの巨大ケーキが出ました!!しかも、2個!!
岩川さん家のおごり!!





トナカイのケーキ!









切り分けも大変です。





なんか、クリスマスらしくなってきました。





一人分がデカい…





どっしり重たいケーキでしたが、美味しくいただきました!みんな、笑顔でした!






12月26日
ライザスキー場で、スキー









この日はガス(霧)がかかっていて、視界が悪かったので気を付けて滑るようにと指示。
滑っていて突然、人と衝突することもあるのでこういう天候の時は要注意です。







12月27日
午前中は、除雪














午後は、ライザでスキー





年末年始が近づいてくると、さすがに人が多くなってきます。





初心者組は、初級コースで練習です。





滑れる組は、上級コースを滑降中。
なかなか様になっているね!









晴れ間が出てきました。





初心者組、頑張れ~!





みんなで、ドリンクタイム。





リラックスモード全開
13:21
2021/01/20

12月の作業③

| by 管理人
12月14日
山荘食堂の屋根の雪下ろしをしました。





梯子を使って登ります。
















館のつらら落とし





洗濯竿が役に立ちます。





12月16日






朝6時半から除雪。





車の雪も落としておきます。
ラジオ体操&ジョギングの代わりに、15分間の除雪作業です。





午前作業、屋根の雪下ろし。
梯子をもって別の屋根に移動中。























みんなでまとめて雪下ろししました。





12月17日








この日は、駐車場の除雪作業。
ほぼほぼ毎日、除雪の日々でした。






12月18日
スキー道具の扱い方や、スキー場における注意事項などを確認しました。












スキー初心者は、まず靴の履き方から…









スキー靴は、固いので履くのに一苦労…





準備ができたら、外を歩いて慣れる。





スキー靴で階段の上り下りが「出来ません…」と言っていた寮生が過去にはいました。
今年は、大丈夫でした。





ゼッケン、つけますよ~





12月19日
いざ、スキーへ!!











猿倉スキー場にて。





滑れる寮生は、バンバン滑っていました。





スキー初めて組さんは、車で移動しゲレンデへ。








雪に慣れることから、徐々に頑張っていきましょう!
14:26
2021/01/14

12月の作業②

| by 管理人
明けましておめでとうございます。
本年も”蔵王いこいの里”をよろしくお願い致します。


12月7日
新寮生歓迎会をしました。





小学5年生と、19歳の男子が入りました。





コーラで乾杯!





今回は、寒くなってきたこともあって水炊き鍋でした。
あったまる~!




12月11日
冬の準備。中庭の洗濯物干し用テントを撤収しました。








雪の重さで簡単に潰されてしまうので、雪が降る前に撤収します。





来年の初夏まで、お休みです。




除雪車(ホイールローダー)にチェーンを取り付けました。








タイヤ交換はせず、チェーンを取り付けて雪で滑らないようにします。





しっかり固定させます。
こういう経験は滅多にないですし、覚えておいて損はない。



12月13日
スキー用品の買い物に行きました。
この日はアルバイト寮生2人の休日が重なって、全員で行くことができました。




いつものゼビオさんに到着。





最初は、スキー靴選び。





自分に合ったものを選ばないと、足が痛くなったりしてしまうので、
試着は念入りにしました。








スキーウェア選び。
初スキーの寮生は、今年度は4人。楽しみ半分、怖さ半分…






買い物が終わったら、近くの台湾料理店にて昼食。





ここのお店は、安くてボリュームたっぷり。





いつもは少食の寮生が完食しました!
14:40
2020/12/22

12月の作業①

| by 管理人
12月4日
雪囲いを設置しました。





遠くに見える熊野山もうっすら雪化粧…








雪囲いと窓枠の隙間に薄い木の板を挟んで固定します。
山荘1階の窓、全てに設置しました。




11月5日
福島県へ日帰り旅行!
今年の春に郡山へお花見予定がコロナの影響で流れてしまい、
紅葉狩り?にはちょっと遅いですが、アルバイト寮生2人の休日にあわせて
マイクロバス1台に19人乗って行ってきました。





途中のトイレ休憩にて。





おかみも一緒に行きましたよ!



午前10時半
福島県猪苗代湖近くの「野口英世記念館」到着。








全員、マスク装着。入り口での手指の消毒をして、館内へ。
どうしても人数が多いので、「密」になってしまいますが…
他のお客様とは距離をとりつつ。





記念館の中には、野口英世の“生家”がそのまま保存されていました。





やけどを負ったとされる囲炉裏もありました。








多くの資料が展示されていて、みんな熱心に見ていました。








何か感じるものがあったかな??





英世ロボットの前で。





近くの「世界のガラス館」にて。



昼食は、郡山の「ふじみ食堂」さんで。





餃子1人前と大盛りラーメン!





そりゃあ、嬉しいよね~












余裕の完食。





大勢で押しかけて、お騒がせいたしました。
ラーメン、餃子美味しかった~。ごちそうさまでした!



午後2時半
福島市「古関裕而記念館」へ
(前作の)朝ドラの主人公のモデルになった方です。
館内には、多数の直筆楽譜が展示されていました。





中は撮影禁止だったので、朝ドラのセットの前で。
楽しい日帰り旅行でした!
17:26
2020/12/22

11月の作業③

| by 管理人
11月26日
果樹園白雲さんで、りんご収穫のお手伝いをしました。











選果のお手伝い





これだけ収穫できました!





果樹園で働いている元寮生のTくん。ムードメーカーで、作業を監督しつつ
寮生たちの良き相談相手になってくれています。





11月29日 
大根収穫








すぐに料理に使うものは、葉をとって洗って泥を落としておきます。
水が、冷たい…。





保存用は、土に埋めます。









午後は、山荘周りの落ち葉集めをしました。












集めた落ち葉は、畑に持っていきました。
踏んでならしておきます。







11月30日
果樹園白雲さんで、りんご収穫2回目

















だいぶ収穫も手馴れてきました。





りんご運搬のお手伝いもしました。






13:16
2020/12/14

11月の作業②

| by 管理人
11月6日 
テラスのビニール張り








このビニールが重いので、上に持ち上げるのに一苦労…。











下にあわせて、ビニールが弛まないように微調節しながら





終わりの方になると、だいぶ慣れてきました。





きれいに張れました!



11月9日
三角屋根の部分のビニール張り








おさえ木で固定します。





あとは、出入り口のドアを取り付ければ完成。




11月11日
薪ストーブ焚きつけ用の木を割りました。













11月15日
薪作業
のこぎり、ナタ、チェーンソー、丸鋸を使います。







チェーンソーは機械の調子が悪くならない様に、点検作業はかかせません。





11月22日 
建設会社さんからいただいた廃材の釘抜きをしました。








雪が降るまでに終わるかな…。





11月23日
薪作業


























14:02
12345