表示すべき新着情報はありません。
ログインしていないため表示できません
不登校・引きこもり・ニート・非行からの脱却
自立と就労を支援する共同生活型民間自立支援施設
 家族や身内だけで悩まず、ご相談ください。
TEL 023-679-4005
電話応対時間 8:00~20:00(厳守願います)
 
不登校 • 非行 • ニート引きこもりからの脱却 自立と就労を支援する宿泊型民間自立支援施設
 

トップページ理事長ブログ活動記録写真自立までのプロセスアクセス問い合わせ
トップページ理事長ブログ活動記録写真自立までのプロセスアクセス問い合わせ
 
COUNTER205699
連絡先
不登校・引きこもり・ニート・非行からの自立と就労支援団体・フリースクール不登校・引きこもり・ニート・非行からの自立と就労支援団体・フリースクール
特定非営利活動法人
東北青少年自立援助センター

蔵王いこいの里
TEL 023-679-4005
FAX 023-673-2610
 

コラム

2019/10/17
不登校や引きこもりの期間が年単位 となると、カウンセリングや通院などで は問題解決が難しいケースが多くなりま す。集団生活から遠ざかっていた分、自 らの身体を動かす実体験としての経験を 積み重ね、出来る事、知ってる事を増や し、自己肯定感を高めることによって自 分に自信がつき、着実に自立に向かう事 が可能になります。蔵王いこいの里は 不登校・引きこもり・ニート・非行など の青少年を対象に、共同生活による自立 を支援している施設です。
2019/10/11
蔵王いこいの里は、不登校、引きこも り、ニート、非行などの青少年に対する 共同生活型自立支援施設として、30年に 渡り支援を継続しているNPO法人です。 寮生ひとりひとりと全スタッフが日々 真剣に向き合い、課題克服のために尽 力していきます。
2019/10/2
不登校、引きこもり、ニートなどは、 早期発見・早期対応が大切です。社会と の接点を持たない期間が長くなればなる ほど、自立までに必要となる時間が長く なります。より短期で進学・就労を目指 すためにも、そうした状態にお困りの際 は出来る限り早い段階で蔵王いこいの里 にご相談ください。
2019/9/25
蔵王いこいの里では、不登校、引きこ もり、ニート、非行など社会生活を円滑 に営む上での困難さを持ったこどもや若 者に対しての支援を30年以上に渡って継 続しているNPO法人です。寮生活を通じて 社会の一員として生きる力を身に付ける ことが蔵王いこいの里での目標です。
2019/9/18
不登校や引きこもり、ニートなどは一 旦その状態に陥ってしまうと、家族も どう対応すべきかわからず、長期化し てしまうケースが非常に多くありま す。蔵王いこいの里はそうした人達へ の支援を30年以上継続しているNPO法人 です。入寮し家族と離れて生活する事に より、社会に復帰し自立した生活を送る ための自信を再構築していきます。
2019/9/11
不登校や引きこもり、ニートなどの状 況はだれにでも起こりうることです。 一度学校や社会などの周辺との環境 が断ち切られてしまうと、そこから 自身の力だけで自立していくのは困 難なことです。蔵王いこいの里はそ うした人達への支援を行っています。
2019/9/4
蔵王いこいの里は不登校や引きこもり、 ニートなどからの自立を支援してい ます。集団生活を通じて、そうした問 題を解決していくことを目的とした NPO法人です。様々な活動を通じてひと りひとりの自立を促していきます。
2019/2/14
コラムを更新します。
 
トップページ > 保護者・卒寮生の声> 2001年~2005年卒寮生 

2001年~2005年卒寮生

03年卒寮 北陸出身男性 26歳で入寮後約1年在籍
2011年夏・本人からのお手紙


 東日本大震災は大丈夫でしたでしょうか??私の地元は大丈夫でした。私は現在、地元で通所の作業所で働いています。仕事の内容は内職で一円単位の仕事をしています。
 もともと人と話をするのが苦手だった私が、某企業に就職。徐々に仕事に行くのが苦痛になりました。
 休みがちになり、部屋に引きこもるようになりました。親とも顔を合わせるのも嫌になりました。でも、親には「仕事に行け」と言われ追い詰められてしまいました。包丁を持ち暴れたところに警察が来て病院へ入院。退院後はいこいの里へ入寮となりました。
 そちらでの生活は、とても勉強しやすい所でした。ラ・フランスの収穫やサクランボ狩り。山菜採りやミズ採り・イワダラや畑仕事など自然も豊かで居心地が良かったと思います。危険物取扱も取得しました。また、スキーのバッヂテスト2級も取得できました。釣りにも行き卓球大会も燃えました。どの作業も行事も新鮮で大切な思い出です。
 いこいの里を卒寮し、地元の役所で臨時職員として1年間働きました。簡単そうに見えた仕事は実は大変できつい仕事でした。大勢の人達と一緒に働くのはやはり苦手で長続きはしませんでしたが、今は引きこもりではなく何とか生活は出来ています。これからも不安なことはたくさんありますが、母親と一緒に頑張っています。また機会があれば、里で作業がしてみたいと思っています。
 岩川先生もお身体を大切にし、また会える事を楽しみにしています。貴重な経験をさせて頂いた1年間、本当にありがとうございました。