表示すべき新着情報はありません。
ログインしていないため表示できません
不登校・引きこもり・ニート・非行からの脱却
自立と就労を支援する共同生活型民間自立支援施設
 家族や身内だけで悩まず、ご相談ください。
TEL 023-679-4005
電話応対時間 8:00~20:00(厳守願います)
 
不登校 • 非行 • ニート引きこもりからの脱却 自立と就労を支援する宿泊型民間自立支援施設
 

トップページ理事長ブログ活動記録写真自立までのプロセスアクセス問い合わせ
トップページ理事長ブログ活動記録写真自立までのプロセスアクセス問い合わせ
 
COUNTER616056
連絡先
不登校・引きこもり・ニート・非行からの自立と就労支援団体・フリースクール不登校・引きこもり・ニート・非行からの自立と就労支援団体・フリースクール
特定非営利活動法人
東北青少年自立援助センター

蔵王いこいの里
TEL 023-679-4005
FAX 023-673-2610
 

コラム

2022/9/16
蔵王いこいの里が掲げるのは、不登校や引きこもり、ニート・非行といった諸問題の根本的な解決です。保護者の方が『変わってほしい』と願っている場合もあれば、本人が変わりたいという意思があることもあります。いずれの場合であっても、支援する側の思いはぶれることなく真っ直ぐに向き合ってまいりますので、まずは気軽にご相談ください。
2022/9/9
蔵王いこいの里は、不登校や引きこもり、ニート・非行からの自立を支援するNPO法人です。それらの状況に陥ったお子さんをお持ちの親御さんからのご相談や施設の見学は随時承っております。お子さんを帯同しての来所が難しい場合でも対応できますので、まずは一度ご連絡いただければと思います。
2022/9/2
自立のためには、自分で物事を成し遂げる能力と成し遂げることができるという自信や体験が必要になってきます。そうしたものを手に入れ引きこもりという状態から脱却するためには共同生活などで自宅とは違った環境に身を置き、取り組むべき課題が用意されているという状態が必要なのです。蔵王いこいの里では共同生活をしながら周辺の企業の手伝いなどをしてつつ、自立に向けて一歩ずつ進んでいきます。
2022/8/26
蔵王いこいの里が共同生活を絶対とする理由は、そうすることによってすべてが見えてくるからというのが一番の理由です。すべてが見えるということは、無意味に飾り立てたりといった良いように見えるようなごまかしが通用しない、ありのままの姿を見せることになり、そこから取り組むべき課題を見据えることができるようになるということです。不登校や引きこもりといった状況から確かな成長・変化を求めて活動したい、と少しでもお考えの際は、ぜひ一度ご相談ください。
2022/8/19
引きこもり生活が長期間にわたると家庭内暴力などを誘発する可能性があるため、できる限り早めの対応が求められます。わずかでも社会生活に復帰したい、やり直したいという意思があるなら、蔵王いこいの里にご相談ください。厳しさと優しさを兼ね備えたスタッフ陣が、寮生一人ひとりと真剣に向き合い、活動しております。
2022/7/29
ニートや引きこもり、不登校などになってしまった若者を支援する施設は全国にいくつもあります。数があればそれだけに施設の大小や活動指針、指導の方針などには様々な違いがあります。蔵王いこいの里では、他の施設での支援活動がうまくいかなかったという人、あるいはその施設で持て余され、放置されてしまったというような人も支援が可能です。
2022/7/22
社会生活からドロップアウトして引きこもりになってしまったり、あるいは非行に走ってしまう青少年。時が解決するだろう、と見守ることを選択されるケースも少なくありませんが、根本的な解決に至れないことが殆どです。その状況を本気で打破したいと考えるのであれば、あえて厳しい環境に身を置き、自分自身を鍛錬することこそが一番の近道になる可能性があります。NPO法人蔵王いこいの里では、そんな青少年の皆さん、そして親御さんたちと本気で向き合える環境を整えております。
2022/7/15
蔵王いこいの里での支援活動は、体と心の両方を鍛錬・成長させ、不登校やニートといった状態から脱却できるようにすることを目標としています。その内の心の鍛錬とは、他者との交流において培われます。社会生活の場面において、人と関わらずに済むことはほとんどないと言っていいでしょう。日々の共同生活で寮生同士やスタッフとのコミュニケーションの中で、円滑な人間関係を築くために必要な協調性や忍耐力が生まれ、培われていくのです。
2022/7/8
蔵王いこいの里では、不登校や引きこもり、ニートといった状況に陥っているお子さんの自立と社会復帰を支援するために様々な取り組み行っております。当法人では、どのような方針でどのように活動を行っているのかをより深くご理解いただけるように、四半期に一度宿泊制の保護者会を開催しております。現在お子さんが入寮中の保護者の方はもちろんのこと、今現在ご家族にそういった問題を抱えているお子さんがいらっしゃる保護者の方の参加も可能ですので、ご希望の際はお問い合わせください。
2022/7/1
何事においても、大きな変革をもたらすための一番の材料となるのは「行動」です。非行や引きこもりといった子供、そしてその親御さんが抱えるトラブルも、時間が解決するのを待っていては手遅れになってしまうケースが少なくありません。状況を改善するためには、大きく動き出すことが大切です。こういった問題の解決のために動き出したい、と少しでも思ったのであれば、私ども蔵王いこいの里までお気軽にご相談ください。
2022/6/24
引きこもりやニートから脱却するためには、いくつかの段階を超えていく必要があります。その基礎固めの一歩として行われるのが、日常の生活習慣を整える、ということです。一見簡単そうにも思えますが、こういった当たり前に思えることから本来の日常を取り戻すための訓練は始まります。それと並行して共同作業による活動などの実践や、体力づくりを行うことで、社会復帰に向けての第一歩を踏み出せるようにしていきます。
2022/6/17
蔵王いこいの里が大切にしている理念のひとつに『Learning by Doing』…理屈よりも行動と実践経験という考え方があります。引きこもりや不登校から脱却するための相談やカウンセリングは大切なことですが、それだけで当事者が変わるというのはいささか無理があると言っても良いでしょう。『実体験』や『経験』といった自身の体を動かす活動の中で吸収できるものが、やがて大きな血肉になると考えています。
2022/6/10
非行やニート、不登校といった、周りの人々に不安や心配を抱かせる状況を変化させ、もう一度真っ直ぐ前を向いて歩いていきたい。もし心の底から本気でそうなりたいのであれば、思い切って今置かれている環境から離れ、しがらみのない新天地で始めてみるのが一番ではないでしょうか。蔵王いこいの里では、知らない者同士が生活を共にしながら、甘えや依存のない環境の中で切磋琢磨しながら一歩ずつ前に踏み出すためのサポートをしております。
2022/6/3
長期間にわたる不登校・引きこもりの結果、外出もままならない状態に陥っているケースは少なくありません。蔵王いこいの里では、入寮したお子さん達への支援活動はもちろんのこと、そういった外出困難な状況のご家庭への家庭訪問相談も行っております。「外へ出られない以上どこにも頼ることはできない」と諦めてしまう前に、まずは一度ご相談ください。
2022/5/27
蔵王いこいの里では、不登校や引きこもり、ニート、非行といった様々な要因で社会から遠ざかってしまっている青少年を社会的な自立、あるいは将来の社会的自立が円滑になされることを目的に支援活動を行っております。日々の共同生活を通じ、好き勝手に振る舞い他者との関係を拒絶する姿勢を正し、相手を思いやり円満な人間関係を構築できるような、成熟した人物になれるよう、寮生一人一人と向き合って真剣にサポートします。支援活動についての資料請求をご希望の際は、お気軽にお問い合わせください。
2022/5/20
蔵王いこいの里は、ご存知のように不登校や引きこもり状態になっている寮生の社会復帰のために活動しております。寮生から学校への復学希望があった際は、状況を判断した上で施設から地元の学校への通学も可能となっております。その他、学習面に関するサポートも手厚く行っております。
2022/5/15
健全な精神は健全な肉体に宿る、という言葉が示すように、仕事や学習を継続させるためには、それを行う体にしっかりと体力を増強させる必要があります。蔵王いこいの里では、支援活動の一環として、日常の作業に加えてランニングや球技、スキーなどを用いた体力増強を図るための運動を取り入れています。
2022/4/22
不登校やニート、引きこもりに非行、これらの問題から立ち直り、社会復帰を目指すためには何が必要でしょうか。もちろん、甘やかしはご法度ですが、だからと言っていたずらに厳しく、締め付けるような指導を行うだけでは、真に正しい改善を目指せるとは言えません。例えるならば、母親のように寄り添う優しさと、父親のような毅然とした強さ、それらを双方合わせた、真の愛情を伝えられるような指導をしてこそ、真の目的を叶えることができると言えるでしょう。
2022/4/15
蔵王いこいの里に入寮して、どのような活動をして自立へ向かっていくのか。それは一言では言い表すことができません。何故ならそれは入寮者の置かれていたこれまでの環境や、現在の状況によって大きく開きが出るからです。それぞれの状況をしっかりと見極め、社会復帰への筋道を立て、強い思いを持ってサポートをする。それが蔵王いこいの里です。
2022/4/8
引きこもっている期間が短ければ短いほど、社会復帰への道は開かれやすくなります。少しでも長期間になりそうな兆しが見られたら、早めに相談するのがベストと言えるでしょう。蔵王いこいの里では、引きこもりからの社会復帰を誠心誠意サポートします。もし既に長期間の引きこもり状態になってしまっている際も、社会復帰を目指しているのであれば、遠慮なくご相談ください。
2022/4/1
引きこもりやニート、非行問題を抱えたお子さんをお持ちの親御さんの中には、「子供の問題を他所に相談するのは恥ずかしい」とお思いの方も少なくありません。しかし、そういった問題を誰かに相談するということは決して恥ずべきことでも情けないことでもありません。蔵王いこいの里では、それらの問題を抱えている親御さん、そしてお子さん本人の「現状を変えたい」という思いをしっかりと受け止め、全力でサポート致します。
2022/3/25
不登校やニート、引きこもりは、当事者であるその方の年齢によって戻るべきゴールが異なります。例えば、学生の時分であれば学校への復学や進学、社会人であれば就労など、様々です。蔵王いこいの里は、それぞれの入寮者が目指すべきゴールに向けて、集団生活の中で指導・鍛錬を行いながら、それぞれの特性を見極め、確かなアシストを行います。

 

自立までのプロセス

【卒寮生の進路先例】
★進学 新潟大学医学部医学科 秋田大学医学部保健学科 琉球大学農学部 日本工業大学建築学部
    杏林大学文学部 国際教養大学国際教養学部 拓殖大学工学部 他大学・各種専門学校等多数
    山形県内公立高校・私立高校 定時制高校 他出身地小中学への復学、高校への進学等多数 
★就職 〈山形県内〉 建築会社 小売店(スーパー・ドラッグストア等) 飲食店 食品会社
      製菓会社 塗装会社 清掃会社 介護施設 自動車部品関連会社 各製造業
      郵便事業 製薬会社 農業法人 畜産会社 警備会社 観光関連会社
      
A・B型就労移行支援施設 等々他多数
    〈山形県外〉 小売店(スーパー・コンビニ等) 飲食店 大工 介護施設 建築会社
      塗装会社 各製造業 遊戯店 燃料店 食品会社 道路土木会社 バス会社
      クリーニング店  
等々他多数


プロセス






不登校・引きこもり・ニート・非行等からの脱却
入寮から自立までのプロセス



いこいの里へ入寮すると何をするのか、どんな活動をしてどのような目標を持って、そして最後には如何にして不登校、引きこもり等から『自立』へとつながるのか。最近問い合わせでよくそんな事を聞かれます。

何をするの?と聞かれても、とても一言では言い表せません。また、不登校、引きこもり、ニート、非行・・・、それぞれ年齢も成育歴も性格も含め生きてきた経緯が異なる訳ですから、各寮生の状況によって目指す方向性も里での支援の対応方も異なります。まったくもって十人十色です。

しかしどのような状況であっても、最終的に目指すものにそれほど大きな差異はありません。心身共に健康で、親に頼らず、集団の中で上手に折り合いながら、社会のルールを守り周囲に迷惑をかけることなく、自分の目標を見出し多少の苦難や苦労にもいちいち躊躇することない『忍耐』を当然とし、出来る事なら『誰かの為に役立つ』事に喜びや生甲斐を感じられるよう、自らの足で前に進むことが出来る『普通』の社会の一員として生きる力を身に付ける事、それが不登校でも引きこもりでも非行でも、全ての寮生に共通したこの『蔵王いこいの里』での目標です。

その最大の目標に向けて、いこいの里ではどのような段階を踏んで『自立』へと至るのか。不登校や引きこもり状態からの入寮~卒寮・自立に至るまでの流れを簡単なフローチャートにしてみましたので、ご参考になれば幸いです。 

なお、在籍期間もよく問合せがありますが、ここは学校とは違って決まった単位や期間がある訳ではありません。何度も申し上げるように、人それぞれ辿ってきた経緯や状況が全く違います。
ただし一般的な傾向として言えるのは、特に不登校や引きこもりを経験してきている人の場合、その籠っていた期間の長さに比例する事は概ね間違いありません。短い場合で半年程度、これまでの最長在籍期間は6年半という例もありましたが、平均的には1年半~2年半程度ではなかろうかと思います。

そう遠くない過去に就労経験のある人の場合等は、やはり比較的短期間で支援結果が出るケースも多いですが、例えば通所型のフリースクール等にも行ったことがなく、不登校からの延長も含めて実質的に10年間引きこもりでいた青年が、僅か数ヶ月で精神的にも経済的にも真の意味で自立した状態にまで回復する事など、現実にはあり得ません。社会と接点を持たない期間が長くなればなるほど、状態は悪化し、取り戻すまでに必要となる支援期間も当然ながら長期化していきます。ですから尚の事私達は 『早期発見・早期対応』を声高に強く叫ぶのです。(それでも共同生活型支援は、通所型支援よりも数倍早く成果が表れ、成功の確率も格段に高いと言われ、尚且つ通所型ではとても対応出来ない重度の引きこもり事例でも対応できるケースが多いです。)『どうやってそちらへ連れて行ったらいいのかわからない・・・』。例えその様な長期の引きこもり状態であっても、私達は様々な手法をもって結果を残してきていますが、出来る事ならそんな尻に火が点いた状態になる前に行動を起こす事を願っています。

卒寮の時期については、最終的には当方とご家族が話し合いの上、『このくらいの状態にまでなれば、もう仕事を継続する事が出来るだろう』或いは、『これだけの期間を頑張り通して来たのだから、もう多少のつまづきがあっても乗り越えられるだろう』といった、日々見えている本人の心身の強さや思考パターン、言動を考慮した客観的判断に基づいて決定されます。自分が置かれた現実に正面から向き合えているかどうかがポイントです。
一番わかり易い判断手法は、
①里での寮生活を継続しつつ里から通勤可能な職場で一定期間仕事を続け実績を残す。
②通学者は各学校を卒業まで全うし次の進路が決定済ならその方向へ進む。
③大人(当方と保護者)が逃避ではないと納得できるだけの根拠と説得力ある方向性を示す。
などが挙げられますが、寮生の状況や実力によりケースバイケースで判断します。
いずれにせよ、基本的には二度と『不登校や引きこもり、非行等の再発が起こらない』と見られることが前提となります。

(限られたスペースの中に内容を凝縮して表記したものですので、実際にはこの数十倍の様々な活動内容があります。それぞれの段階での『大まかな目標や取り組むべき事』として捉えてご覧ください) 



不登校、引きこもり、ニート、非行の若者の自立を支援するフリースクール、共同生活型自立支援施設
            NPO法人東北青少年自立援助センター 蔵王いこいの里