表示すべき新着情報はありません。
ログインしていないため表示できません
不登校・引きこもり・ニート・非行からの脱却
自立と就労を支援する共同生活型民間自立支援施設
 家族や身内だけで悩まず、ご相談ください。
TEL 023-679-4005
電話応対時間 8:00~20:00(厳守願います)
 
不登校 • 非行 • ニート引きこもりからの脱却 自立と就労を支援する宿泊型民間自立支援施設
 

トップページ理事長ブログ活動記録写真自立までのプロセスアクセス問い合わせ
トップページ理事長ブログ活動記録写真自立までのプロセスアクセス問い合わせ
 
COUNTER210874
連絡先
不登校・引きこもり・ニート・非行からの自立と就労支援団体・フリースクール不登校・引きこもり・ニート・非行からの自立と就労支援団体・フリースクール
特定非営利活動法人
東北青少年自立援助センター

蔵王いこいの里
TEL 023-679-4005
FAX 023-673-2610
 

コラム

2019/11/15
蔵王いこいの里は、不登校、引きこもり、 ニート、非行など社会的な自立につま ずいた子どもたちを支援する施設です。 共同生活を送りながら、農作業や各種 アルバイト、ボランティア活動など、 仲間や地域の方々と触れ合う様々な作 業を通じた心身の自己改善によって、 社会性や忍耐力、体力などの生きる 力を身に付け、自立を目指しています。
2019/11/7
社会性の欠如は不登校、引きこもり、 ニート、非行などに繋がります。社 会性は日々の生活の中で他人との摩 擦やトラブルを経験し、それらを乗 り越えることによって構築されてい きます。不登校、引きこもり、ニー ト、非行などか脱却し自立をするた めには、他者との共同で行う活動が 不可欠なのです。蔵王いこいの里は 共同生活を通じてそうした社会性を 身に付け就労、就学につなげるため の支援を目的として活動しています。
2019/10/31
不登校、引きこもり、ニートといった 問題は、その多くが人間関係に関わる ストレス耐性のなさに起因しています。 そうした力は一朝一夕に得られるもの ではありません。実体験の積み重ねに より、ストレス耐性を身に付け円滑な 人間関係を構築出来る様に訓練するし かないのです。蔵王いこいの里は共同 生活を通じて多くの実体験を積み重ね、 生きる力を身に付ける自立支援施設で す。
2019/10/24
長年の習慣が簡単に修正できないよう に、長い間社会と接点を持たない状況 からの自立は容易ではありません。 自立するためには引きこもっていた時 間と同等の期間を要する事もありま す。不登校・引きこもり・ニート・ 非行は本人だけでなく、家族全体の 問題です。わたしたちは共同生活の 中でそうした問題からの脱却の支援 をしています。
2019/10/17
不登校や引きこもりの期間が年単位 となると、カウンセリングや通院などで は問題解決が難しいケースが多くなりま す。集団生活から遠ざかっていた分、自 らの身体を動かす実体験としての経験を 積み重ね、出来る事、知ってる事を増や し、自己肯定感を高めることによって自 分に自信がつき、着実に自立に向かう事 が可能になります。蔵王いこいの里は 不登校・引きこもり・ニート・非行など の青少年を対象に、共同生活による自立 を支援している施設です。
2019/10/11
蔵王いこいの里は、不登校、引きこも り、ニート、非行などの青少年に対する 共同生活型自立支援施設として、30年に 渡り支援を継続しているNPO法人です。 寮生ひとりひとりと全スタッフが日々 真剣に向き合い、課題克服のために尽 力していきます。
2019/10/2
不登校、引きこもり、ニートなどは、 早期発見・早期対応が大切です。社会と の接点を持たない期間が長くなればなる ほど、自立までに必要となる時間が長く なります。より短期で進学・就労を目指 すためにも、そうした状態にお困りの際 は出来る限り早い段階で蔵王いこいの里 にご相談ください。
2019/9/25
蔵王いこいの里では、不登校、引きこ もり、ニート、非行など社会生活を円滑 に営む上での困難さを持ったこどもや若 者に対しての支援を30年以上に渡って継 続しているNPO法人です。寮生活を通じて 社会の一員として生きる力を身に付ける ことが蔵王いこいの里での目標です。
2019/9/18
不登校や引きこもり、ニートなどは一 旦その状態に陥ってしまうと、家族も どう対応すべきかわからず、長期化し てしまうケースが非常に多くありま す。蔵王いこいの里はそうした人達へ の支援を30年以上継続しているNPO法人 です。入寮し家族と離れて生活する事に より、社会に復帰し自立した生活を送る ための自信を再構築していきます。
2019/9/11
不登校や引きこもり、ニートなどの状 況はだれにでも起こりうることです。 一度学校や社会などの周辺との環境 が断ち切られてしまうと、そこから 自身の力だけで自立していくのは困 難なことです。蔵王いこいの里はそ うした人達への支援を行っています。
2019/9/4
蔵王いこいの里は不登校や引きこもり、 ニートなどからの自立を支援してい ます。集団生活を通じて、そうした問 題を解決していくことを目的とした NPO法人です。様々な活動を通じてひと りひとりの自立を促していきます。
2019/2/14
コラムを更新します。
 
トップページ > 法人組織概要> 設立趣旨(目的)書 

設立趣旨(目的)書

1 趣 旨
 ニートといわれる若年無業者の人口は100万人にのぼるとも言われる。さらにはアルバイトをしても長続きしない若者も多く、経済的に自立できていない若者の数は増加の一途をたどっている。また、将来の「ニート予備軍」とも言える小・中・高校生の不登校、引きこもりの児童、生徒数においても、ここ数年一時的に減少傾向であったものの、昨年18年度にはまた増加に転じたとの報道がなされている。少子化により児童、生徒数そのものが減少しているにもかかわらずである。
 こうした現在の社会情勢を鑑みるに、今後数十年において彼らのようないわゆるニートや引きこもりといわれる若年未就労者の数は、大変残念なことではあるが増加蓄積の一途をたどるものと判断せざるを得ない状況である。
 われわれ蔵王いこいの里は、1986年に任意団体として発足以降、20余年に亘り不登校や引きこもり、薬物依存や家庭内暴力あるいは障害等により社会的自立が困難な状況にある青少年達と関わってきた。その数は実に400名を超える数となっている。
 彼らはこの蔵王の豊かな自然の中で、親から離れた場での共同生活を通じて、規則正しい生活習慣を身につけ、自己を見つめ直し、集団の中での協調性、円滑な人間関係の構築の仕方等を習得する。また農作業や土木作業などの共同作業や、ここ蔵王ならではのスポーツであるスキーを通じて肉体的にも社会人として十分に通用する体力を獲得した。彼らは次第に自らの目的を見いだし、地元の学校へ通う者や通信制高校の卒業を目指す者、あるいは地域の方々による協力の下、アルバイト等の就労訓練により社会的自立を目指す者など、それぞれの個性や状況に応じた様々な形で社会復帰を果たしている。残念ながら全ての青少年が自立や社会復帰を果たせてきた訳ではないが、正確な統計はないものの、あえて数字にするならばそのおよそ8割の青少年達が、復学や就労などの理想的な形でこの蔵王を巣立っていったと推測される。
 このように20年以上に亘るわれわれの活動を顧みても、その活動が極めて社会的意義と貢献度の高いものであることは論を待たない。今後数十年においても、われわれのような活動団体が更に社会的ニーズの高い存在となっていくことは想像に難くない。しかしながらこの社会的ニーズの高い、意義のある活動であるにもかかわらず、そのスタッフの賃金は社会一般的平均から見て著しく低額であり、個々のボランティア精神無くしては成り立たないのが現実である。また、その社会的意義の重要性からみて、今後も従来のような任意団体組織のまま活動を続けていくことは、団体の社会的認知度や地位の向上、優秀なスタッフの安定確保、官民双方からの活動資金提供への対応、そして今後更にニーズの多様化に伴う多方面への活動の拡大や円滑な組織運営の長期的継続といった観点から考えるに、既に限界であると言わざるを得ない。以上のことに鑑み、私たち設立発起人、蔵王いこいの里経営者とスタッフ、及び蔵王いこいの里の活動に賛同する一般関係者有志は、ここに「特定非営利活動法人東北青少年自立援助センター」を設立することに同意した。不登校や引きこもり、ニートなど社会参加できない青少年の問題は日本の未来に関わる重要な問題である。次世代を担うべき多くの青少年が、社会に出られず家に引きこもったまま、明日への希望もなくただ悶々と日々を無為に過ごしているという現実に対して、社会が何もせずに放置しているということは、道義的にも、また社会的、経済的損失の観点からも、到底許されるべきものではあるまい。われわれはこの法人が設立された暁には、全国から数多くの会員、賛助会員がこの趣旨に賛同され、また地域の方々や様々な機関とも協力・協同して活動していくことで、より多くの日本の将来を担うべき若者に対する自立支援、就労支援を行うことが可能となり、これをもって社会全体に対し、ひいては日本の将来に対しても微力ながら貢献ができると確信するものである。

2 申請に至るまでの経過
  平成19年5月10日    有志により特定非営利活動法人申請を決定。
                  設立準備委員会発足
  平成19年6月13日    第1回設立準備委員会
  平成19年8月15日    第2回設立準備委員会
  平成19年9月17日    第3回設立準備委員会
  平成19年10月7日    法人設立社員総会


 平成19年10月15日

特定非営利活動法人東北青少年自立援助センター
設立代表者 住所 福島県郡山市細沼町7番11号
 氏名 岩川 耕治