表示すべき新着情報はありません。
ログインしていないため表示できません
不登校・引きこもり・ニート・非行からの脱却
自立と就労を支援する共同生活型民間自立支援施設
 家族や身内だけで悩まず、ご相談ください。
TEL 023-679-4005
電話応対時間 8:00~20:00(厳守願います)
 
不登校 • 非行 • ニート引きこもりからの脱却 自立と就労を支援する宿泊型民間自立支援施設
 

トップページ理事長ブログ活動記録写真自立までのプロセスアクセス問い合わせ
トップページ理事長ブログ活動記録写真自立までのプロセスアクセス問い合わせ
 
COUNTER562093
連絡先
不登校・引きこもり・ニート・非行からの自立と就労支援団体・フリースクール不登校・引きこもり・ニート・非行からの自立と就労支援団体・フリースクール
特定非営利活動法人
東北青少年自立援助センター

蔵王いこいの里
TEL 023-679-4005
FAX 023-673-2610
 

コラム

2022/6/24
引きこもりやニートから脱却するためには、いくつかの段階を超えていく必要があります。その基礎固めの一歩として行われるのが、日常の生活習慣を整える、ということです。一見簡単そうにも思えますが、こういった当たり前に思えることから本来の日常を取り戻すための訓練は始まります。それと並行して共同作業による活動などの実践や、体力づくりを行うことで、社会復帰に向けての第一歩を踏み出せるようにしていきます。
2022/6/17
蔵王いこいの里が大切にしている理念のひとつに『Learning by Doing』…理屈よりも行動と実践経験という考え方があります。引きこもりや不登校から脱却するための相談やカウンセリングは大切なことですが、それだけで当事者が変わるというのはいささか無理があると言っても良いでしょう。『実体験』や『経験』といった自身の体を動かす活動の中で吸収できるものが、やがて大きな血肉になると考えています。
2022/6/10
非行やニート、不登校といった、周りの人々に不安や心配を抱かせる状況を変化させ、もう一度真っ直ぐ前を向いて歩いていきたい。もし心の底から本気でそうなりたいのであれば、思い切って今置かれている環境から離れ、しがらみのない新天地で始めてみるのが一番ではないでしょうか。蔵王いこいの里では、知らない者同士が生活を共にしながら、甘えや依存のない環境の中で切磋琢磨しながら一歩ずつ前に踏み出すためのサポートをしております。
2022/6/3
長期間にわたる不登校・引きこもりの結果、外出もままならない状態に陥っているケースは少なくありません。蔵王いこいの里では、入寮したお子さん達への支援活動はもちろんのこと、そういった外出困難な状況のご家庭への家庭訪問相談も行っております。「外へ出られない以上どこにも頼ることはできない」と諦めてしまう前に、まずは一度ご相談ください。
2022/5/27
蔵王いこいの里では、不登校や引きこもり、ニート、非行といった様々な要因で社会から遠ざかってしまっている青少年を社会的な自立、あるいは将来の社会的自立が円滑になされることを目的に支援活動を行っております。日々の共同生活を通じ、好き勝手に振る舞い他者との関係を拒絶する姿勢を正し、相手を思いやり円満な人間関係を構築できるような、成熟した人物になれるよう、寮生一人一人と向き合って真剣にサポートします。支援活動についての資料請求をご希望の際は、お気軽にお問い合わせください。
2022/5/20
蔵王いこいの里は、ご存知のように不登校や引きこもり状態になっている寮生の社会復帰のために活動しております。寮生から学校への復学希望があった際は、状況を判断した上で施設から地元の学校への通学も可能となっております。その他、学習面に関するサポートも手厚く行っております。
2022/5/15
健全な精神は健全な肉体に宿る、という言葉が示すように、仕事や学習を継続させるためには、それを行う体にしっかりと体力を増強させる必要があります。蔵王いこいの里では、支援活動の一環として、日常の作業に加えてランニングや球技、スキーなどを用いた体力増強を図るための運動を取り入れています。
2022/4/22
不登校やニート、引きこもりに非行、これらの問題から立ち直り、社会復帰を目指すためには何が必要でしょうか。もちろん、甘やかしはご法度ですが、だからと言っていたずらに厳しく、締め付けるような指導を行うだけでは、真に正しい改善を目指せるとは言えません。例えるならば、母親のように寄り添う優しさと、父親のような毅然とした強さ、それらを双方合わせた、真の愛情を伝えられるような指導をしてこそ、真の目的を叶えることができると言えるでしょう。
2022/4/15
蔵王いこいの里に入寮して、どのような活動をして自立へ向かっていくのか。それは一言では言い表すことができません。何故ならそれは入寮者の置かれていたこれまでの環境や、現在の状況によって大きく開きが出るからです。それぞれの状況をしっかりと見極め、社会復帰への筋道を立て、強い思いを持ってサポートをする。それが蔵王いこいの里です。
2022/4/8
引きこもっている期間が短ければ短いほど、社会復帰への道は開かれやすくなります。少しでも長期間になりそうな兆しが見られたら、早めに相談するのがベストと言えるでしょう。蔵王いこいの里では、引きこもりからの社会復帰を誠心誠意サポートします。もし既に長期間の引きこもり状態になってしまっている際も、社会復帰を目指しているのであれば、遠慮なくご相談ください。
2022/4/1
引きこもりやニート、非行問題を抱えたお子さんをお持ちの親御さんの中には、「子供の問題を他所に相談するのは恥ずかしい」とお思いの方も少なくありません。しかし、そういった問題を誰かに相談するということは決して恥ずべきことでも情けないことでもありません。蔵王いこいの里では、それらの問題を抱えている親御さん、そしてお子さん本人の「現状を変えたい」という思いをしっかりと受け止め、全力でサポート致します。
2022/3/25
不登校やニート、引きこもりは、当事者であるその方の年齢によって戻るべきゴールが異なります。例えば、学生の時分であれば学校への復学や進学、社会人であれば就労など、様々です。蔵王いこいの里は、それぞれの入寮者が目指すべきゴールに向けて、集団生活の中で指導・鍛錬を行いながら、それぞれの特性を見極め、確かなアシストを行います。
2022/3/18
蔵王いこいの里での支援活動は、寮生と本気で向き合うことを第一としております。不登校や引きこもり、ニート、非行といった諸問題から立ち直り、社会復帰を図るのは並大抵のことではありません。一人一人の寮生としっかり向き合い、共に過ごすことで、一歩ずつ、着実に変化を起こしていけるように取り組んでいきます。通常の入寮のほか、短期体験コースのご案内もございますので、まずは場の空気感を知ってみたい、という際はそちらのご利用もご検討ください。
2022/3/11
引きこもりや不登校からのニート化や、非行に走る青少年に対して「まずは見守ってみては」という考え方があります。確かに長い目で見てあげるということも大切なことではありますが、結果としてそれは放置・放任となり、解決を先延ばしにしてしまうことにも繋がります。少しでも変わろうと思い立ったその時がきたら、思い切って立ち上がってみるべきではないでしょうか。蔵王いこいの里では、変化を求めて立ち上がろうとする人の手をしっかりと取り、サポートを惜しみません。
2022/3/2
蔵王いこいの里は、異なる境遇で生まれ育った様々な人間同士が共同生活を営みながら、社会復帰を目指して活動していく場所です。今までは自分の思うままに過ごしてきたという方も、共同生活を送るに当たってしっかりとした自己管理の習慣づけを行い、規則正しい生活サイクルを習得できるようにしっかりと指導を行います。無論、甘やかすようなことは致しませんが、それぞれの人が持つパーソナリティをしっかりと見極め、きめ細やかな対応を行ってまいります。
2022/2/25
蔵王いこいの里では、入寮される前の見学・相談をいつでも承っております。事前にご連絡の上、親御さんと入寮を希望されるご本人とでお越しください。見学をされる前に当センターのことをよりしっかりとご理解いただくための資料の送付も行っておりますので、ご希望の際はご覧のホームページの資料請求のページをご確認ください。
2022/2/18
蔵王いこいの里で支援を行っているのは、現在進行形で不登校や引きこもり状態になっている方々だけではありません。例えば、他の支援施設にて支援を受けていたけれど、思ったような成果が得られなかったというケースや、規模の大きい施設にありがちな、サポートを怠り放置されてしまったような状態の方々の支援も行っております。少しでも変わりたくて、あるいは変わってほしくて支援施設を頼ったけれど、先へ進もうとすること自体ができない状態であれば、一度ご相談ください。
2022/2/9
蔵王いこいの里の自立支援の基本となるのが、共同生活です。社会で生活していくということは、人との関わりを持って生きることにあります。引きこもりやニートのように人と関わらず内にこもったり、あるいは非行に走り人を遠ざけるような状況は、その真逆にあります。生まれ育った境遇は違えど、同じ場所で暮らしを共にすることで、現実を見据え、これから解決していくべき課題が見えてくるようになります。楽しいことも、辛いことも共に過ごし、分かち合うことが大切なのです。
2022/2/3
人間が真に成長し、変わるためには何が必要でしょうか。引きこもりやニート、非行からの脱却のため、様々なイベントや講演会に参加したり、毎週のカウンセリングを受けたりするのは大切なことです。しかし、それだけで劇的、かつ確かな変化を生み出すことは難しいでしょう。毎日の生活をしっかりと見直しながら、根気強く取り組む、付け焼き刃ではない対策が不可欠です。NPO法人・蔵王いこいの里が提案する共同生活から、本当の変化を感じていただけるはずです。
2022/1/28
不登校、引きこもり、非行……社会生活から離れてしまった人にはそれぞれの理由があり、生い立ちや環境なども異なります。状況こそ異なれど、目指すゴールは『自立』です。段階を踏んで、一歩ずつ、しかし確実に自立に向けて歩んでいけるよう、蔵王いこいの里では心血を注いで入寮者の皆さんと向き合っております。
2022/1/21
今、自身が置かれている状況に変革を起こすための一番の近道は、自分自身が動き、変わることです。NPO法人・蔵王いこいの里の自立支援は、本気で変わりたい、変わろうとするために動き出そうとしている若者たちと全身全霊で向き合い、共同生活を通じて、生きるための力を習得するためのサポートを行います。
2022/1/14
不登校や引きこもり・ニート・非行からの脱却は、付け焼き刃的な解決ではなく、根本的に解決を目指す必要があります。蔵王いこいの郷では、自分自身で変わりたい、と少しでも思っている方、変わってほしいと願っている親御さん、どちらからのご相談にも対応しております。豊富な視線実績に基づいた、実践型の支援を全力で行っております。

 

定款2

第6章 理事会
 (構成)
第31条 理事会は、理事をもって構成する。
 (権能)
第32条 理事会は、この定款で定めるもののほか、次の事項を議決する。
(1)総会に付議すべき事項
(2)総会の議決した事項の執行に関する事項
(3)事務局の組織及び運営
(4)借入金(その事業年度内の収入をもって償還する短期借入金を除く。第50条において同じ。)その他新たな義務の負担及び権利の放棄
(5)その他総会の議決を要しない会務の執行、及び法人の運営に関する重要事項
 (開催)
第33条 理事会は、次の各号の一に該当する場合に開催する。
 (1)理事長が必要と認めたとき。
 (2)理事総数の3分の1以上から会議の目的である事項を記載した書面をもって招集の請求があったとき。
 (3)第15条第4項第5号の規定により、監事から招集の請求があったとき。
 (招集)
第34条 理事会は、理事長が招集する。
 2 理事長は、第33条第2号及び第3号の規定による請求があったときは、その日から10日以内に理事会を招集しなければならない。
 3 理事会を招集するときは、会議の日時、場所、目的及び審議事項を記載した書面をもって、少なくとも3日前までに通知しなければならない。
 (議長)
第35条 理事会の議長は、理事長又は理事長が指名したものがこれに当たる。
 (議決)
第36条 理事会における議決事項は、第34条第3項の規定によってあらかじめ通知した事項とする。
 2 理事会の議事は、理事総数の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。
 (表決権等)
第37条 各理事の表決権は、平等なるものとする。
 2 やむを得ない理由のため理事会に出席できない理事は、あらかじめ通知された事項について書面をもって表決することができる。
 3 前項の規定により表決した理事は、第38条第1項第2号の適用については、理事会に出席したものとみなす。
 4 理事会の議決について、特別の利害関係を有する理事は、その議事の議決に加わることができない。
 (議事録)
第38条 理事会の議事については、次の事項を記載した議事録を作成しなければならない。
 (1)日時及び場所
 (2)理事総数、出席者数及び出席者氏名(書面表決者にあっては、その旨を付記すること。)
 (3)審議事項
 (4)議事の経過の概要及び議決の結果
 (5)議事録署名人の選任に関する事項
 2 議事録には、議長及びその会議において選任された議事録署名人2人以上が署名、押印しなければならない。

第7章 資産及び会計
 (資産の構成)
第39条 この法人の資産は、次の各号に掲げるものをもって構成する。
 (1)設立当初の財産目録に記載された資産
 (2)入会金及び会費
 (3)寄付金品
 (4)財産から生じる収入
 (5)事業に伴う収入
 (6)その他の収入
 (資産の区分)
第40条 この法人の資産は、これを分けて特定非営利活動に係る事業に関する資産及びその他の事業に関する資産の2種とする。
 (資産の管理)
第41条 この法人の資産は、理事長が管理し、その方法は、理事会の議決を経て、理事長が別に定める。
 (会計の原則)
第42条 この法人の会計は、法第27条各号に掲げる原則に従って行うものとする。
 (会計の区分)
第43条 この法人の会計は、これを分けて特定非営利活動に係る事業に関する会計及びその他の事業に関する会計の2種とする。
 (事業計画及び予算)
第44条 この法人の事業計画及びこれに伴う収支予算は、理事長が作成し、総会の議決を経なければならない。
 (暫定予算)
第45条 前条の規定にかかわらず、やむを得ない理由により予算が成立しないときは、理事長は、理事会の議決を経て、予算成立の日まで前事業年度の予算に準じ収入支出することができる。
 2 前項の収入支出は、新たに成立した予算の収入支出とみなす。
 (予備費の設定及び使用)
第46条 予算超過又は予算外の支出に充てるため、予算中に予備費を設けることができる。
 2 予備費を使用するときは、理事会の議決を経なければならない。
 (予算の追加及び更正)
第47条 予算議決後にやむを得ない事由が生じたときは、理事会の議決を経て、既定予算の追加又は更正をすることができる。
 (事業報告及び決算)
第48条 この法人の事業報告書、収支計算書、貸借対照表及び財産目録等の決算に関する書類は、毎事業年度終了後、速やかに、理事長が作成し、監事の監査を受け、総会の議決を経なければならない。
 2 決算上剰余金を生じたときは、次事業年度に繰り越すものとする。
 (事業年度)
第49条 この法人の事業年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。
 (臨機の措置)
第50条 予算をもって定めるもののほか、借入金の借入れその他新たな義務の負担をし、又は権利の放棄をしようとするときは、理事会の議決を経なければならない。

第8章 定款の変更、解散及び合併
 (定款の変更)
第51条 この法人が定款を変更しようとするときは、総会に出席した正会員の3分の2以上の多数による議決を経、かつ、軽微な事項として法第25条第3項に規定する以下の事項を除いて所轄庁の認証を得なければならない。
 (1)主たる事務所及び従たる事務所の所在地(所轄庁の変更を伴わないもの)
 (2)資産に関する事項
 (3)公告の方法
 (解散)
第52条 この法人は、次に掲げる事由により解散する。
 (1)総会の決議
 (2)目的とする特定非営利活動に係る事業の継続の不能
 (3)正会員の欠亡
 (4)合併
 (5)破産
 (6)所轄庁による設立の認証の取消し
 2 前項第1号の事由によりこの法人が解散するときは、正会員総数の4分の3以上の承諾を得なければならない。
 3 第1項第2号の事由により解散するときは、所轄庁の認定を得なければならない。
(残余財産の帰属)
第53条 この法人が解散(合併又は破産による解散を除く。)したときに残存する財産は、法第11条第3項の規定に従い、総会において正会員総数の4分の3以上の議決を経て帰属先を選定する。
(合併)
第54条 この法人が合併しようとするときは、総会において正会員総数の4分の3以上の議決を経、かつ、所轄庁の認証を得なければならない。

第9章 公告の方法
 (公告の方法)
第55条 この法人の公告は、この法人の掲示場に掲示するとともに、官報等に掲載して行う。

第10章 雑則
 (細則)
第56条 この定款の施行について必要な細則は、理事会の議決を経て、理事長がこれを定める。

 附 則
 1 この定款は、この法人の成立の日から施行する。
 2 この法人の設立当初の役員は、次に掲げる者とする。
    理事長       岩川 耕治
    副理事長      岩川 智恵
    理事        川口 豊
    理事        工藤 政吉
    理事        安田 敏明
    理事        安田 みゆき
    理事        齋藤 光雄
    理事        石山 義典
    理事        毛塚 眞次
    監事        内海 清人
 3 この法人の設立当初の役員の任期は、第16条第1項の規定にかかわらず、成立の日から平成22年5月31日までとする。
 4 この法人の設立当初の事業計画及び収支予算は、第44条の規定にかかわらず、設立総会の定めるところによるものとする。
 5 この法人の設立当初の事業年度は、第49条の規定にかかわらず、成立の日から20年3月31日までとする。
 6 この法人の設立当初の入会金及び会費は、第8条の規定にかかわらず、次に掲げる額とする。なお、入会金は不要とする。
 (1)正会員        会費年額1口 12,000円(1口以上何口でも可)
 (2)賛助会員       会費年額1口  6,000円(1口以上何口でも可)
 (3)団体賛助会員     会費年額1口 50,000円(1口以上何口でも可)
 (4)特別会員・名誉会員  会費は無料とする