表示すべき新着情報はありません。
ログインしていないため表示できません
不登校・引きこもり・ニート・非行からの脱却
自立と就労を支援する共同生活型民間自立支援施設
 家族や身内だけで悩まず、ご相談ください。
TEL 023-679-4005
電話応対時間 8:00~20:00(厳守願います)
 
不登校 • 非行 • ニート引きこもりからの脱却 自立と就労を支援する宿泊型民間自立支援施設
 

トップページ理事長ブログ活動記録写真自立までのプロセスアクセス問い合わせ
トップページ理事長ブログ活動記録写真自立までのプロセスアクセス問い合わせ
 
組織概要
COUNTER210882
連絡先
不登校・引きこもり・ニート・非行からの自立と就労支援団体・フリースクール不登校・引きこもり・ニート・非行からの自立と就労支援団体・フリースクール
特定非営利活動法人
東北青少年自立援助センター

蔵王いこいの里
TEL 023-679-4005
FAX 023-673-2610
 

コラム

2019/11/15
蔵王いこいの里は、不登校、引きこもり、 ニート、非行など社会的な自立につま ずいた子どもたちを支援する施設です。 共同生活を送りながら、農作業や各種 アルバイト、ボランティア活動など、 仲間や地域の方々と触れ合う様々な作 業を通じた心身の自己改善によって、 社会性や忍耐力、体力などの生きる 力を身に付け、自立を目指しています。
2019/11/7
社会性の欠如は不登校、引きこもり、 ニート、非行などに繋がります。社 会性は日々の生活の中で他人との摩 擦やトラブルを経験し、それらを乗 り越えることによって構築されてい きます。不登校、引きこもり、ニー ト、非行などか脱却し自立をするた めには、他者との共同で行う活動が 不可欠なのです。蔵王いこいの里は 共同生活を通じてそうした社会性を 身に付け就労、就学につなげるため の支援を目的として活動しています。
2019/10/31
不登校、引きこもり、ニートといった 問題は、その多くが人間関係に関わる ストレス耐性のなさに起因しています。 そうした力は一朝一夕に得られるもの ではありません。実体験の積み重ねに より、ストレス耐性を身に付け円滑な 人間関係を構築出来る様に訓練するし かないのです。蔵王いこいの里は共同 生活を通じて多くの実体験を積み重ね、 生きる力を身に付ける自立支援施設で す。
2019/10/24
長年の習慣が簡単に修正できないよう に、長い間社会と接点を持たない状況 からの自立は容易ではありません。 自立するためには引きこもっていた時 間と同等の期間を要する事もありま す。不登校・引きこもり・ニート・ 非行は本人だけでなく、家族全体の 問題です。わたしたちは共同生活の 中でそうした問題からの脱却の支援 をしています。
2019/10/17
不登校や引きこもりの期間が年単位 となると、カウンセリングや通院などで は問題解決が難しいケースが多くなりま す。集団生活から遠ざかっていた分、自 らの身体を動かす実体験としての経験を 積み重ね、出来る事、知ってる事を増や し、自己肯定感を高めることによって自 分に自信がつき、着実に自立に向かう事 が可能になります。蔵王いこいの里は 不登校・引きこもり・ニート・非行など の青少年を対象に、共同生活による自立 を支援している施設です。
2019/10/11
蔵王いこいの里は、不登校、引きこも り、ニート、非行などの青少年に対する 共同生活型自立支援施設として、30年に 渡り支援を継続しているNPO法人です。 寮生ひとりひとりと全スタッフが日々 真剣に向き合い、課題克服のために尽 力していきます。
2019/10/2
不登校、引きこもり、ニートなどは、 早期発見・早期対応が大切です。社会と の接点を持たない期間が長くなればなる ほど、自立までに必要となる時間が長く なります。より短期で進学・就労を目指 すためにも、そうした状態にお困りの際 は出来る限り早い段階で蔵王いこいの里 にご相談ください。
2019/9/25
蔵王いこいの里では、不登校、引きこ もり、ニート、非行など社会生活を円滑 に営む上での困難さを持ったこどもや若 者に対しての支援を30年以上に渡って継 続しているNPO法人です。寮生活を通じて 社会の一員として生きる力を身に付ける ことが蔵王いこいの里での目標です。
2019/9/18
不登校や引きこもり、ニートなどは一 旦その状態に陥ってしまうと、家族も どう対応すべきかわからず、長期化し てしまうケースが非常に多くありま す。蔵王いこいの里はそうした人達へ の支援を30年以上継続しているNPO法人 です。入寮し家族と離れて生活する事に より、社会に復帰し自立した生活を送る ための自信を再構築していきます。
2019/9/11
不登校や引きこもり、ニートなどの状 況はだれにでも起こりうることです。 一度学校や社会などの周辺との環境 が断ち切られてしまうと、そこから 自身の力だけで自立していくのは困 難なことです。蔵王いこいの里はそ うした人達への支援を行っています。
2019/9/4
蔵王いこいの里は不登校や引きこもり、 ニートなどからの自立を支援してい ます。集団生活を通じて、そうした問 題を解決していくことを目的とした NPO法人です。様々な活動を通じてひと りひとりの自立を促していきます。
2019/2/14
コラムを更新します。
 

理事長ブログ


2019/10/30

保護者会アンケート その4

| by 管理人
保護者会アンケート、最終4番目の設問に対する回答です。




④当施設に関する要望があればお聞かせ下さい。

 

○今後ともいろいろ問題を起こすかもしれませんが、どうぞよろしくお願いします。

 

○保護者会の時保護者の方々に名札をつけたらいかがでしょうか?

 

○お手数をおかけしますが、今後ともよろしくお願いいたします。出来れば、朝食・昼食も一緒に(座席?)食事出来たら良いと思います。

 

○いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

 

○いつもお世話になり、本当に有難うございます。これからもいろいろお手数をおかけすることばかりかとは思いますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

○知らないことがたくさん、たくさんある息子ですが、これからもよろしくお願いします。(仕事を始めたら、お金を里に入れること。(4万と言いました)自動車学校のお金も1万でも2万でもいいから返してほしいことも伝えました。わかったと言っていました。)

 

○テレビ放送は顔が映らない様にお願い致します。

 

○作業所への送迎大変だと思いますが、宜しくお願い致します。

 

○雨にぬれた服をそのまま引き出しに入れているのか、服や靴下などが全体的に湿っていました。雨の際にはぬれた服は外などに干すようお声掛け頂ければ幸いです。

 

○いつもお世話になっています。今後も宜しくお願い致します。

 

○今回初めて(保護者会に来たことに)「ありがとう」と言われました。スタッフや寮生の皆様のおかげで順調にバイトへ行かれているのだと思います。ありがとうございます。

 

○1メートル以上の高さでの作業にはヘルメットを必ず着用させてください。足元の不安定な場所にも関わらず、なにもヘルメットを被らず作業している写真を見ると唖然とします。ありえません。寮生たちが被りたがらなくても叱ってでも被らせてください。

 

○僕達では与えてあげられない事(生活習慣指導等)たくさん与えてもらっているなと感じました。ありがとうございます。

 

○スタッフの皆さんのご苦労は大変なものだと思います。しかし、このいこいの里で助けられている子が大勢います。ますますのご指導願います。このいこいの里がある限り、また冬のスキーはこちらですごさせていただきます。よろしくお願いします。

 

○親類縁者、地元の行政窓口や相談機関など考え得る全ての方面に何度も相談し、精神科も複数回診察を受けたものの、どうにも状況は変わらず途方に暮れた約4年でしたが、いこいの里を知り息子を思い切ってお願いして本当に良かったです。まだまだ課題は尽きませんがここまで別人の様に変わってくれて希望が持てるようになりました。(もっと早く里を知って預けたかった。)いこいの里を必要としている家族は日本中にもっともっとたくさん存在しているはずです。出来ればもっと上手に広く全国に周知やアピールをして、かつての我が家のように絶望の淵にいるご家庭にいこいの里の存在を知って欲しいです。もっと日本中の多くの家族に希望を与えて欲しい。私に出来る事があればお力になります。

 


以上です。
あたたかい励ましの言葉、ナルホドと思えるご提案、厳しいご意見・・・、
色々ありますが、改善できるところは順次改善していきます。ありがとうございました。



今回の画像は、恒例の果樹園ヘルプ、10月3日の様子。
さくらんぼ園地のハウスビニール撤去。



一人ではうまく作業が進みません。
こうして仲間と上手に連携する事で作業効率も飛躍的に向上します。
コミュニケーションの大切さを嫌でもわかってしまいますね。




ビニールを押さえていたロープや防獣ネットもあるようですね~。




ネットも小さくまとめて片付けます。




ここは確かさくらんぼの木が30~40本くらいあったと記憶しています。
結構な面積あります。
園主さんからの指示があるとはいえ、頭も使いますし、ナカナカ根気のいる作業です。

こうした経験の積み重ねが、仕事とはどういうモノなのか・・・、を実体験として身体や肌で感じ覚えていけるようになるのです。

「実行」、「行動」するしかないんですね、結局は。





22:54